「なんか落ち着くー」、鎌倉岳(常葉) ~暖風に吹かれて~



    ポコっと出たお腹にストレスを2つ、3つ抱えてしまった(内容は大したこっちゃありませんが、小心者(自称)なのでちょっとした事につまづきます・・・)。

    こんな時は、見晴らしの良い山へ登って「スキっとしなきゃ!」ってーんで、常葉の鎌倉岳へ行ってみた。




    今回も毎度お馴染み(そうでもないか?)、鰍(かじか)登山口から。

    10時過ぎに到着するも、誰も居らず。

    晴れて「モワッ」っとする風が吹いてて、既に気温は20℃を超えてた。

    そんな中、準備して出発!






    001_201704181649167ca.jpg 002_20170418164905815.jpg

    来る度に新調されてる看板にちょっと驚いてから、杉林の中を歩いて行く。

    数年前は木の香りが漂い真新しかったカエルのオブジェは、苔に覆われカエル本来のグリーンになりつつあった。

    ハッ!これ造った人って、こうなる事を予測してたのかも・・・「スゲェー!」







    003_2017041816501814f.jpg 004_20170418164930da9.jpg

    小さな沢の所のニリンソウ(二輪草)はまだ蕾も見当たらなかった。

    沢を越えて振り返った木々の間に岩峰。






    005_201704181649524c1.jpg 006_20170418165004227.jpg

    萩平からの道と合流する辺りで、チラっと鎌倉岳山頂。






    007_20170418164952cc6.jpg 008_20170418165013086.jpg

    石切り場跡から急登開始。

    上のほうから先行者の声が聞こえた。

    この日出会った皆さんは萩平から登って来られたそうです。






    009_201704181650353a8.jpg 010_2017041816503268e.jpg 011_20170418165329b65.jpg

    「ぜぇぜぇ」言いながら登る。

    それにしても「あぢー(暑い)」・・・・・、汗が止まらん。

    途中で休憩されてた先程の声の主のグループ、更に先でもう一つのグループと挨拶を交わして登り続ける。

    最後にトルネード気味の木段を行き頂上へ。






    012_201704181653009a5.jpg

    目の前(南方向)に桧山(左)や大滝根山(右)が広がり鎌倉岳山頂!(標高967m)
    (*^^)v



    先に休憩されてた方と暫し山のお話。

    その後、先程の2グループが到着して一気に賑やかムード。

    山頂で一人もいいけど、話し声や笑い声が聞こえるのも安心感があっていいなー。






    013_201704181653342fc.jpg

    西方向に移ヶ岳、その右奥の白い山なみが安達太良連峰で更に右が吾妻連峰(分かりにくい画像でスイマセン)。

    で、移ヶ岳の山頂後方に薄っすらと磐梯山が見えた。

    ⇓無理矢理画像を大きくしてみた。






    014_20170418165305101.jpg

    磐梯山と櫛ヶ峰です。

    肉眼では見えたけど、自分のカメラじゃこれが限界・・・画像粗々で再びスイマセン。

    この日はちょっと霞んでて太平洋ははっきりと見えなかった。






    015_201704181653371c2.jpg

    「ビューーーッ!」っと春風と呼ぶにはちと強すぎる風が吹き抜ける中、休憩に入る。

    麓の集落に建つ家々。

    道を行く軽トラ。



    思う。

    きっと、みんなセカセカと動き回って生活してるんだろーなー。

    日頃の自分もそーなんだろーなー。

    でもこうやって山の上から見てると、みんなゆっくりに見えて落ち着くなー。

    焦らずのんびり行こう・・・・・。



    自分の抱えてたストレスが、ちっぽけでどーでもよかった事に気づいたので、帰りますかねー。






    016_20170418165350a26.jpg 017_201704181653472ad.jpg

    途中、石切り場跡で休憩されてたベテランさんグループとお話しをして元気を頂いて登山口に戻った。

    看板に偽り無し!笑顔になれた鎌倉岳でした。






    行ってみた日 2017.4.16






    この日の行程

    鰍登山口⇒(35分)⇒石切場跡⇒(25分)⇒鎌倉岳山頂(休憩60分)⇒(15分)⇒石切場跡⇒(20分)⇒鰍登山口

     以上2時間35分(休憩1時間含む)の行程でした。

    鎌倉岳
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)鎌倉岳







    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 登山・ハイキング
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島 中通り

    コメント

    非公開コメント

    春、怒濤の進撃ですねぇ。

    山津見神社、茶臼山、そして鎌倉岳と、雪解けを待っていたかのように怒濤の進撃ですねぇ。
    私?私は鎌倉岳が好きそうです。
    ロープにトルネード気味の木段、アドベンチャーランドのようで楽しそう。。
    綺麗な眺めですねぇ。追い風さんの苦労だけで私までお裾分けをいただき、ごちそうさまです(礼)
    これで2時間35分。。
    みなさ~ん、高いお金だして千葉にある東京何とかなんかより、ず~~っといいですよぉ。
    追い風さんのお墨付き付き?付き付き、、ですよぉ。。
    チョットドタバタしていてどこにもいけていない私、今回もありがとうございました。

    Re: 春、怒濤の進撃ですねぇ。

    ハハハ、短距離ばかりで何かカッコ悪いですね。
    ちりも積もれば何とやらで、いつかはメジャーな山に辿り着けると信じて登ってます。
    南青山とか代官山とか・・・・・、ちがーう!(^^ゞ

    レジャーには良い季節になって来ましたねー。
    早くドタバタが落ち着いてお出掛け出来る事を祈っております。
    ありがとうございました。


    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様