「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    霊山で登り初め ~新年早々なんの話だ?~


    新年とも山とも全く関係の無い話から・・・・・。



    「若い時の苦労は買ってでもせよ。」と言われてた時代の話。

    その言葉を真に受けたワケじゃ無いけど、20代にして2度目の転職をした私。

    全国的に名の知れた某大手企業の小さな子会社の田舎の支社の小さな小さな営業所に配属。

    そちらにお世話になり、月に2日しか休まなかったり(基本、休日出勤はサービス)、月の残業時間が140時間超だったり、出張で朝の4:30戻りなのに同日朝8:30出勤だったり、時には自費で営業所そばのホテルに三連泊だったりと、それはそれは真面目に働いておりました。

    そんな中、営業所ですから、月末になりますと支社のお偉方から「数字の話」の電話が入ります。

    「プルルルル、プルルルル・・・」

    「カチャ」 (運悪く私しか居らずシブシブ受話器をとる)

    「あー、○○君、お疲れ様。所長は?」 (所長はこの電話がくることを察知して月末は留守がち)

    とりあえず、「所長は山へ柴刈りに行ってますー」と返答。

    「あっそ。戻ったら電話ちょーだい」「ガチャ、プー、プー、プー・・・」

    素っ気無い反応に「冷たいおっさんだなー」と思った。



    やがて所長は帰ってきて机のメモを見つけ支社のお偉方へ電話。

    所長はこちらの顔をチラチラ見ながら渋い顔で受話器に向かって「スイマセン」「スイマセン」と頭を下げている。

    受話器を置いたタイミングで所長の元へ。

    「もしかして、お偉方は山へ柴刈り・・・が気に入らなくて怒ってましたか?。スイマセンでした。今後気をつけます。次回はちゃんと『川へ洗濯に行きました』って言いますね。」

    「そこじゃねーよ!」 苦笑いしながらも突っ込んでくれるやさしい所長なのでした。



    それから一ヶ月が経ち、再び同じ局面が・・・・・。

    「プルルルル、プルルルル・・・」

    受話器をとると支社のお偉方で、「所長は?」

    「か・・・・・」 (『川へ洗濯に』と言いかけて、さすがにまずいと思い直した瞬間こう言ってた・・・)

    「カメに乗って竜宮城へ行きましたー」

    「プー、プー、プー・・・・」、電話は既に切れていた・・・・・




    ・・・・・ハッ!(゚д゚;) 恐ろしい初夢だった。



    悪夢を払拭するべく霊山へ行ってみた。

    前置き、長っ!





    「こどもの村」や「紅彩館」のあるメインの登山口から。



    ※登山口まで除雪されてましたが、所によっては凍結箇所もありますので運転にはより一層の注意が必要です。

    ※トイレは冬季閉鎖でした。

    ※誰もいないだろーと思ったら、1、2、3・・・・・、10台以上の車にびっくり。





    今日は長靴履いて出発!

    が・・・・・、凍った圧雪の上を歩いたらツルツルツルツルやたらと滑る。

    靴底見たら溝がほぼ無し。車へ戻って登山靴に履き替える。

    で、再出発!





    001_20190115155148aaa.jpg 002_20190115155150318.jpg

    今回は久々の歩きなので、のんびりと山の空気をたらふく吸い込むのが目的。





    003_20190115155151a06.jpg 004_20190115155153767.jpg

    この時期は葉っぱが無いから岩がよく見える。





    005_2019011515515434d.jpg

    登山道は下り(戻り=帰り)のスリップが怖いけど、ノーマル装備でも概ね良好でした。





    006_20190115155156858.jpg

    吾妻連峰はモヤモヤっとしてた。





    007_201901151551572fb.jpg 008_20190115155159797.jpg

    護摩壇はパスして、真っ直ぐ霊山城跡へ。

    見事な青空に何度も深呼吸。





    009_2019011515520002e.jpg

    霊山城跡で休~憩。

    風は無く、陽射しポカポカ。






    010_20190115155202c55.jpg

    西物見岩から半田山の眺め。





    011_20190115155235b32.jpg

    東物見岩(最高点)へ向かう道。





    012_201901151552368c0.jpg 013_20190115155238c1c.jpg

    冬の「蟻の戸渡り」は難易度アップ?/雲切岩





    014_20190115155239643.jpg 015_2019011515524108f.jpg

    最後に日暮岩へ上って眺めておしまい。





    016_20190115155242ff6.jpg

    新年早々悪夢にうなされましたが(^^;)、お陰様で無事にスタートが切れました。

    今年もこんな感じですが、よろしくお願いします。






    行ってみた日 2019.1.14






    この日の行程

    グルっと周って3時間(休憩55分含む)でした。

    霊山
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)霊山




    <感謝録>

    ●途中で何度かお会いした南相馬市のご夫婦
     こちら一人で黙々と暗い歩きになるところを、会う度にお話し出来て楽しく明るい登り初めとなりました。お付き合い下さりありがとうございました。