小雪舞う霊山 ~さびぃ~(∩´﹏`∩)~


    12月も中旬に差し掛かった休日の朝、ようやく冬タイヤへの交換を終わらせた。

    先週の安達太良が登り納めかなーなんて思ってたけど、タイヤ交換したら試運転に行かなきゃって気持ちもあって出掛けることに・・・・・。

    霊山へ行ってみた(試運転なら近所へ買い物ぐらいで十分じゃないの?)。

    ※偶発的な感じで書いてますが、この人は既に山へ行く格好でタイヤ交換をしてました(^_^;)



    国道115号から「りょうぜんこどもの村」方面へ折れ、登山口のある駐車場到着。

    冬タイヤ試運転の割には路面に全く雪は無かった・・・。

    ※駐車場のトイレは冬季閉鎖でした。



    準備してしゅっぱ・・・「ギュルルルル~」、腹が鳴った。

    もうお昼過ぎてたんだなー。空腹堪(こら)えて出発!(標高約530m)






    001_201612121755095af.jpg 002_20161212175616fc1.jpg 003_20161212175618faa.jpg

    ガッサガサの落葉を踏み踏み登る。

    宝寿台は風が強そうなのでパス。

    少し行くと小雪がちらつく。






    004_2016121217554993e.jpg 005_201612121755086b1.jpg

    見下し岩まで来たら風雪ともに強くなった。






    006_201612121755290c5.jpg

    「ビューーーーーッ!」寒っ!

    駐車場と紅彩館(温泉じゃ無いけど日帰り入浴可能です)






    007_20161212175613e45.jpg 008_20161212175602d52.jpg

    日暮岩入口

    真っ直ぐ行くと向かい風かなーと思い、反時計回りで行く。右へ。

    この後、雪は降ったり止んだり。






    009_20161212175557324.jpg 010_20161212175551a5d.jpg

    冷た~い梯子で日暮岩へ(要手袋)。

    ※降雨、降雪時はスリップ注意!






    011_20161212180021a4c.jpg

    弁天岩






    012_20161212175958637.jpg

    光る焼却施設。






    013_20161212180009c59.jpg 014_20161212180030837.jpg 015_20161212180022f10.jpg

    弁天岩はパスして進む。

    弁天岩への分岐⇔弘法の突貫岩間の急坂にチェーン(手摺)が整備されてた。ここは結構な難所で、かなりの方が「すってんころりん」したのでは?
    これからはチェーンのお陰で転ぶ方も少なくなる。安全第一!

    五百羅漢岩へ立ち寄る。






    016_20161212180042df4.jpg

    陽が射してポカポカ陽気かと思ったら、「ピューーー!」ここも風が強い。

    突風注意!






    017_20161212180041f38.jpg

    折角登ったのでもう一枚。

    ゴツゴツの岩に囲まれて霊山らしい雰囲気。






    018_201612121759429e1.jpg

    望洋台まで移動して、鹿狼山の遠望。






    019_20161212180034a76.jpg

    薄っすらと青く広がる太平洋。

    肉眼のほうがはっきり見えた。

    切れてるけど中央手前が玉野の溜池。






    020_201612121800493b3.jpg 021_20161212180308ce1.jpg

    蟻の戸渡りより東物見岩(霊山最高峰)。






    022_20161212180442473.jpg 023_2016121218044576c.jpg

    ザクザク歩く。






    024_20161212180443060.jpg

    東物見岩(霊山最高峰=標高825m)

    ここも太平洋が望める。






    025_20161212180444a8c.jpg 026_20161212180355713.jpg 027_201612121804309ed.jpg

    東物見~霊山城跡の道の雰囲気が個人的には好み。






    028_20161212180445c2b.jpg

    霊山城跡

    ここで休憩。先に奥の見晴らし台から景色を楽しむ。






    029_2016121218035388b.jpg

    紫明峰

    蔵王は雪雲の中で見えず。






    030_2016121218040414b.jpg

    福島盆地や半田山も見えず。



    休憩中、晴れ⇒曇り⇒雪を幾度となく繰り返す。

    晴れても気温は氷点下だった模様、とにかく寒かった。にもかかわらず、ここでまさかのガス欠・・・・・沸騰せず。

    うー、少々硬めのカップ麺、。「ぬるー・・・。」

    厚手の手袋に交換して寒さを凌ぐも、ハイドレーションの飲み口が凍った。

    ・・・・・帰ろ。






    031_20161212180826a74.jpg 032_20161212180744155.jpg

    強風と更なる低温が予想される護摩壇はパスして国司池経由で戻る。

    途中の岩陰から「チッチ、チッチ」と小鳥が3羽ほど飛び出した。
    風を避けてたらしいが、ガサガサ歩くおっさん(自分)に驚いて出てきたみたい。
    若干むかついた表情の小鳥。
    「申し訳ない。」






    033_2016121218084002c.jpg

    国司沢の眺め

    吾妻、安達太良は見えず・・・・・。



    天狗の相撲場、甲岩もパス。今日はパスばっか。7並べなら完敗だなー。






    034_2016121218080708b.jpg 035_2016121218083730b.jpg

    下山する毎に穏やかな陽射し。「こんなもんだ。」

    見下し岩から駐車場&紅彩館






    036_20161212180840f1c.jpg 037_201612121808335da.jpg

    陽の陰った谷から、陽の当たる駐車場に無事戻る。






    038_201612121808269d1.jpg

    登山シーズンも終わり、人影は疎ら。

    西陽を浴びた姿がどことなーく寂し気に映る霊山の午後でした。

    「ファー、ファー、ハァックショ~ンッ!、寒っ!」






    行ってみた日 2016.12.11






    この日の行程

    登山口⇒(80分)⇒霊山城跡(休憩50分)⇒(40分)⇒登山口

    以上2時間50分(休憩50分含む)の行程でした。

    霊山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)霊山






    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様