「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島からの山歩き紹介ブログです。

    Category

    尾瀬周辺 1/3

    御池から三条ノ滝と燧ヶ岳 ~二兎を追う者~

    「夏が来れば思い出す~遥かな尾瀬~♪」そんなにタイミングよく思い出すかねーなんて思ってたけど、ここんとこの耐え難い暑さに「三条ノ滝」の圧倒的な迫力と涼しさが浮かび上がる。「よし、行こう!」「どーせなら燧ヶ岳も登るかー」と、余計な思いつきも携えて3年振りに尾瀬方面へ行ってみた。まずは福島県の南西の端、檜枝岐村へ。毎度思うが、我家からは同じ福島県内とは思えないぐらい遠い道のり。数えきれない欠伸を重ね、よ...

    •  4
    •  0

    山開きの三ツ岩岳&窓明山 ~くわばらくわばら~

    先週に引き続き・・・、突然ですが「窓明山は男性でしょうか?女性でしょうか?」答えは後ほどってことで。2年前(2015)の真夏に登った三ツ岩岳。あの時は暑さにやられて三ツ岩岳のみで窓明山へは辿り着けなかった。真夏の三ツ岩(三岩)岳 ~旧道の急登に汲々とする~ 2015.8.1「いつかは」と思ってて、涼しくなる秋まで待とうと考えたけど、人が多い「山開き」なら挨拶したり言葉交わしたりで他人様の見えない力で乗り切れる...

    •  0
    •  -

    冬が近づく会津駒 ~四度目の正直~

    3年連続登ってる会津駒ヶ岳。一年目と三年目はガスガスで真っ白。二年目は前半ガスって、粘りに粘って後半ちょっと晴れと気持ち的には2敗1分け。さすがに3敗目は避けたかったので「絶対に晴れる!」って日を待ちに待ち、予報の降水確率に0(%)がコロコロ並ぶ10月15日に行ってみた。いつもの場所で車中泊し南会津町から檜枝岐村へ向かう。道路に設置された温度計が5℃・4℃・3℃・・・・・と、カウントダウンを始める。檜枝岐に入る...

    •  2
    •  -

    Challenge The 平ヶ岳! ~遠き楽園~

    子どもたちは夏休みに入ったらしい。自分が子どもの頃の夏休みと言えば、時間を持て余し、結局はダラダラと過ごした毎日。今になって思う、もっと色んなことに挑戦しとけば良かったと・・・・・。あの日あの時あの夏休みを取り戻せる訳じゃないけど、「挑戦」の気持ちを携えて平ヶ岳へ行ってみた。檜枝岐村から国道352号で只見川に架かる橋(金泉橋)を渡り新潟県へ。その橋(県境)から2km弱で平ヶ岳(鷹ノ巣)登山口の駐車場が・...

    •  4
    •  -

    燧ヶ岳と大江湿原 ~幸運な一日~

    今年は尾瀬、檜枝岐界隈に数多く足を運びたいなーと思ってたけれど、結局は5月末に燧裏林道を歩いたっきりで、7月2週目にしてようやく2度目・・・・・御池(みいけ)から燧ヶ岳へ行ってみた。夜半まで降り続いた雨は上がったが、奥会津の山々は雲に隠れたまま。檜枝岐の中心部から御池に向かうと見えてくる筈の燧ヶ岳も全く姿が無い。5時前、御池に到着(駐車場¥1,000/回)。気温は15℃程で西風が少々冷たい。上空は白と青がせめ...

    •  2
    •  -

    三条ノ滝&ちょっとだけ尾瀬ヶ原 ~燧裏林道を行く~

    今年は檜枝岐界隈に多く足を運びたいなーと思ってて、その初っ端に御池(みいけ)から尾瀬ヶ原へ行ってみた。(昨年は山形方面へ多く行きたいと思ってた割には5回と中途半端な数、今年も気合いの割には檜枝岐へそれ程行けないかも?なので期待しないで下さい。)現地に着いての体調やら天候やらを確認してから歩くコースを決めたかったので、御池には沼山峠行きのバス(¥520)の始発時刻5:30(※6/1~8/15は4:30)前に到着。駐車場...

    •  2
    •  -

    真夏の三ツ岩(三岩)岳 ~旧道の急登に汲々とする~

    国道352号を桧枝岐村へ向かうと、小豆温泉手前の「ふくしま国体山岳競技コース」の看板がいつも気になっていた。通過する際にはスピードを緩めて、「いつかは歩いてみたいなー」って思いながら眺めてた・・・・・・・・・・行ってみた。国道のスノーシェッド内から小豆温泉窓明の湯(現在休業中)へ折れたところが駐車場(バス停有・トイレ無→檜枝岐スキー場前のトイレまで車で約10分)。朝6時頃で他の車は2台・・・・・「今日は静...

    •  2
    •  -