「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    燧ヶ岳 尾瀬沼~沼山峠~御池



     長英新道を下りきった、つづきです。




    001_20130926111835eb8.jpg

     尾瀬沼の周回に出ますが、水辺までは少し距離があります。

     



    002_20130926111835d6c.jpg

     ナデッ窪と長英新道の分岐から、4.2km、約2時間、人と会っていない。

     この道まで来れば、人が多くて賑やかかなと思ってましたが。予想に反して誰もいない・・・・・。

     マイナーな山の道ならよくあることですが、いくら平日とは言ってもここは尾瀬。

     ちょっと不気味に感じます。


     

     

    003_201309261118347d0.jpg

     大江湿原まで来ると、人の姿が‼。

     「オーイッ!」とは、さすがに叫びませんでしたが、なんかホッとした。





    004_20130926111833570.jpg

     湿原の小川には雲が写り、それを水中の魚がつついている。

     ワタアメでも食べてるつもりだろうか・・・・・。





    005_20130926111832459.jpg

     こちらには濃紺の空が写り、吸い込まれそう。

     しばらくこの場を離れたくない気持ちになる。

     が、時間は止まってくれない。

     



    006_20130926111830261.jpg

     丁字路を右に折れ、ビジターセンターへちょっと寄り道して行きます。

     森の向こうに燧ヶ岳が見えてきた。

     結構遠くに見えたので、驚いた。

     我ながらよく歩いてきたものだ。






    007_20130926112028e8f.jpg

     この後、トイレ(チップ制)、ビジターセンター、売店とハシゴして沼山峠へ向かいます。

     2リットルの水分を消費したにもかかわらず、約7時間ぶりのトイレに首をひねる。

     ほとんどが汗になって蒸発してしまったようです。

     どうりで上空に雲が出始めた訳だ・・・・・、そんなに蒸発しない。





    008_20130926112027b2a.jpg

     尾瀬沼は水鳥たちが遊び、キラキラ光って素敵だった。


     今回、山小屋に1泊して、燧ヶ岳と尾瀬ヶ原を回ろうかとも思ったけど、両方行くと、頭の中がいっぱいになってしまい、感動が薄れるような気がして、燧ヶ岳のみにした。

     この選択は自分には正解だったと思う。

     だって、この時点で感動で頭がいっぱいだから・・・・・。





    009_201309261120277b0.jpg

     燧ヶ岳とここでお別れ。

     マラソン選手がゴール後、一礼するように、山へ向かい一礼する。

     素晴しい景色、素晴しい天気、体の無事、ありがとうございました。





    010_201309261120268ac.jpg

     見送ってくれる、三本カラマツにも別れを告げる。

     又、来ま~す。





    011_20130926112025a05.jpg

     草紅葉の大江湿原を独り占めして歩いていく。

     こういうのを、贅沢の極みと言うのだろうか?





    012_20130926112024576.jpg

     湿原から森へ入るところでは、紅葉が始まっていて、急いで帰ろうとする脚を引き止める。

     ついついカメラを向けて、時間を使う。




    013_2013092611215777a.jpg

     森に入ると薄暗くなり、人がいない広い木道はクマが居そうで少し怖く感じる。

     外していたクマ除け鈴を付け直して、木道を叩くように歩いていきます。



     

    014_20130926112156293.jpg

     尾瀬沼から1時間、沼山峠のバス停に到着です。

     バスは30分間隔で出ているはず・・・・・、停留所の案内を見ると次は27分後で、3分前に出たばかりのようです。

     ベンチでアイス(山価格350円)を食べながらバスを待ちます。

     やがてバスが来て、乗り込み、10人ほどの方々と御池へ向かいます。

     出発前、地震やらなんやら、この日は色々あったと書きましたが、更にもう一つ。

     9月20日は「バスの日」でもあり、数(十)年ぶりに乗った路線バスがこの日と重なったことに、ささやかな喜びを感じて、御池に到着(大人500円:約20分)です。





    015_20130926112155c34.jpg

     駐車料1,000円を支払い(ゲート式)、領収証を取ります。

     領収証には、「桧枝岐村の旅館や民宿に泊まる方は、宿泊先へ持参すると払い戻しします。」的な事が書いて有りました。

     いつまでの試みか分かりませんが、領収証を取るのをお忘れなく。



     この後、無事帰宅して燧ヶ岳への山歩き終了です。

     ~おしまい~






    行ってみた日 2013.9.20






    全行程

    御池⇒(50分)⇒広沢田代(休憩5分)⇒(45分)⇒熊沢田代(休憩10分)⇒(1時間20分)⇒俎嵓(休憩1時間)⇒(20分)⇒柴安嵓(休憩10分)⇒(20分)⇒俎嵓⇒(20分)⇒ミノブチ岳分岐⇒(5分)⇒ミノブチ岳展望所(休憩5分)⇒(1時間40分)⇒尾瀬沼分岐⇒(20分)⇒尾瀬沼ビジターセンター(休憩10分)⇒(55分)⇒沼山峠(休憩25分)⇒(バス20分)⇒御池

     以上9時間20分の行程でした。

    燧ケ岳1
    地理院地図(電子国土Web)より

    燧ケ岳2
    地理院地図(電子国土Web)より

    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)尾瀬沼

     

     


    詳しくはこちらへ⇒尾瀬檜枝岐温泉観光案内所









    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply