雲の中の熊野岳 ~十年ぶりの御釜~


    休みが三日も続くと一日くらいは県外に行かなきゃって発想の自分。

    予報によれば平地では30℃を超えるらしい・・・ってことは涼しい所=北の方向。

    以上の条件を満たして福島県から近い場所と言えば、・・・・・蔵王! 行ってみた。



    宮城県側から遠刈田温泉を経て蔵王エコーラインに入る。高度を上げるにつれ少々渋滞気味になったけど、11時過ぎた頃に大黒天(標高約1,430m)の駐車場(砂利敷、トイレ無→手前の駒草平に有)へ到着。

    早速準備して出発!






    001_20160719163007779.jpg

    まずは刈田岳へ。

    天候は晴れたり曇ったりで西からの風が涼しい。






    002_20160719163007375.jpg 003_201607191630003a0.jpg

    道は遊歩道的に整備されて歩き易い印象。若干、草木のうるさい所もありますが・・・。






    004_20160719163003c4e.jpg 005_20160719162959324.jpg

    火山の荒々しい景色や、前後両烏帽子岳を眺めながら行く。






    006_20160719163731d64.jpg

    正面に刈田岳。






    007_2016071916374694c.jpg 008_2016071916374436a.jpg

    009_20160719163731e1f.jpg 010_20160719163738e67.jpg

    コマクサ(駒草)






    013_201607191639263e5.jpg

    熊野岳






    014_201607191639307aa.jpg 015_20160719163934020.jpg

    刈田岳(標高1,758m)に到着。

    避難小屋やら石碑やら神社やらと建造物が沢山。

    観光客多数、しかも外国の方が多い。「こんにちはー」って挨拶すると、「Thank You」とか「ございます」とか返しがちょっと変。無視されるよりはいいか。






    016_201607191640414df.jpg

    霧の中から御釜の登場!

    10年ぶりに見た(ホントは11か12年ぶり)御釜。以前と変わらない姿に嬉しくなった!

    いつでも来れると思って足が向かなかったけど、火山規制が発令された時はさすがに焦った。噴火したら二度と見れないんじゃないかと・・・・・。

    「御釜さん、ご無事でなによりでした。」






    028_20160719164429825.jpg

    レストハウスに立ち寄る。

    丁度お昼時で人、人、人・・・・・たまに犬。駐車場はほぼ満車状態。

    うー、この賑やかさを浄土平にも分けて欲しい。

    (写真は帰りに撮ったもので左が刈田岳)






    017_201607191640596d9.jpg

    雲に隠れた熊野岳へ。

    西からの強く湿った冷たい風。ただそれ以上強くも弱くもならずに一定の速度で吹いていた。

    体感的には15℃くらいかなー。そんな中、半袖短パンの観光客も・・・・・、見てるこっちが寒い。






    018_201607191641085cd.jpg 019_20160719164110b77.jpg

    御釜に陽が射した。こりゃシャッターチャンス!と、急いで駆け上がったけど遅かった。「ゼェゼェ・・・」無駄に体力消耗(+_+)






    020_20160719164100faa.jpg 021_2016071916422766b.jpg

    目印の支柱を頼りに、ガスに見え隠れする熊野岳避難小屋を目指して登る。

    小屋付近に到達したら真っ白けで、道標を探すのも一苦労。

    「熊野」の文字を見つけて山頂へ。






    022_20160719164246be2.jpg

    ガスが切れて僅かな時間だったけど視界が蘇る。

    周りには沢山のコマクサ(駒草)が咲いていた。



    実は途中から栃木の方と歩いてて、「まだコマクサを見てない」と仰っていたので、見て頂けて良かった良かった。一安心。






    023_2016071916424406e.jpg

    この道でいいんだろうか?と不安が増す中、何か見えた。

    近づいたら神社(蔵王山神社)。どうやら熊野岳山頂らしい。






    024_201607191642492a0.jpg

    神社に参拝してから、熊野岳山頂(標高1,841m)(*^^)v






    025_20160719164243ad3.jpg

    境内の小屋で、居合わせた方々と談笑しながらの休憩。

    景色は見えないけど、蔵王山神社の御加護か、素敵な方々と出会えて楽しい時間を過ごせました。






    026_201607191644290fc.jpg 027_20160719164411a3e.jpg

    帰る頃になっても山頂はガスの中。声は聞こえるけど人の姿は確認できず。

    「御釜」の道標を頼りに戻る。

    自分的には熊野岳避難小屋へ向け、来た道を戻っているつもりだった。しかし、実際にはショートカットの道を歩いていた。まぁ、結果的に近道だったから良かったけど、ガスの中の歩きは方向感覚が失われる。注意せねばと改めて思った。






    029_201607191644297e2.jpg

    刈田岳から大黒天へ向かう間にも、御釜が見えるポイントがある。

    次に来るのは、又、十年後だろうか・・・?






    031_201607191646051bd.jpg

    もうじき花を落としそうな駒草を見つめていたら、蜂が。

    「今シーズンもお世話になりありがとうございました。」と告げて飛び去った・・・・・ように見えた。

    自分も見習って「ありがとう。」






    032_20160719164618c0c.jpg

    駒草と共に遠く太平洋を眺めた海の日の蔵王でした。






    行ってみた日 2016.7.18






    この日の行程

    大黒天⇒(50分)⇒刈田岳(休憩5分)⇒(45分)⇒熊野岳(休憩30分)⇒(35分)⇒刈田岳(休憩15分)⇒(40分)⇒大黒天

    以上3時間40分(休憩50分含む)の行程でした。

    蔵王
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)熊野岳









    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 山形 宮城

    コメント

    非公開コメント

    女王を見に、、、ですね

    火山情報で“蔵王山”という言葉を聞くと違和感を感じる私。。
    刈田から地蔵を経て蔵王温泉までを歩いた翌年に馬の背道が封鎖され、それ以来歩いていない私です。
    追い風さん、、ようこそ“蔵王山”へ(笑)
    大黒天~刈田峰を経て主峰熊野へ、、王道ですね。
    今度は坊平から中丸山を経て熊野に歩いてみてください。
    ゲレンデでズタズタにされる前の昔の蔵王を彷彿とさせる良い道ですよ。

    Re: 女王を見に、、、ですね

    蔵王の賑わい、そして駒草、少し福島の浄土平にも分けていただきたい(賑わいはともかく、駒草は冗談です)。
    坊平から中丸山経由、実は昨年雁戸山の下山途中でお会いした山形の・・・確かYさんって方、にも薦められました。で、その次の週に行く予定だったのですが、天候が思わしくなく断念。更に火山警戒情報の追い打ち。延び延びーで今回に至った訳ですが、自宅スタートに手間取り&少々の渋滞等により大黒天から登った次第です。


    今回、修さんからの大プッシュ、これは近いうち(年内)に是非行かねば!(今度は熊野岳で青空希望)
    でも、御釜の周辺でポケモンGOする人がいたらと思うとちょっと心配だなー。

    ありがとうございましたー。




    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様