「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2011夏-36> ~落石岬~



     根室市に入り国道44号を東へ。道の駅スワン44ねむろで休憩。ここは風連湖畔にあり、ガラス張りの建物からバードウオッチングが楽しめたり、湖の風景を眺めながら食事も出来ます。また、散策路や展望台もあり自然を満喫できてしまう贅沢な道の駅です。

     休憩後、根室半島の付け根で南に突き出している、落石岬へ向かいました。道道953号、142号、1123号通過して落石の街へ。そこから看板を頼りに(最後は砂利道)到着。道路の途中にゲートがあり車は進入禁止。簡易のトイレがありました。ここから歩きです。

     砂利道を歩いていくと、コンクリートの廃墟のような建物と石碑があります。無線通信局の跡だそうです。その脇を通っていくと一直線の木道が見えてきます。


     

    北海道 049

     この木道、丸太なのでちょっと歩きづらいです。青竹踏みをやっていると思えば苦にならないかも?




    北海道 051

     途中、開けたところに出ます。東側は木が生えておらず、草原のようです。



    北海道 052

     西側は形の面白い低木が生えています。この辺りはサカイツツジという植物の自生地として、国の特別天然記念物に指定されているそうです。日本ではここでしか見ることが出来ず、6月頃に花が咲くそうです。残念ながらどれがサカイツツジか分かりませんでした。




    北海道 053

     まだ木道は続きます。辺りは湿地帯でミズバショウなどが見られました。とても海に続く道とは思えません。




    北海道 055

     森を抜けると立ち木は一本もなく、灯台と太平洋が目に飛び込んできます。例えがあっているかどうかわかりませんが、地元福島県で言うと尾瀬ヶ原を歩いていたら、いきなり塩屋崎(埼)の灯台に出た。そんな感じです。ってどんな感じだ。


     ちなみに落石岬は北海道三大秘岬のひとつです(他は室蘭の地球岬と石狩市(旧浜益村)の雄冬岬です)。



    北海道 060

     風も心地よく、気分爽快です。こんなところで一日読書でもしながらのんびりできたら幸せでしょうね。


     

    北海道 061
    落石岬灯台

     灯台に近づいていくと、ドッドーン!と波が岩にぶつかる音が凄いです。



    北海道 063

     草原の先は断崖絶壁になっています。そちらに近づくと音と共に地響きしているように感じます。




    北海道 064

     高さ4、50メートルあるでしょうか。怖いです。よくテレビとかでカメラマンの方が崖から乗り出して撮影してますが、ファインダーを覗くと怖くないとか言っていますが・・・あっ、このデジカメ、ファインダーが無い。だからやっぱり怖いです。

     


    北海道 065

     太平洋の波が絶え間なく打ちつけています。その姿は荒々しく、海と大地が闘っているかのようです。




    北海道 054

     そう言えば、ここにもシカさん達がいました。立ち入り禁止と書いてある柵を飛び越えて往来しているようです。最近のシカは字も読めないのか。一体どういう教育を受けてるのか、まったく。(アンタコソ、ドンナ教育ウケテルンダ・・・アホ)



     帰りも同じ木道を歩きました。往復で2km強はあったと思います。飲み物を持参する事をお勧めします。


     ~つづく~



    詳しくはこちらへ⇒根室市観光協会

    北海道の道の情報は北の道ナビ







    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply