「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    残雪どっさり大滝根山 ~春の陽に去り行く霧氷~


    いよいよ新年度(平成29年度)が始まった。

    「だからどうした?」と言われちゃうとそれまでだけど、正月に何かとスタートを切り損ねて出遅れ感のある自分(自称スロースターター)のような者には、気持ちを改めて再びスタート出来るチャンスだったりするのかなーなんて思っている。

    てなわけで、今回から通常営業的にこちらのブログも更新する所存で臨みます。

    まぁ、そんな事言ってますが、天気やら健康やらが優先なので中身的には今までと変わりませんし、休むときには休みます・・・。(^_^;)





    今回は阿武隈山地の最高峰、大滝根山へ行ってみた。

    田村市の旧滝根町の菅谷、県道19号から折れて県道381号を入水鍾乳洞方面へ向かう。
    入水鍾乳洞の入口を過ぎ、うねうねとカーブ道を行くと仙台平のキャンプ場に着く。

    が、その前に・・・、仙台平(標高870m)の展望台へ寄り道。

    キャンプ場の少し北側から折れて細い舗装路を上って行く。
    道は北側に差し掛かり、そこには雪がたんまり・・・、ガサガサガサって車底を擦りながら進んだ。
    まだ夏タイヤに交換しなくて正解だった。






    001_201704032123485fe.jpg

    仙台平展望台

    残ってた雪は先週の春雪らしい。
    結構な量で驚いた。
    風は冷たいけど、それが気にならないぐらい陽射しは暖かい。






    002_20170403212336dc8.jpg

    滝根(神俣)の街並み

    仙台平にはハンググライダーの滑空場がある(写真は南側、西側にもある)。






    003_201704032123589f0.jpg

    大滝根山

    山頂は右のピーク辺りで、左に航空自衛隊のレーダー群が見える。

    左下に写るのは大越登山口のあるホテル跡。

    大越側から登った模様はこちら⇒ 2015.3.22 残雪の大滝根山






    004_201704032123471c6.jpg

    右側の山頂部を拡大。

    右端に写る白い筋が登山道で、登った先の電柱が2本見えるところが、山頂とペラペラ石の分岐。
    山頂にある神社や丸いレーダー施設はこちら側からは見えない。

    覆う木々が薄っすらと白くなってる。
    「霧氷だろーか?こんなん知ってたらもっと早く来たのに・・・。」
    時計見たら10時半回ってるし。
    登った頃にゃー解けてるかもねー・・・・・、果たして。






    005_20170403212553123.jpg 006_20170403212424105.jpg

    展望台からキャンプ場の駐車場へ移動。

    左の画像(駐車場北側)のこんもりとした場所(左)が先程の展望台のある丘で、右の画像(駐車場南側)の真ん中辺りが大滝根山への登山口(標高約820m)。

    ※水洗トイレ有りですが、冬期は水が出ずに開店休業状態なのでご注意下さい。



    慌ただしく準備して出発!






    007_20170403212404d04.jpg 008_20170403212413cea.jpg 009_20170403212432d0b.jpg

    道は最初下ってる。
    スリップに注意しながら行くと車道(県道)に出る。
    その車道を北へ100m程歩くと大滝根山への入口(標高約760m)がある。



    ※車道に出る手前に右(南)方向への山道があります。そこを行くと「鬼穴(鍾乳洞)」へ行けます。
    遡る事約30年前・・・・・、無謀にも懐中電灯を持たずにその鬼穴へ侵入し、とっても怖~い思いをしたので今回は近づいて居りません。(;゚Д゚)

    ちなみに現在は鬼穴内部へ入る事は出来ないらしいです。






    010_20170403212426b15.jpg 011_2017040321281202d.jpg 012_20170403212819447.jpg

    車道から折れ、杉林、唐松林を抜けると雑木林になり、ちょっと登り。
    そこを登ると緩い傾斜の道が続く。

    雪はギシギシとザクザクの間ぐらいで、歩き易かった。






    013_2017040321290041a.jpg 014_201704032128175c1.jpg

    緩いアップダウンをこなして行くと、正面の木々の間に山頂部が見えてくる。
    進んでくとブナ平(5合目、標高約930m)に着く。






    015_20170403212926d7c.jpg 016_2017040321292605c.jpg

    ブナ平を過ぎると尾根道になり急登開始。
    ちょいちょい岩場もあり、雪の下に氷が隠れてたりするので注意しながら登る。






    017_201704032129131f1.jpg 018_201704032128572be.jpg

    鎖&梯子の岩場

    この場所、雪があると難所!
    左(北)側に巻き道はあるものの、トレースは無く掴める枝も少なく、更に崖が怖い。

    岩を登るしかないと諦め、恐る恐る慎重に登る。
    どうにか登りきったものの、無駄に力が入っていたのか、肩は凝るし足はつりそうだし・・・、「降りはどうしよう?」






    019_20170403212854c9b.jpg 020_201704032129220ca.jpg

    一難去ってまた一難、再び鎖の岩場。

    ここは右(南)の巻き道にトレースが有り、事無きを得た。






    021_20170403213128fd2.jpg 022_20170403213233115.jpg 023_20170403213159b02.jpg

    難所を越えても急登が続く。
    ただ距離は短く、そこを過ぎれば勾配は緩む。
    「雪、多っ!」






    024_20170403213208ad0.jpg

    はらはらと氷の欠片が落ちて来て、見上げたら霧氷だった。
    4月にこの景色と出会えるなんて・・・、「来て良かった~♪」






    025_20170403213213abd.jpg 026_20170403213214830.jpg

    灌木帯を抜けるとパッと開けて電柱が2本(送電線)ある場所に出る。
    こちら山頂と石ポッケ・ペラペラ石、それから入新田登山口への分岐になります。






    027_20170403213231266.jpg

    この分岐からの眺め

    羽山や矢大臣山(左に重なってる)、蓬田岳(右)等が見える。
    春らしく霞んだ空でした~。

    帰りにここで休憩。まずは、山頂へ!






    028_20170403213222dd0.jpg 029_20170403213236edc.jpg


    山頂方向へ行くと、機械音(ボイラー音?)と、かすかに信号音っぽいのが聞こえて、ドーム型の建造物が現れます。
    航空自衛隊のレーダーなんだそうです。

    バラ線(有刺鉄線)に気を使いながらフェンスの横を抜けて行く。
    嘘でもいいから、「ショッカー秘密基地」とかの看板があると雰囲気が増すのでは?
    何の雰囲気???






    030_2017040321323904f.jpg

    フェンス沿いを行くと大嶽根山峯霊神社

    雪がどっさりで止めようかと思ったけど、社の前まで行って参拝。
    「パンッパンッ!」

    ちなみに御神徳(御利益)は五穀豊穣、商売繁盛、開運、家内安全だそうです。
    これで暫くは我が身も安泰かな?



    この神社が大滝根山の山頂(標高1,192m=鎌倉幕府?)です。
    三角点は自衛隊施設内なので、どーしてもタッチしないと気が済まないって方は事前申請が必要になります。

    詳しくはこちらへ⇒航空自衛隊大滝根山分屯基地サイト内の「広報・イベント情報」に申請方法が記載されてます。






    031_20170403213459b4d.jpg

    神社から北へ進むともう1つのレーダー。






    032_201704032135166b5.jpg 033_201704032135496f7.jpg

    更に北へ進むと、雪が深い。
    一つだけあったトレースを追って梵天岩に着くも、岩へ上がる梯子は雪の中。

    折角来たので、掻き分けて梵天岩上へ。






    034_201704032136069d3.jpg

    眺めは分屯基地の施設が中心。
    安達太良山は雲の中、太平洋は霞んで見えず。

    せめてもっと早く来りゃぁ、一面真っ白な霧氷原が見れたのかも?
    残念!






    035_201704032135160e1.jpg

    先程の電柱2本の分岐まで戻って休憩にする。






    036_20170403213536fde.jpg

    037_20170403213546907.jpg
     038_20170403213556425.jpg

    休憩中、風と共に「シャリシャリー」っと霧氷が散っていく。
    目の前をキラキラと光を放ちながら・・・。






    039_20170403213601273.jpg

    滝根小白井ウインドファーム

    少しペラペラ石方向へ歩くと風車群の眺めが良い。
    ただその先にトレースは無く、今回もペラペラ石は諦めて下山開始。






    040_201704032136005b6.jpg 041_20170403213806924.jpg 042_20170403213824966.jpg

    急斜面の降りは登りの2倍も3倍も神経を使い歩く。
    特に梯子の岩場が怖いので、トレースの無い巻き道を行ったら・・・・・。

    見事にツルっと滑り、一瞬で2mぐらいワープした。
    北側の崖に落ちるかと思い、冷たい汗が背中を伝う。
    ・・・・・「止まって良かった。」






    043_201704032138445df.jpg

    出発前に写真を撮った仙台平。






    044_20170403213823ebb.jpg

    太陽と樹々が作る影絵を楽しみながら戻る。






    045_20170403213839e49.jpg

    登山口に辿り着く頃、大滝根の山影が見えた。

    「また来るね~」と心で呟き、車へ戻り帰宅の途についた。






    行ってみた日 2017.4.2






    この日の行程

    仙台平登山口⇒(45分)⇒ブナ平⇒(40分)⇒ペラペラ石分岐⇒(5分)⇒大滝根山山頂(休憩5分)⇒(5分)⇒梵天岩⇒(10分)⇒ペラペラ石分岐(休憩40分)⇒(25分)⇒ブナ平⇒(35分)⇒仙台平登山口

    以上3時間30分(休憩45分含む)の行程でした。

    大滝根山
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)大滝根山








    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply