雪の日山(天王山) ~2016登り納め~



    「先日の降雪で山は厳しいなー」と思いつつも、「阿武隈山系ならどーにかなるだろー」と日山(天王山)へ行ってみた。



    二本松市の東部、国道349号(道の駅さくらの郷近く)から日山パークゴルフ場の標識を追って国道459号に折れる。
    折れてから8km弱、日山登山口やパークゴルフ場の標識を右折。
    進んで行くと路面には雪が・・・・・、大丈夫かな?






    001_20161221070513a85.jpg

    駐車場(トイレ有)

    一面雪の中、登山者と思われる車が2台。
    誰も居なけりゃ帰ろーと思ってたけど、行ってみますか。
    (結果的には誰とも会わず、終始おひとり様登山でした。)






    002_201612210705380a1.jpg

    案内板(画像をクリック⇒別画面が開く段取り・・・果たして?)

    登りは水神様経由、下りは天王平経由で茂原口、そこから車道を戻る予定。






    003_20161221070534142.jpg 004_20161221070504aea.jpg

    田沢登山口(下・標高約640m)

    準備が出来たので出発!

    右手に川の流れを聞きながら緩やかな登山道を行く。






    005_20161221070528ac4.jpg

    やがて牧場(牧草地)に出る。

    青空が気持いい!






    006_201612210705444af.jpg 007_20161221070546408.jpg

    牧場の隅っこで田沢口(上)からの道と合わせる。間もなく水神様。

    「パン!パン!」行って来ま~す。






    008_201612210705337d4.jpg 009_20161221070532990.jpg

    水神様から道の傾斜が増す(木段)。

    日山は別名天王山。天王様とは天狗のことらしい。なので天狗の鼻毛がいっぱい落ちてた。(;゜0゜)






    010_20161221070539ecc.jpg 011_20161221070937f83.jpg

    積雪は5~15cm程。先行者の足跡に助けられる。






    013_20161221070901754.jpg

    山頂が近くなると大きな岩が見られるようになる。






    014_20161221070945304.jpg 015_20161221070932532.jpg

    上空は強い西風で、「ゴォーーー!」って音にビビりながら歩いた。

    そんな風に耐えて、ちょっとだけ霧氷が残ってた。






    016_20161221070913077.jpg

    日山山頂(標高1,054m)(^^)v






    017_20161221070852079.jpg 018_20161221070921bd6.jpg

    まずは神社(三社あります)に参拝。






    019_20161221070928892.jpg

    次は展望台から見下ろす。






    020_201612210709356dc.jpg 021_20161221070932920.jpg

    富士山は勿論、安達太良も吾妻も見えず・・・・・。

    そんな中、大滝根山は確認出来た(画像中央奥ののぺーっとした山)。






    022_20161221071337645.jpg 023_2016122107130913d.jpg

    ツルウメモドキ(蔓梅擬)

    休憩に入るが、待ってましたーと言わんばかりに西から黒い雲が来襲・・・・・、陽が陰り、寒さに耐えながらの休憩。



    で、休憩が終わったタイミングで再び晴れ間・・・・・、自然って怖い。






    024_201612210713572cc.jpg 025_20161221071325350.jpg

    下山は予定通り茂原口へ。

    山頂~天王平間は雪が多めで風も強め。だから胎内岩には寄らず。






    026_201612210713244f1.jpg

    天王平まで下りたら、風が治まり陽射しがポカポカ。

    ここで休憩にすりゃ良かった。






    027_20161221071401d58.jpg 028_20161221071403cb4.jpg 029_201612210714029e6.jpg

    「ギシ。ギシ。ギシ。ギシ。」、一歩一歩踏みしめて進む。






    030_20161221071401137.jpg

    移、茂原分岐

    移方面に踏跡は無かった。






    031_2016122107140731a.jpg 032_2016122107164601b.jpg 033_20161221071709430.jpg

    クリスマス間近だからサンタっぽく撮ったつもりが、二宮金次郎に・・・。

    やがて道は開けて牧場(牧草地)に出る。






    034_201612210717424bd.jpg

    羽山(麓山)の眺め






    035_201612210717269ae.jpg

    日山(天王山)の眺め






    036_201612210717438a3.jpg 037_20161221071721695.jpg

    茂原口に出た!






    038_20161221071713761.jpg 039_20161221071751160.jpg

    冬らしい長~い影を踏みながら車道を歩き、無事に駐車場へ戻った。

    ずーっと雪道だったので靴がきれいになった。
    「アハハ」また汚すの勿体無いから、今年の山歩きはこれで終わりにしよっと!(無精者・・・)






    行ってみた日 2016.12.18





    この日の行程

    田沢(下)口⇒(70分)⇒日山山頂(休憩50分)⇒(55分)⇒茂原口⇒(15分)⇒田沢(下)口

    以上3時間10分(休憩50分含む)の行程でした。

    日山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)日山(天王山)







    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    はじめまして、いつも楽しく読ませて
    いただいております。
    ネタ的にプークスクスとなるので
    きっと同じ位の世代です。
    つまり当方、おばちゃんであります。
    日山に行こかどうしようか、と思っていた
    ので状況が知れて良かったです。
    天気次第ですかな?
    山1年生、いつも参考にしています、
    まさに行ってみたいと思わされてます
    責任取って、来年度も楽しく登って下さいね。

    はじめまして!

    にゃさんこんにちはー。
    いつも見て頂いているようで感謝です。
    おばちゃんですか?見た感じもっとお若く見えますけどー・・・ってコメントじゃお顔は見えませんけどねー。

    日山は急な坂も無く私には丁度良い感じのお山です。
    ただ冬なのでお天気や装備に細心の注意を払いお出掛け頂きたいと思います。

    たいして参考にならない記事が多くて申し訳なく思いながらも、多分来年もこんな感じで続けます。
    よろしければお付き合いください。
    ありがとうございましたー。
    メリークリスマス!

    2016書き納めですねぇ。

    ~2016登り納め~ですかぁ。
    鉄山で納め、、と思ったらヤハリ鉄人追い風さまには足りなかったのですねぇ。
    暖冬とは言え既に冬眠中の私には真似のできないすごさです。
    ああ、でも、富士山までは見えなかったのですねぇ。
    一説によると三重県の何タラが最西方だそうで、、三重県から福島県までというのは凄いですよねぇ。
    地球が丸くなく水平なら当地でも見えるような、、、、気がするのですが残念福島には敵いませんねぇ(笑)
    楽しいブログ、今年はホントにお世話になりました。
    来年も楽しいダジャレ、、失礼、、・・・楽しみにしています。
    ご負担にならない程度に飛び飛びで結構ですし。。。
    そして、いつかどこかのお山でお会いできて生でダジャレが、、重ね重ね失礼、、お聞きできることを楽しみにしています。

    Re: 2016書き納めですねぇ。

    冬眠中のところ起こしてしまっったようですいません。
    やっぱ安達太良で登り納めがかっこ良かったかなと思ってますー。
    地球が水平だったら富士山はどんぐらい先から見えるんですかね?
    考えるだけでちょっと楽しくなる私だったりします。
    現況でも西吾妻の人形石辺りにスカイツリークラスの搭を建てりゃ、富士山も本家スカイツリーも見えるかも?です。
    勿論そんな計画が持ち上がったら反対派ですけどねー。

    こちらこそ大変お世話になりました。
    こんなブログ(ダジャレ)でも楽しんで頂けて光栄です!
    いつかどこかでお会いして、生ダジャレで修さんを凍りつかせる日も近いと思うとゾクゾクします。てへ(^^)
    来年も御指導よろしくお願いいたします。
    良いお年をお迎えくださいませー!!!

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    月別アーカイブ
    御訪問者様