「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2011夏-40> ~風連湖と春国岱(1)~



     6時半頃、宿に着きました。風連湖(ふうれんこ)の湖畔に建っているので絶景です。

     風連湖はサロマ湖や能取湖と同じ汽水湖で海とつながっています。2005年11月、春国岱(しゅんくにたい)と共に世界的に重要な湿地であるとして、ラムサール条約に登録されています。春国岱とは風連湖の東端にあり、オホーツク海と湖の間にできた3つの砂洲(さす)のことです。海岸、干潟、砂丘、湿原、草原、森林など様々な環境があり、動植物の宝庫になっています。



     着いて間もなく、宿のご主人の説明を受けていると遠くの水面を移動する影を発見。鳥にしては大きい?人にしては形が変?思わずご主人に尋ねると、シカだそうです。シカが春国岱から泳いで移動するそうです。ここでは、いつものことらしいのですが、自分には驚きの光景でした。




    北海道 103

     春国岱の風景です。暗くなってましたが、雲の隙間から夕陽が顔を覗かせて辺りを照らしてくれました。




    北海道 099

     宿のある湖畔は干潟のようになっており、この日は波もなく空の風景が映りこみ幻想的でした。




    北海道 102

     湖畔の風景も鏡のように映っていました。




    北海道 106

     朝にはタンチョウが見られることもあるそうなので、期待して就寝。


     ~6日目へつづく~




    詳しくはこちらへ⇒根室市観光協会

    詳しくはこちらへ⇒根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター

    北海道の道の情報は北の道ナビ






    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply