磐梯吾妻スカイライン ~春~




    吾妻山(一切経山)の噴火警戒レベル2による規制






     4月8日に磐梯吾妻スカイラインが再開通しました。何と今年も無料開放(浄土平駐車場も無料)と言うことで早速行ってみた。


     今回(前回は晩秋に行ってます。記事はこちら)も高湯温泉ゲートから入ります。ゲートには係りの方がいて、冬タイヤが装着されているかどうかのチェックがあります。もちろん冬タイヤなのでOKです。


     まずは、不動沢橋のパーキングで一息入れます。この日は春の日差しで、風も無く穏やかな日和でしたが、標高1,000mを超える山はまだまだ雪の中です。ここのトイレは水道凍結の為使用不可でした。又、日陰は凍っていて滑りますし、日向を歩くと、ズボッと足をとられます。履物や服装に注意してお出かけください。




    020_20120411153153.jpg

     つばくろ谷に架かる不動沢橋です。何故か左下に展望台の手摺が見えます。んっ・・・今、立っているのはどこ?考えると怖くなったので後ずさり・・・。あまり人の足跡を踏み越えて前へ出ないように注意しましょう。


     この不動沢橋を渡って浄土平へ向かいます。




    028.jpg

     途中から、吾妻小富士が望めます。まだ真っ白です。




    045_20120411153152.jpg

     通常時と違い、各所にあるパーキングは雪の為、使用出来ない所が多くなってます。なので、写真撮影の為、道路上に停車してる車が多いので注意しましょう。




     浄土平に着きました。平日にもかかわらず、結構な数の車が止まっています。駐車場は除雪はしてありますが、雪の残るところもあり、駐車させるのに苦労(段差があったり、雪解けの水で滑ったり)してる方も見受けられました。


     当初の予定では、浄土平で軽く休憩して先に進む予定でしたが、何故かここに来ると吾妻小富士に登らないと(登って火口を回り下って約1時間ほどです)いけないような気持ちになってしまいます。なので、水と貴重品を持って出発。




    051.jpg

     先客がいました。よく見るとスキーのような?、かんじきのような?物を履いています。確かに上の方こそ雪は無いようですが、登り口付近は1.5m以上の積雪があります。足をとられるようだったら無理せず止めようと思い向かいました。




    052_20120411153152.jpg

     登山道に行ってみると、雪は硬く、自分の体重にも耐えてくれました。滑るので横歩きで登っていきます。でも、帰り(下り)が心配です・・・。




    063_20120411153151.jpg

     火口尾根まで登りました。尾根に雪は無かったのですが、風が強くて寒いです。下は殆ど無風だったのに・・・。手袋を持って来ず失敗でした。でも、冷たいのは手ぐらいなので、我慢して火口を回ります。石ころが多く滑りやすいです。残雪の近くでは解けた水が石ころの下に溜まり、余計に滑りやすくなっているので注意が必要です。




    065.jpg

     火口を一周すれば360度の景色が楽しめます。写真は一切経山(標高1,949m)です。




    068.jpg

     スカイラインのヘアピンカーブも見渡せます。




    119_20120411153403.jpg

     夏には高山植物で緑になる浄土平も真っ白です。左の山は東吾妻山(標高1,975m)です。




    122.jpg

     下にはレストハウス、ビジターセンター、天文台などが見渡せます。




    124_20120411153402.jpg

     相変わらず、噴煙が出続けています。最近、吾妻山周辺に地熱発電所を造る話が持ち上がっていますが、まさかここには造らないでしょうね?


     火口を一周して戻ります。下り坂は滑り落ちそうで怖かったけど、ゆっくりかつ慎重に下りたので大丈夫でした(ご期待にこたえられなくてゴメンナサイ)。この後、レストハウスのトイレで鏡を見たら、髪型がドラえもんのスネ夫君のようになっていた。山の上の風がどれだけ強かったか分かってもらえ・・・ませんね。




     実はここまでは前置き(長すぎる)で、今回の本当の目的は、スカイラインの春の風物詩、「雪の回廊」を見ることでした。浄土平から土湯峠方面へ進んでいくと、道の両側の雪の壁が高くなっていきます。





    155.jpg

     こんな感じです。かなり高い壁ですが撮影技術が無いため、あまり高く見えません。




    162.jpg

     なので、車の中から撮ってみました。少しは高さが分かっていただけると思います。




    1621.jpg

     スケールが設置してありました。雪の壁の高さは約4.5mの高さでした。除雪、ご苦労様です。

     
     この区間では、前の車が急に止まったりするので車間距離を十分にとって走行してください。



     この時期限定なので、時間のある方は(通行料金も無料なので)行ってみていただきたいです。但し、夜間は閉鎖されますのでご注意ください。


     詳しくはこちらへ⇒福島県道路公社

    ※磐梯吾妻スカイラインは恒久無料化にともない、一般県道となりました。




    今回から可能な限り、行ってみた日を記そうと思います。

     行ってみた日 2012.4.10







    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 国内旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 福島

    コメント

    非公開コメント

    最近の記事
    カテゴリ
    天気予報
    リンク
    HITOIKI Blog 山形県のHITOIKIさんのブログ。洗練された文章、必見の写真集、見れば爽やかな風が吹きます。

    群馬県のTomoさんのサイトです。谷川岳などの素晴しい山や花の景色に癒されます。
    ノイファンの日記 福島県のノイファンさんのブログ。山、自転車、観光、お酒・・・。無駄の無い休日の過ごし方は見習いたいです。

    登山情報共有サイト。 ユーザーさんのレポートをいつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
    ※甚だ勝手ながら、山や観光地でお会いした方限定でリンクさせていただいております(例外有りですが・・・)。心の狭い管理人で大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ。
    検索フォーム
    プロフィール

    追い風

    Author:追い風
    出身 福島県の山里
    性別 男 
    性格 あまのじゃく
    趣味 山をウロウロ etc. 

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    御訪問者様