「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    ほんのり色づく鬼面山と箕輪山 ~ひと月ぶりの歩き~


    ここんとこ何かと立て込んだり、秋雨だったり、ガソリン高騰だったりで山から離れて1か月。

    年頭には秋の連休利用で遠くのお山なんて思いもあったけど、ぜーんぶ来年以降へ延期だなこりゃ。

    まずはひと月で落ちた体力と増えた体重を元に戻さなくっちゃってことで、野地温泉から鬼面山(結果的には箕輪山まで)へ行ってみた。





    道の駅つちゆでトイレ休憩してから野地温泉へ。

    野地温泉ホテルを過ぎ100m程行った右手の空地(ホテル所有かも?)へ駐車。

    ※ホテルの駐車場も利用可能なようです。利用の際にはフロントへ一声がよろしいかと。





    001_20180925182358f3e.jpg 002_20180925182359317.jpg 003_20180925182401a19.jpg

    準備して出発!

    登山口(標高約1,180m、登山ポスト有)はホテル建屋の東側、そこから森の中へ。





    004_2018092518240262a.jpg 005_20180925182404e14.jpg

    「根っこ張りすぎやないかい!」と、ブナ(山毛欅)に突っ込みを入れながら緩やかに高度を上げて行く。





    006_20180925182405641.jpg 007_2018092518240749c.jpg

    森を抜けると空が広がり鉄塔や送電線。道が平坦になると土湯峠(標高1,272m)の十字路に着いて左(東)へ。



    ※送電線下を通過の際「ジッ、ジッ」と異音が聞こえることが有りますが、碍子(がいし=鉄塔に電気が流れない様にするもの)の表面から放電する音だそうです。ちょっと怖い・・・。





    008_201809251824084c5.jpg

    正面に鬼面山。右奥に箕輪山。

    風が冷たく感じる季節になったなー。







    009_20180925182410c90.jpg 010_201809251824113d5.jpg

    鬼面山への道は水捌けも良く景色も良くで、良い気分~♪





    011_20180925182454667.jpg 012_20180925182456a83.jpg 013_201809251824579f3.jpg

    ちっちゃな秋の間を登ってく。





    014_20180925182459e9b.jpg 015_20180925182500ec1.jpg 016_20180925182502d61.jpg

    カッコいい松をくぐり抜け、道がガレてくると山頂はもう直ぐ。





    017_20180925182503f90.jpg

    で、鬼面山山頂(標高1,481.8m)(^^)v





    018_20180925182505616.jpg 019_20180925182506471.jpg

    三角点/逆飛行機雲





    020_201809251825085c3.jpg

    鬼面山の南斜面に腰を下ろし、どっしりとした箕輪山と向かい合う。

    互いに何を語る訳でも無く、ただただ時間が流れて行く。



    やがて一人、又一人、時には一組、座る横を箕輪山へ向かう方々。交わす挨拶が新鮮に感じられ、ひと月のブランクも悪くないなーなんて思えた。

    そんな中、「箕輪で待ってますー」って言って下さる方もいて、「行ってみようか」って気持ちが湧き上がる。

    ここは流れに任せ箕輪山へ。





    021_20180925182630638.jpg 022_20180925182632d88.jpg

    ガレ場を慎重に下りて行く。





    023_201809251826332af.jpg

    ほんのりと赤み始めた鞍部。

    ここは風の通り道、標高の割(約1,400m)には他所より紅葉が早い気がする。





    024_201809251826359ff.jpg 025_20180925182636bd0.jpg

    色付くドウダン(満点星)やミネカエデ(峰楓)





    026_2018092518263800d.jpg

    振り返って鬼面山。

    もうちょっとしたら鬼の面らしく赤く染まるかも?





    027_20180925182639a98.jpg 028_20180925182641c6c.jpg

    箕輪山へ登り返し。

    最初こそ岩場があるけど、その後は長~く感じる泥濘帯。

    多少汚れても気にならない服装でお出で下さい。

    傾斜は緩く、笹は刈り払いされてました(←感謝)。





    029_201809251826424af.jpg

    ナナカマド(七竈)

    キレイに染まったら見事だろーねー。





    030_201809251826448ee.jpg 031_20180925182749fca.jpg

    泥濘帯を脱出すると、道標のある開けた場所に到達。

    そこから傾斜がきつくなり、スリップ帯突入。

    登りはマシだけど、下山時はツルツル滑ってとっても危険です。

    歩く度に一回は転ばされる道・・・・・、今回はどうだろー?





    032_201809251827502d8.jpg

    高度を上げると一部、良い感じに染まってるところも。



    このタイミングで曇るし・・・・・。





    033_201809251827524d7.jpg 034_20180925182753dea.jpg

    薄っすら黄色、薄っすら赤。





    035_20180925182755c46.jpg

    濃い赤の向こうに福島盆地。



    この日の遠望は霞み気味で今一でした。





    036_201809251827568ec.jpg 037_201809251827583c9.jpg

    山頂が近づくとこの子(体長10㎝程の鳥・名前不明)が先導してくれた。





    038_20180925182759eac.jpg 039_20180925182801c02.jpg

    磐梯山や裏磐梯の湖沼(秋元湖)が見えて箕輪山(標高1,728m)到着~!





    040_20180925182802f41.jpg

    この景色(鉄山)で休憩~♪

    居合わせた方々と楽しくお話しさせてもらいながら。





    041_201809251830040fa.jpg

    よーく見ると結構紅葉してるみたい。

    朝晩の冷え込み次第だろーけど、見頃は1~2週間後だろーか?

    大きな台風が来るらしいから、葉っぱ飛ばなきゃいいけど・・・・・。







    休憩を終え、同じルートで下山開始。



    何事も無くスリップ帯を通過。

    何事も無く泥濘帯を・・・・・、「ズルッ」、「アッ!」、「ドタッ!」

    ・・・・・何事も無かったかのように泥濘帯を通過。

    「もしもし、ザックが泥だらけですけど?」(;゚Д゚)





    042_20180925183006ee7.jpg 043_201809251830083e6.jpg

    鬼面山/ガレ場を登り返し。





    044_20180925183009eee.jpg

    振り返って箕輪山。

    朝よりもちょびっと色付いた様な・・・・・、気のせいか?





    045_2018092518301022c.jpg

    ガスり始めた野地温泉に無事下山完了。

    この後、塩沢温泉の青木荘(¥500)でさっぱりしてから帰宅しましたとさ。



    中1ヶ月で少し不安はあったけど、天候と人に恵まれたことに感謝!

    これからの秋本番を楽しむ準備が整った鬼面山と箕輪山の歩きでした。

    あっ、ザックの泥を落とさなきゃ(^^ゞ






    行ってみた日 2018.9.24






    この日の行程

    野地温泉⇒(20分)⇒土湯峠⇒(40分)⇒鬼面山(休憩35分)⇒(75分)⇒箕輪山(休憩90分)⇒(45分)⇒鬼面山⇒(20分)⇒土湯峠⇒(10分)⇒野地温泉

    以上5時間35分(休憩2時間5分含む)の行程でした。



    箕輪山
    地理院地図(電子国土Web)より




    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)箕輪山




    <感謝禄>

    ●登山口、鬼面山、箕輪山で会った福島市のご夫婦

     沢山のお話しありがとうございました。特に南アルプスの話は勉強になりました。

    ●鬼面山、箕輪山で会った郡山市の女性お二方&後に合流された男性お二方

     梨にブドウご馳走様でした。楽しいお話しありがとうございました。

    ●箕輪山で会った福島市の男女ペア

     トレランのことが聞けて新鮮でした。ありがとうございました。

    ●温泉で会った地元の男性(←88才、びっくり!)

     昔のお話し沢山聞けて面白かったです。ありがとうございました。

    ●温泉で会った東京都の男性

     中ノ沢温泉から歩いて沼尻登山口、船明神、安達太良、くろがね小屋、塩沢登山口へ来られたと聞いて驚きました。お疲れの所お話下さりありがとうございました。