「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島を基点とした観光地巡りの筈がいつの間にか山登りばっかになってました。

    西大巓と西吾妻山+α ~志し高く・・・諦め早く~


    8月に入り本格的な暑さがやってきた。季節と共に漁師が漁場を探すならば、自分は「涼場?」を探して西吾妻山へ行ってみた。



    裏磐梯ビジターセンター前の交差点を北に折れ、グランデコスキー場へ向かう。






    001_20160808063446549.jpg

    グランデコに着き、ゴンドラ乗場手前の林道からデコ平登山口へ。(写真は帰路に撮影)






    002_201608080635000c4.jpg

    現地の看板



    砂利で凸凹の多い林道にちょいと手を焼きながらデコ平登山口(標高約1,280m)に到着。

    ※車を止めた瞬間にアブ(虻)が襲来、ただ歩き中は殆ど見なかった。

    ※駐車場に仮設トイレ有(工事用かも?)、裏磐梯周辺で済ませて来るのが無難かと。






    003_2016080806344714d.jpg 004_20160808063510c11.jpg

    熊さん向けの注意書きを横目で見ながら準備して出発!

    人の言葉が分かる熊ならば、道でばったり出会っても話し合いで解決できるかも・・・・・、「おらのふぐすま(福島)弁が通じればだげんちょない。」






    005_201608080635116d4.jpg 006_2016080806370501b.jpg

    早稲沢とゴンドラ山頂駅の分岐

    右へ。



    ※西大巓(にしだいてん)へはどちらからでも行けます。

    ※この日はデコ平湿原の木道(遊歩道)が工事中で通行不可でした。






    007_20160808063703c85.jpg 008_201608080637246fe.jpg

    左に西大巓、右に磐梯山。正面に太陽・・・・・暑い。






    009_2016080806372277d.jpg

    ゴンドラ山頂駅(標高約1,390m)



    歩き始めてからここまで約30分プラス凸凹林道の運転(車両故障のリスク有)。
    でも、ゴンドラを利用すれば片道たったの15分!

    ゴンドラの詳細はこちらへ⇒グランデコリゾート






    010_201608080637225e2.jpg 011_20160808064114250.jpg

    ゴンドラ山頂駅を通過して行くとゲレンデ登りのはじまりはじまり~。






    012_2016080806411532b.jpg

    アサギマダラ(浅葱斑)とヨツバヒヨドリ(四葉鵯)

    夏から秋にかけ、グランデコの風物詩。

    沢山飛んでます&咲いてます。






    013_2016080806413426e.jpg 014_2016080806412303a.jpg

    ゲレンデ登りは陽射しが強い・・・・・汗が止まらない。






    015_20160808064129dee.jpg

    振り返って磐梯山。






    016_201608080643135f1.jpg 017_20160808064337af3.jpg

    ヤマハハコ(山母子)/オヤマリンドウ(御山竜胆)






    018_201608080643419de.jpg 019_20160808064319f1f.jpg 020_20160808064344f7f.jpg

    ゲレンデ歩きを終えて登山道へ。

    吾妻名物?根っこと苔むした岩の連続でスリップ注意。日陰が多いのは助かる。






    021_20160808064546f44.jpg 022_20160808064544a6a.jpg

    西大巓への登り終盤。ピークが見えるけど、これは山頂手前の偽ピーク。ペース配分に気をつけてー!/右の写真は熊の爪痕?若しくは落雷痕?どっちにしても怖い。






    023_201608080645534b2.jpg 024_201608080645369f2.jpg

    偽ピークと言ってみたけど、行程上この偽ピークへの傾斜が一番きつい。ある意味本物。






    025_2016080806454952c.jpg

    「偽」を越えると見晴らしが良くなって、やがてザレた道に。登り詰めたすぐ左が西大巓(にしだいてん)山頂!(標高1,982m)

    微風が涼しい~♪






    026_20160808064724fad.jpg

    磐梯山と裏磐梯






    027_20160808064720367.jpg

    桧原湖の上に雄国沼



    他にも飯豊連峰、安達太良連峰、猪苗代湖等確認!

    福島県側の眺めが抜群の山頂です。






    028_201608080647283f9.jpg

    休憩後、西吾妻山へ






    029_20160808064734a14.jpg 030_20160808064735c79.jpg

    ツリガネニンジン(釣鐘人参)/ウメバチソウ(梅鉢草)






    031_20160808064922ccc.jpg 032_20160808064934514.jpg 033_20160808064949e7b.jpg

    西吾妻へは一度下りてからの登り返し。

    「ザザーッ!」ってなりそうな道が続く。






    034_20160808064946480.jpg

    登って行くと木道になり分岐。

    ←西吾妻小屋、↑吾妻神社、→西吾妻山頂






    035_201608080649358eb.jpg

    山頂へ向かい、振り返っての西吾妻小屋。赤い屋根が印象的。






    036_2016080806513205d.jpg 037_20160808065201431.jpg

    西吾妻山山頂(標高2,035m、吾妻連峰最高峰)

    皆「何にも見えない」「何も無い」と言うけれど、日本の2,000m以上でこんだけ木の生えた場所って見方すりゃー北限じゃなかろうか?貴重な山で貴重な山頂!






    038_20160808065150114.jpg

    山頂から北へ下りて、天狗岩付近。






    039_20160808065154496.jpg

    振り返って西吾妻山。






    040_20160808065201180.jpg

    吾妻神社と薄っすら飯豊連峰。






    041_20160808065413efd.jpg

    少し移動して梵天岩から中大巓(なかだいてん)方向。






    042_20160808065402423.jpg

    その先に東大巓(ひがしだいてん)



    実は今回、東大巓、弥兵衛平辺りまで行こうと企んでいた・・・・・、が、その割には家を出るのに手間取り予定より1時間遅れての登山口。更に暑さでペースも遅く、持参した水の残量も危うい状況。

    もうこの時点で「今日は無理っぽい」って思いながらも更に進む。






    043_20160808065418292.jpg

    中大巓方面へ下りながら、東大巓、昭元、烏帽子、家形、一切経とまだ見ぬ吾妻縦走路に思いを馳せる。

    「何時かは・・・・・」






    044_20160808065415be3.jpg 045_201608080654233cc.jpg

    天元台からのハイカーも増え次第に賑やかに。

    ずっと緩い傾斜が続くと思ってたら、急傾斜に「えっ!?」
    帰りが辛そー。






    046_2016080806562722d.jpg

    大凹(おおくぼ)の水場を過ぎ人形石へ。






    047_20160808065658410.jpg

    人形石付近






    048_20160808065647464.jpg

    少しづつ大きくなる東大巓が「こっちだよー」と呼び寄せる。

    のこのこと藤十郎へ向かいかけたけど一旦ストップ。

    地図を確認。人形石から東大巓は西大巓に戻るより遠い・・・・・無理すればどうにかなる時間はあったけど、ここで諦めて180度方向転換。






    人形石で休憩しながら自問自答の反省会。

    「行きたい」気持ちばかりが先走り、距離やコースタイム等の基本的な下調べが出来てない。最近、山に対して悪い意味の「慣れ」が出て、何となーく登って何となーく下りている。
    登山を始めた頃は地図にしっかり書き込んで予習してから登たっけ・・・・・、又、一からやり直そう。






    049_20160808065650416.jpg

    休憩後、復路スタート。まずは梵天岩を目指して。






    050_2016080806565868c.jpg 051_20160808065837025.jpg

    大凹(おおくぼ)の水場

    往路で少量を口に含み、ここに戻るまでのお腹の状況で自分なりの安全を文字通り「自腹」で確認してたので、安心して氷の残るペットボトルへ。

    これで水のストレス(心配)は解消。






    052_20160808065848955.jpg 053_20160808065839562.jpg

    天元台からリフトで来ても、西吾妻山頂へ向かうには避けられない急な登り。

    一瞬、冷たい風が吹いて見上げたら、雲が・・・・・発達するのかな?と警戒したけど大丈夫でした。でも念の為、西大巓までは急いで戻る。






    054_201608080658335e7.jpg

    未練たらたらで東大巓方向を振り返る。

    「ふー」、行きたかったけど自分が悪いんだから仕方ない。






    055_20160808065844059.jpg

    吾妻神社に参拝。



    梵天岩も天狗岩も昼食休憩の方々で賑わってました。






    056_201608080700589c8.jpg

    帰りは西吾妻山を左に見て巻道で戻る。







    西吾妻界隈で少々気になることが・・・。前回は1度、今回は2度、道を聞かれました。ガスって景色が見えないなら分かりますが、見通しの良い天候で何故?

    自分なりに考えた要因の一つは、似たような地名が多いこと。〇〇岩(石)とか西〇〇、東〇〇、〇〇大巓。

    それともう一つ、ロープウェイやリフトなど乗り物を利用すると方向感覚が麻痺するのかなーなんて思います。自分も電車で初めての駅に降り立つと方向(方角)が???ってなる時がありますから・・・。

    何れにしても誰も居なかったら道を聞くことは出来ないので、地図を持って(地図の見方を勉強してから)お出かけ下さい。

    そう言う自分も思い違いや思い込み、分岐や標柱の見落としで他人様に道を聞くことはあります。お互い気をつけましょうね。









    057_201608080701223ce.jpg 058_20160808070111da6.jpg

    ミヤマリンドウ(深山竜胆)/シラネニンジン(白根人参)






    059_2016080807011922f.jpg

    池塘の先に西大巓が見えてきた。






    060_20160808070125934.jpg

    帰りにこの登りは堪える。






    061_20160808070327929.jpg

    キンコウカ(金黄花=金光花)

    道から少し離れた手の届かない場所に咲いてた。ロープが張られてて近づけない。






    062_20160808070305788.jpg

    西大巓山頂より西吾妻山

    下界は35℃を超える猛暑らしいので、時間の許す限りここで涼んでから戻る。






    063_20160808070324183.jpg

    ・・・・・1時間後、下山開始。






    064_2016080807033408e.jpg

    ゲレンデに出て、アサギマダラ(浅葱斑)と共にひらひらしながら下りる。






    065_201608080703214bc.jpg 066_201608080705051e0.jpg

    067_2016080807050796c.jpg

    068_20160808070521acb.jpg 069_20160808070526099.jpg

    無事に下山&帰宅完了しておしまい。

    東大巓と弥兵衛平は、今後の宿題ってことで・・・・・。






    行ってみた日 2016.8.6





    この日の行程

    デコ平口⇒(30分)⇒ゴンドラ山頂駅⇒(30分)⇒ゲレンデ終わり⇒(75分)⇒西大巓(休憩15分)⇒(40分)⇒西吾妻山⇒(55分)⇒人形石(休憩40分)⇒(50分)⇒吾妻神社⇒(45分)⇒西大巓(休憩60分)⇒(40分)⇒ゲレンデ始まり⇒(20分)⇒ゴンドラ山頂駅⇒(30分)⇒デコ平口

    以上8時間50分(休憩1時間55分含む)の行程でした。

    西吾妻山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)西吾妻山






    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント 4

    修  

    福島県人はその方向からですね

    ほぼ1週間ごとの山歩、、追い風を受けている方ですねぇ。
    山形県人は天元台からですが福島県人はデコ平方面からですよねぇ。
    車、デコ平まで上がるんですねぇ。
    でも、私のは、、持ち主と同じく足が短いので無理かも(汗)
    西吾妻山頂、、2千米超の徳本峠小屋泊の時辺りが木木木だった時も驚きましたが東北ではトント見ないですよねぇ。
    えええぇぇ、、東大巓まで行こうとしたのですかぁ(驚)
    えええぇぇ、、人形石から東大巓は西大巓より遠い・・・のですかぁ(驚)
    天元台から長十郎小屋寄り道で東大巓往復したことありますが、西大巓までの方が遠い感じがしましたが、私、思い違いも甚だしいです。
    まさに涼場の休日でしたねぇ?
    それにしてもイヤー健脚健脚、、感服です<(_ _)>
    ちなみに東大巓も路から逸れますが眺望全く無しですよ。。

    2016/08/12 (Fri) 11:16 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    福島県人も天元台からですよ

    福島県人でも、デコより天元台から登る方が多いようです。標高差や歩行距離を考えると仕方ないですねー。
    西吾妻はさすが2,000mで涼しかった~。でも風が止むと真夏の太陽にバテバテ・・・、とても東大巓は無理っすー。
    自身の計画の甘さに大喝です。
    東大巓も眺望無しですか・・・、もし行ってたらショックで帰って来れなかったかも?行かなくて良かったのかなー。

    徳本峠って島々から上高地へ抜けるあの峠ですか?ハイカー憧れの古き良き道!修さんは私の夢的な道を沢山歩いておられますねー。
    羨ましいけど井の中の御玉杓子な私には無理かも・・・・・、でも週1の山行を月1にすればどうにかなるかなー(経済的な問題は)。

    まっ、まずは東大巓や弥兵衛平に行ってから考えます(かなり先の話)。その為には、怖くて乗れないリフトの問題をどうにかしなければ・・・・・。
    ありがとうございましたー。

    2016/08/12 (Fri) 12:58 | EDIT | REPLY |   

    ノイファン  

    No title

    暑さが伝わってきます。お疲れ様でした。
    デコ平の林道は悪路と評判で、ゴンドラリフトを使わせようと
    しているのが見え見えですが、私は素直にゴンドラを使用しました。

    私は今日13日から夏季休暇、白馬岳の北を歩こうと計画中です。
    白馬から五竜、鹿島槍へは8年前に歩いており、蓮華温泉ベースの予定。
    帰ってきたらブログアップするので見て下さいね。

    2016/08/13 (Sat) 06:37 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: No title

    遠征準備でお忙しい中のコメントありがとーございます。

    デコ平のゴンドラにはそんな秘密が・・・・・、大人げない私は一生林道経由かも?

    8年ぶりの白馬のお話、楽しみにしております。いってらっしゃーい!

    2016/08/13 (Sat) 21:18 | EDIT | REPLY |   

    よろしければコメントをどうぞ