「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    隠津島神社の木幡山と眺望抜群!福沢羽山 ~花粉症再発~


    二週前、霊山で白いカモシカと出会った。しかも2頭。その時は「何かいいことあるかなー」とワクワクしていたが・・・・・。

    「はぁーーーーー」(溜め息)

    あれから、やることなすこと失敗続きで、裏目裏目で、ボコボコに凹んでいる(内容は大したこっちゃないので割愛してますー)。

    見ず知らずのおっさんからこんな風に愚痴られちゃ、カモシカさん達もたまったもんじゃない。

    まっ、長く生きてりゃこんな時期もあるか。



    てなこと言いながら、今週も山へ。

    厄払いってわけじゃないけど、なんとなーく神社のある山がいいかな?と思い立ち、二本松市(旧東和町)と川俣町の境にある木幡山へ行ってみた。




    001_20180325142344636.jpg

    二本松市の旧東和町側から見た木幡山(ホントの山頂は見えてない)。



    旧東和町内に入ると「隠津島(おきつしま)神社」の案内板があるので、それに従って進めば着くはず・・・・・多分。

    ※隠津島神社:福島県人には例年12月初旬の「木幡の幡祭り」でお馴染み

     詳しくはこちらへ⇒木幡山隠津島神社のサイト




    002_2018032514241184b.jpg 003_201803251424065f9.jpg

    一の鳥居を右に見て、車道を300mほど行くと・・・・・、




    004_20180325142442480.jpg

    左手に公園があって右手が駐車場(トイレ無)。




    005_20180325142410a4f.jpg

    位置関係はこんな感じ⇑

    林道木幡山線(舗装路)を経て図中央の手水舎のある駐車場(トイレ有)から登る(参拝する)のがお手軽です。

    トイレは第一社務所西側にも有ります。

    木幡山山頂は図左上の木幡山経塚群の北にあります。




    006_20180325142449efc.jpg

    遙拝殿に手を合わせ、出発!




    007_20180325142455e86.jpg 008_20180325142448305.jpg

    大きな杉に囲まれた二の鳥居から参道へ。

    現在は上の駐車場から歩く方が多いためか、少々荒れ気味の道。

    落石、倒木にご注意下さい。




    009_201803251425096e8.jpg 010_201803251424584d8.jpg

    やがて林道木幡山線に出て横断し少し登ると、上の駐車場からの参道(階段)と合流。

    東屋の先から展望台へ。




    011_20180325142812976.jpg

    安達太良~♪

    通常、「展望台」って書いてあっても余り見えなかったりするもんだけど、ここは良い眺め~♪




    012_20180325142851950.jpg

    那須連峰も見えた~。



    で、この展望台から「大杉&門神社」に直登(この道は急坂です)。




    013_2018032514290100d.jpg

    木幡の大杉

    樹齢約700年だそうな。この木の立ってる場所が凄い。よくこんな場所で(行くとわかります)でっかく(大きく)なったもんだ。

    人間(この場合は特に私か?)、自分の出来の悪さを何かと育った環境のせいにしてしまいがちだけど、「そうじゃないんだよ」ってこの大杉が言ってる気がする。




    014_201803251429449a8.jpg

    大杉の傍にある元享元年(1321年)の板碑、後方は吾妻連峰。

    年代的には約700年前なので大杉の樹齢と合致してる。

    板碑造立時、一緒に植えたのかなー???




    015_20180325142900cca.jpg 016_2018032514294977e.jpg

    ちんぷんかんぷんの頭で当時の歴史を考えながら行くと、鮮やかな朱色の塔が見えて来る。

    ※この時点で考えてた歴史は頭の中からどっかへ葬り去られてます。




    017_201803251429144fe.jpg

    隠津島神社三重塔

    月並みだけど、よくぞまー電動工具の無い時代に・・・・・、凄い!




    018_20180325142935497.jpg

    本殿(拝殿)へ続く急勾配の階段。踊場を境にして、何故か手摺は左から右へ。




    019_20180325142946a48.jpg

    隠津島神社拝殿

    現在の拝殿は寛政六年(1794年)、本殿は寛政十二年(1,800年)に完成したとの事。




    020_201803251429495bc.jpg 021_201803251719595e8.jpg

    龍の彫刻/獅子と像の木鼻




    022_20180325171947184.jpg

    拝殿の西側を行くと小さな御社が並ぶ。

    社(やしろ)好きな方には堪(たまら)らない展開?

    思わず口遊む(くちずさむ)。

    「お酒はぬるめの燗がいい~ 肴はあぶったイカでいい~ ジャジャジャンジャジャジャン しみじみー飲めばー、しみじみとぉーーー♪」



    ・・・・・「それ、違うやしろだね」 (;゚Д゚)




    023_20180325172015d3b.jpg 024_20180325172044e86.jpg

    並んだ御社の西端から「経塚」へ向け登って行く。

    ここから登山道らしい道&急勾配。




    025_20180325172049025.jpg

    登った先にある「木幡山経塚群(蔵王経塚)」

    ※経塚:経典を埋納した塚

    案内板横の道を行くと、もこもこっとした塚の跡があった。




    026_20180325171950a0f.jpg 027_2018032517205684f.jpg

    羽山神社方面へ、松林を行く。




    028_201803251721004b5.jpg 029_201803251721027ec.jpg

    経塚から6~7分。ちょっと開けて木幡山山頂(標高666.1m)。

    三角点が有り、看板が横たわってるだけのシンプルな山頂で眺望は無い。




    030_201803251721145f2.jpg 031_201803251724027a0.jpg

    キレイな杉林を降って登り返すとカラッとした雑木林の道。




    032_201803251723220d4.jpg 033_20180325172308d96.jpg

    ちょっと行くと福沢羽山山頂(標高607m or 613m)

    ※大綱木への分岐有り

    葉の無い今の時期はちょっとだけ見晴らしがある。




    034_201803251723505cf.jpg 035_201803251723311d0.jpg

    山頂から北へ5、6分降ると、パッと開けた場所に出る。

    ここが福沢羽山山頂広場(仮称)らしい。

    ※右の画像の右奥の杉林の所が羽山神社です。



    眺めがとーーーーーーーーーーっても良い場所だった!




    036_20180325172344993.jpg

    安達太良、吾妻が一望!




    037_201803251723297d6.jpg

    安達太良連峰のみなさん




    038_201803251723547ea.jpg

    安達太良山




    039_2018032517235817b.jpg

    吾妻連峰(東部)のみなさん




    040_20180325172356ac1.jpg

    山形県境の山々




    041_20180325172511a3d.jpg

    北方向の眺め(南蔵王から左)




    042_2018032517252598c.jpg

    南蔵王のみなさん




    043_20180325172459078.jpg

    北方向の眺め(南蔵王から右)



    ちょっと見えにくいので確認のため⇓




    044_20180325172533df4.jpg

    大東岳




    045_20180325172528906.jpg

    船形連峰




    046_20180325172531e01.jpg

    泉ヶ岳と北泉ヶ岳(左)




    047_20180325172519f6b.jpg

    南には那須連峰も確認。



    天候に恵まれ、眺めを存分に楽しんだ。




    048_201803251726033ee.jpg 049_20180325172556abc.jpg

    羽山神社/川俣の町並み


    休憩を終え、予定では大畑口へ降り、林道を歩き日吉神社から登り返し、再びここへ戻って来るつもりだったけど・・・・・

    「ヘックション!」「ヘックション!」「ヘックション!」もひとつおまけに「ヘックション!」

    ここ2、3年なりをひそめていた花粉症が再発したらしい。

    ここまであれだけ杉の木の下を歩いて来て何とも無かったのに、ここで発症しますか?

    目はゴロゴロ、鼻はクシュクシュで、もー散々。




    050_20180325172605ad8.jpg 051_201803251728036e2.jpg

    一刻も早く顔を洗いたいので、「ハァ、ハァ、ハァクショ~ン!」特大のくしゃみを麓の集落に響かせてから、とっとと帰る(戻る)。




    052_20180325172820139.jpg 053_2018032517282923b.jpg

    往路で言いそびれたけど、途中枝葉越しに口太山(左写真)や花塚山が見えたり見えなかったりします。



    隠津島神社の境内まで戻る。




    054_20180325172738a44.jpg 055_2018032517272689c.jpg

    鐘楼/第一社務所


    鐘を撞こうかと思ったけど、余韻で鼻水が溢れ出そうなので却下。




    056_20180325172713f2b.jpg 057_2018032517275412d.jpg

    福寿草/猫の目草

    春だね~・・・・・、「クシュン!」これも春か・・・・・。




    058_20180325172758372.jpg 059_20180325172822c45.jpg

    二の鳥居を抜けゴール!



    木幡山隠津島神社の大杉や建造物、そして福沢羽山からの眺め。

    低山ではありますがどちらも他には無い物が有り、素晴らしいお山でした。

    是非一度お出掛け下さい。








    あーあ、今月は踏んだり蹴ったりの一ヶ月だった。月が替われば「つき」も変わることを期待して4月を待とう。かみ過ぎてガッサガサになった鼻を気にしながらそう思った。





    行ってみた日 2018.3.24





    この日の行程

    駐車場⇒(40分)⇒隠津島神社本殿(休憩5分)⇒(20分)⇒木幡山山頂⇒(20分)⇒福沢羽山山頂広場(休憩35分)⇒(60分)⇒駐車場

    以上3時間(休憩40分含む)の行程でした。

    木幡山、福沢羽山
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)木幡山