「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    残雪少なめ大滝根山 ~不飲不食登山~


    片づけや掃除は苦手なタイプ。

    大きい物は邪魔になるからと直ぐに捨てられる。

    が、その反面、小物は邪魔にならないからとため込んでしまう。

    部屋ん中には小さな引き出しのついた収納が多く、どれを開けても物がギッシリ・・・・・、なもんだから日常的に使う物はテーブルの上に出しっ放しで、とても他人様に見せられる状況ではなかったりする。

    大した広い部屋じゃないから一気に掃除すりゃ解決なんだけど、それが出来るような人間だったら苦労はしない。

    「でも・・・これじゃ駄目だなー」と思い、ある試みを初めてみた。

    それは「一日最低でも一つ、部屋にある何かを捨てる」という「一日一捨」。

    書き味の悪くなったボールペン、昔使ってたキーホルダー、書類一枚だっていいから何かしら捨てる!

    まだ始めて1週間ほど(^_^;)だから部屋に何の変化もないけど、空っぽの引き出しを夢見て頑張っております。

    まっ、そしたら又何かをため込むのが見え見えなんですけどね~。



    この、どーでもいい前置きとは全く関係ありませんが、今回は大滝根山へ行ってみた。





    001_2019031916032487b.jpg

    仙台平キャンプ場(仙台平登山口=標高約830m)から準備して出発!

     ※駐車場有、トイレ有(冬期閉鎖)





    002_201903191603258c4.jpg 003_20190319160327d57.jpg 004_201903191603289c6.jpg

    案内板を頼りに一度下って車道へ出て、再び登山道へ(標高約760m)。





    005_20190319160330fc6.jpg 006_20190319160331746.jpg 007_201903191603335ec.jpg

    杉林、唐松林、雑木林と歩いてく。





    008_20190319160334b2f.jpg 009_20190319160336e0d.jpg

    木立ちの先に大滝根の山影がチラリと見えて、ブナ平(標高約925m)を通過。

    この辺りから次第に傾斜がきつくなる。





    010_20190319160337d31.jpg 011_2019031916040670a.jpg

    稜線上には鎖場もあるので慎重に。

     ※巻道も一応有りますが、状況によってはそちらの方が怖いかも?





    012_2019031916040827f.jpg 013_20190319160409fb0.jpg

    登ってくと電柱が2本立ってる開けた場所へ。

    間もなく山頂って所でようやく雪道になるも、今年はかなり少ない。





    014_201903191604116a2.jpg

    で、山頂の峯霊神社。

    2年前は4月に来て、雪に埋もれてたっけなー。





    015_20190319160412732.jpg

    神社と言えば「神聖な気持ち」の筈が、隣にレーダーがあるから違和感しかない。





    016_201903191604145b1.jpg

    一等三角点(標高1,192.1m)は柵の中。

    何が何でも三角点にタッチしたい方は、航空自衛隊大滝根山分屯基地へ2週間前までに申請書を提出して許可を受けて下さいな。

    今年(2019)の1月22日にあの方も訪れてたようです(えっ!もう来てたの)。





    017_201903191604153b2.jpg

    レーダー基地だから、遠くから飛んでくるミサイル等を察知するらしい。

    自分だって遠くから飛んでくる花粉を察知する。もしかしたらこれって凄い能力なのかも・・・・・。(違います)



     ※この日は気温が低く風も殆ど無し、と恵まれ、我が花粉センサーは全く反応せずで良かった良かった(^^)v





    018_20190319160417fe1.jpg

    梵天岩の上へ。





    019_20190319160418cec.jpg 020_201903191604205ed.jpg

    基地の構造物を眺める。





    021_20190319160451f21.jpg

    曇天の中、薄っすらと飯豊連峰を確認。

    左端のトンガリは磐梯山の子分(櫛ヶ峰)、右の裾野は和尚山。

    他にも親分(磐梯山)や安達太良、吾妻、南蔵王等を確認しましたー。





    022_20190319160452523.jpg 023_2019031916045491b.jpg

    電柱2本の所まで戻り、「石ポッケ、ペラペラ石」方面へ。





    024_201903191604553f2.jpg

    でっかいパラボラアンテナ。

    2つあるから「BS」と「CS」だろうか・・・・・。(多分どちらでもない)





    025_20190319160457129.jpg

    滝根子白井ウインドファーム

    左に写る岩の辺りが「石ポッケ」なんだそうです。



    ホントはペラペラ石や阿武隈高地No2の高塚山まで足を延ばす予定だったけど、スタート時間が遅かったし天候も怪しいし、それらの場所を確認出来る所まで行って今回は戻ることに。





    026_20190319160458a3e.jpg 027_20190319160500e46.jpg

    ダーーーーっと登山口へ戻り、稲荷神社に参拝して山歩きはおしまい。



    今回はなんと!水もお菓子も口にせず飲まず食わずで歩き切った。

    そんな威張れるほど長い時間じゃありませんけどね~(たった2時間半)。

    たまーに、こんなこともしてみたくなるんですなー。



    この後、入水鍾乳洞近くの星の村ふれあい館で入浴(入浴のみ¥400:沸かし湯)、さっぱりして帰りましたとさ。





    行ってみた日 2019.3.17





    この日の行程

    仙台平キャンプ場⇒(37分)⇒ブナ平⇒(37分)⇒大滝根山山頂⇒(3分)⇒梵天岩⇒(5分)⇒電柱下分岐⇒ペラペラ石方面散策(15分+休憩10分)⇒電柱下分岐⇒(15分)⇒ブナ平⇒(28分)⇒仙台平キャンプ場

    以上2時間30分(休憩10分含む)の行程でした。 歩行距離約7.2km


    大滝根山
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)大滝根山




    <感謝録>

    ●電柱下の分岐で会った男女ペア&その先で会った男女ペア
     ペラペラ石や石ポッケの情報ありがとうございました。今後の参考にさせて頂きます。