「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    初秋の蔵王烏帽子岳 ~秋暑のち秋寒~


    台風一過の日曜日。蔵王連峰の東、前烏帽子岳、後烏帽子岳へ行ってみた。



    遠刈田温泉辺りから「えぼしスキー場」の看板に導かれ山懐へ入ってく。

    進んでくとスキー場のゲート(夜間通行止め、PM5:00~AM8:00)が有り、その手前左に登山口と駐車スペース(除雪用かも)。

    トイレは無いので営業時間ならばスキー場、福島県側から行った場合は秋山沢の公衆トイレ等かなー。

    えぼしスキー場のゴンドラ(ロープウェイ)の運航日、運行時間を含めた詳細は、みやぎ蔵王えぼしリゾートのサイトでご確認下さい。




    001_20170904213655378.jpg 002_20170904213645de4.jpg

    10:30頃、真夏を思わせる陽射しと「ビィービィー」蝉が鳴く中を出発!(標高約630m)

    ※看板には「スキー場経由」と標してありますが、現在は前烏帽子経由の後烏帽子です。




    003_20170904213752e34.jpg 004_20170904213657da6.jpg

    はじめは左に川の流れを聞きながらの歩き。

    登山口から500m程で渡渉箇所(小阿寺沢)。

    まだ序盤なのでずぶ濡れは避けたいところ。

    出来るだけリスクの無い場所を選んで慎重に渡る。




    005_201709042137371da.jpg 006_201709042136546ac.jpg 007_20170904213800afd.jpg

    道はずーっと樹林の中。

    傾斜は緩かったりきつかったりの繰り返し。

    笹がうるさい区間もあるので、早朝や雨上がりには露対策もお忘れなく。




    008_2017090421372494c.jpg 009_20170904213802908.jpg 010_2017090421375977c.jpg

    「5」の標示を過ぎた辺りから岩場区間。

    ピンクテープの印を追い、岩の間をすり抜けるように登る。

    で、再び樹林帯・・・・・。




    011_20170904214034e5d.jpg 012_20170904214130bf2.jpg

    「9」の標示辺りまで来ると傾斜も緩む。

    笹原に出て進行方向に山影を確認。

    「多分、前烏帽子岳だろーなー、いや、そうじゃなきゃ困る!もう疲れた~」



    今回、体力的にもさることながら精神的ダメージが・・・・・。

    登山口から100m程歩いた辺りでのこと、「チリンカランチリンカラン」と鳴ってた熊除け鈴が「チリンカラ・・・・・」急に無音に。

    「あれ?」、壊れたみたい。少し戻って部品を回収するも直らず。

    てな訳でそのまま歩いてたんだけど、上空の風が強く木々がザワザワ、笹もザワザワ、心もザワザワとビビリながらの歩き。

    特にドングリや枯れ枝が落ちてきて、パキパキ、ポキポキって音が聞こえる度にゾッとする。しかもこんな時に限って誰とも会わないしー。



    でも、この後にようやく2組の下山者と出合って挨拶を交わしてホッと一息。

    「やれやれ」、落ち着きを取り戻す。




    013_20170904214136ada.jpg 014_20170904214127d27.jpg

    段々と周りの木々が低くなって十字路に差し掛かる。

    左と直進は前烏帽子岳の岩場へ、右へ行くと後烏帽子岳。




    015_20170904214135842.jpg

    前烏帽子からの眺め

    左が屏風岳、右が後烏帽子岳。まだ登らなくては・・・・・。




    016_201709042142171f8.jpg

    山頂の様子

    ※地図で確認すると、この場所は三角点でも最高点でもないみたいです。



    後烏帽子岳へ向かう。




    017_20170904214207692.jpg 018_20170904214224f79.jpg

    今までと違ってカラッとした道で解放感がある(個人差があります)。

    一旦ゆるーく降って登りが始まるけど、さっき前烏帽子から見たイメージよりも傾斜はきつくない・・・かも。




    019_20170904214215b0f.jpg 020_20170904214220588.jpg

    ポコッっと丁字路に出てスキー場からの道と合流。

    左に折れて少し行くと後烏帽子岳山頂!





    021_20170904214410d21.jpg

    目の前にバーンと屏風岳!

    あっ、左端に不忘山も。




    022_20170904214452804.jpg 023_20170904214435f97.jpg

    標高1,681m\(^^)/




    024_20170904214452a60.jpg

    白石温麺(うーめん)・・・・・、ちがーう!

    白石方面・・・・・の眺め。「寒っ!」

    「ピュゥーーーーー!」、本当に風が冷たい。特に汗で濡れた体には。

    体感的には10~12℃、・・・・・温麺が食いたい。




    025_2017090421452731c.jpg

    左が刈田岳、右が熊野岳。

    直ぐに雲の中へ消えてった。




    026_2017090421451752a.jpg

    過酷な環境・・・・・、長居して自分もこうならんよう食うもん食って下山開始。

    ん?性格と根性はこの木に負けないくらい捻じ曲がってますけどねー。





    027_20170904214457a8f.jpg

    山頂の様子

    景色はバッチリだったけど、この日の山頂はとにかく寒かった。




    028_20170904214531696.jpg 029_20170904214540d8c.jpg

    下山はえぼしスキー場へ。

    道は整備が行き届いてました。

    ただ敷石へのつまづきには注意しましょう。




    030_20170904214538b92.jpg 031_20170904214713337.jpg

    ゲレンデに出たら左へ。

    ※右へ行くと石子山頂の看板と後烏帽子岳の眺め有り。

    「ゴンドラ石子駅へ」の看板を追ってゲレンデを降る。




    032_201709042147275e0.jpg 033_20170904214820b97.jpg

    遠刈田温泉(右)や釜房ダム、遠くには仙台の市街地も見える。




    034_20170904214727a56.jpg

    スキー場が見渡せる場所から歩く道を確認するのがよろしいかと。

    右(南)端のゲレンデを降り、途中から左隣のゲレンデへ入る。

    ゴンドラ石子駅横から森の写真館(レストハウス?)の前を横切り千年杉コースへ。

    あっ、右のゲレンデ真っ直ぐ降りた方が近いかも?




    035_20170904214802901.jpg 036_20170904214817d5c.jpg

    急斜面のリフトを見て、こんな高くちゃ怖くて乗れん、絶対無理(自分は)。

    右端のゲレンデ、かなりの急傾斜です。スリップ注意でお願いします。




    037_201709042148073cb.jpg

    青麻山

    後方に太平洋も確認。




    038_20170904214753753.jpg

    秋だねー。




    039_20170904214802d4d.jpg

    秋だよー。




    040_20170904214822529.jpg

    で、さっき上から眺めた森の写真館の前を横切り千年杉コースへ。




    041_20170904215037cc8.jpg 042_201709042151079c9.jpg

    千年杉コースは緩斜面であまり脚に負担のかからない歩き易い道。

    こんな道が近所にあったらいいなーって思える道。

    小さな沢を渡る。油断して転ばぬように!




    043_201709042151167e3.jpg

    えぼし千年杉

    看板によれば推定樹齢600年以上、樹高26m、幹周5.90mとのこと。

    600年でも千年杉・・・・・、四捨五入ですか。

    この法則だと人間も50超えたら「100歳です!」って言ってもいいのかな?

    ※この時期は周りの樹々の葉で千年杉の全貌が確認できません。春先や晩秋なら見られるかも?又はゴンドラ(ロープウェイ)からなら見えるかも?です。




    044_201709042151059c2.jpg 045_20170904215038932.jpg

    ゴンドラを羨まし気に見上げたり、手書きの看板で植物を勉強したりと飽きない道。




    046_20170904215038f29.jpg 047_201709042151056d7.jpg

    @言う間に登山口。

    舗装路をテクテク歩いて出発地点に無事ゴール!

    これからの紅葉シーズンは勿論、残雪期の屏風も眺めてみたいと、欲張り根性に火が点いた烏帽子岳の歩きでした。



    熊除け鈴買いに行かなきゃ。今度はどんな音がいいかなー?いっそ下駄でも履いて歩こうか。「カランコロンカランコロン」てね。





    行ってみた日 2017.9.3





    登山口⇒(125分)⇒前烏帽子岳(休憩5分)⇒(50分)⇒後烏帽子岳(休憩20分)⇒(30分)⇒ゲレンデトップ⇒(45分)⇒千年杉⇒(30分)⇒登山口

    以上5時間5分(休憩25分含む)の行程でした。


    烏帽子岳
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)後烏帽子岳