「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2011夏-53> ~新嵐山スカイパーク展望台~



     十勝牧場から帯広市に入り、更に隣の芽室(めむろ)町に来ました。国道38号から左折して道道62号に入り、根室本線のガードを潜ると信号があります。その交差点を右斜めに進路をとり道なりに進み、8~9km程行くと右手に新嵐山荘と言う宿泊施設があります。そこを過ぎたら細い道があるので右折です。登っていくと展望台の駐車場があります。細い道なので対向車に注意してください。




    北海道 048

     駐車場からでも眺めはいいですが、折角なので木造の立派な展望台に登ります。




    北海道 053

     夕方で雲も多く暗かったのですが、この山だけ日が当たって光っていました。剣山(標高1,205m)と言う山だと思います(多分)。




    北海道 054

     スキー場があり、その奥にはパッチワークの様な景色が広がっています。スキー場には乳牛が放牧されています。




    北海道 056

     畑に防風林。昔の人はこんなに広い土地をよく開拓したものです。また、農家の方々のこの畑の管理も大変な事だと思います。




    北海道 060

     牧草の刈取作業中です。あのトラクター、道路ですれ違う時は大きさにビビりますが、畑の中だとかわいいもんです。




    北海道 061

     十勝平野の畑は広いです。左下に乗用車が写っているので、比べていただければ広さが分かっていただけると思います。




    北海道 062

     山を下りて、芽室市街へ向かう途中に「天使のはしご」が見られました。そう言えば、この近くに元横綱大乃国(芝田山親方)の生誕の地の標(しるし)がありました。ちょっと前までは、相撲といえば北海道出身の力士が多かった記憶がありますが、最近はカタカナ出身地の力士が目立ちます。


     この後、国道38号に戻り、帯広市内で夕方のラッシュに巻き込まれながらも(そんなに混まないけど、車の少ない道ばかり走っていたのでそう感じた)、十勝川温泉に着きました。まだ明るかったので近くの千代田堰堤に行ったのですが、夕方5時で終了だそうで門扉が閉まっていました。残念・・・。

     宿にチェックイン後、温泉へ。十勝川温泉はモール温泉と言うそうです。色は琥珀色と言ってますが茶色で、最大の特徴は、多くの温泉が鉱物性なのに対してモール温泉は植物性だということです。肌への刺激が少ないだけでなく、天然保湿成分を多く含む為、肌がしっとり潤うそうです。自分はビールでのどが潤った。

     
     
     ~つづく~
      

    詳しくはこちらへ⇒芽室町観光物産協会

    詳しくはこちらへ⇒音更町十勝川温泉観光協会

    北海道の道の情報は北の道ナビ







    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply