「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    Category

    宮城県の山 1/4

    水引入道からの南蔵王 ~休み休みの紅葉三昧~

    3年前のこと、水引コースを経て不忘山周回の予定も、暴風に阻まれ水引入道止まりだった。あの時から、あの急登(水引コース)を二度と登る事は無いと思ってた・・・・・筈だった。時の流れは不思議なもんで、辛い記憶を忘れたのか、ただの怖いもん見たさか、よくわからないままに再び行ってみた。国道4号から折れ、鎌先♨経由でみやぎ蔵王白石スキー場へ。秋晴れが広がる中、見えてきた南蔵王は雲を集めてて「アレレ・・・」ってな...

    •  0
    •  -

    初秋の蔵王烏帽子岳 ~秋暑のち秋寒~

    台風一過の日曜日。蔵王連峰の東、前烏帽子岳、後烏帽子岳へ行ってみた。遠刈田温泉辺りから「えぼしスキー場」の看板に導かれ山懐へ入ってく。進んでくとスキー場のゲート(夜間通行止め、PM5:00~AM8:00)が有り、その手前左に登山口と駐車スペース(除雪用かも)。トイレは無いので営業時間ならばスキー場、福島県側から行った場合は秋山沢の公衆トイレ等かなー。えぼしスキー場のゴンドラ(ロープウェイ)の運航日、運行時間を...

    •  2
    •  -

    須川温泉からの栗駒山 ~待つのも登山~

    今回は暗い時間に起きてちょっと遠出。宮城岩手県境&一部秋田県にも跨る栗駒山(須川岳=岩手県側の名称)へ行ってみた。ずーっと下道(一般道)で行くもんだから、長ーい道中の小ネタでもう一記事書けそうなのをグッとこらえて割愛。「ブーン」(今の車はこんな音しません)、一路秋田県側の須川湖に着いた。当初は須川湖から車道を歩き須川温泉から栗駒山、下山は秣(まぐさ)岳経由と周回しようと思ってた。が、辺りは濃い霧、...

    •  0
    •  -

    花咲く道を不忘山へ ~硯石から再び~

    ひと月ばかり前のこと。硯石から不忘山を目指したものの、山頂1km手前で冷たい強風に煽(あお)られ尻尾を巻いて逃げ帰った。花咲く不忘山へ向かうも・・・  ~硯石から挫折編~ 2017.5.28なもんで、再び硯石から不忘山へ行ってみた。今回は用意周到、尻尾は外して部屋のタンスに閉まってきた。これで尻尾を巻いて帰る心配は無い。・・・・・、何か違う気がする。ちょっと霞みがかった不忘を見ながら硯石(南蔵王)登山口に到着...

    •  0
    •  -

    花咲く不忘山へ向かうも・・・・・  ~硯石から挫折編~

    先週、三方倉山へ行く途中に見た水田に映る南蔵王。その印象が強く残ってたし、「そろそろ花も咲き始めたかなー」なんて思いもあって不忘山(画像左端)へ行ってみた。今までは刈田峠か白石スキー場から歩いてたけど、今回は硯石からのチャレンジ・・・、と言った割には、朝からボーっと運転してたもんだから、気付いたらスキー場に向かってて、慌てて進路変更するも無駄に遠回りしてしまう。そんな自分に嫌気が差したのか不忘山は...

    •  4
    •  -

    緑と風と三方倉山 ~標高971.1(急ないい山!)m~

    「ふぅーーーーー・・・・・」、約20日振りの更新。ゴールデンウィークの後半、ブログの更新が追いつかないぐらいにいっぱい歩こうと企んでたら、喉痛から始まり、頭痛、鼻炎と見事なまでの風邪の症状。1日で治す気満々で居たら連休明けまで治らず・・・。しかも鼻炎に関してはこの後10日ぐらいお付き合いさせられた。風邪は万病の元、皆様もお気をつけ下さい。「俺の連休返してくれ~~~」(´;ω;`)ウゥゥ今回はその幻の連休?に行...

    •  0
    •  -

    二口山塊大東岳と奇勝北石橋 ~行く秋~

    仙台の奥座敷秋保温泉の更に奥にある大東岳は、ニ度(どちらも春)しか登ってないけどお気に入りの山。登山キャリアの浅い自分が言うのはおかしいですが、歩き中に山登りの色んな要素が体験出来てしまうモデルコース的な道だと(勝手に)思っている。そんな大東岳の秋を体感したくて三度(みたび)行ってみた。秋保温泉から西に向かって登山口に到着。(駐車場はここ登山口とビジターセンター向かいとキャンプ場下の中小屋駐車場等...

    •  0
    •  -