「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    花咲く道を不忘山へ ~硯石から再び~


    ひと月ばかり前のこと。

    硯石から不忘山を目指したものの、山頂1km手前で冷たい強風に煽(あお)られ尻尾を巻いて逃げ帰った。

    花咲く不忘山へ向かうも・・・  ~硯石から挫折編~ 2017.5.28



    なもんで、再び硯石から不忘山へ行ってみた。

    今回は用意周到、尻尾は外して部屋のタンスに閉まってきた。これで尻尾を巻いて帰る心配は無い。

    ・・・・・、何か違う気がする。






    001_20170626151443bce.jpg

    ちょっと霞みがかった不忘を見ながら硯石(南蔵王)登山口に到着。



    硯石登山口(標高約720m)

    路肩駐車6~7台(この日は6:30頃で1台、下山時6台)

    トイレは登山道を100m程行った先に一応有り(非水洗&水道無)
    近くだと不忘平和記念公園にも有り(水洗&水道有)






    002_20170626151447986.jpg 003_20170626151548586.jpg 004_20170626151511436.jpg

    4km先の不忘山を目指して出発!

    最初は平坦な道で足取りも軽い。

    が、早速「プ~ン」と蚊の歓迎を受ける。






    005_20170626151437127.jpg 006_20170626151507456.jpg

    エゾアジサイ(蝦夷紫陽花)/ギンリョウソウ(銀竜草)






    007_20170626151537712.jpg 008_20170626151534400.jpg

    平坦からいきなりの急登。

    結構長ーく感じる。

    おまけに風が無く蒸し暑い。






    009_20170626151529c55.jpg 010_20170626151554a55.jpg

    ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)・・・多分。

    急登が終わり平坦な道に、・・・・・メリハリのきいた登山道。

    少し風が出て蚊から解放されたと思ったら・・・、今度は「ブーン」とブヨ(蚋=ブユ)の歓迎を受ける。






    011_20170626151943767.jpg 012_201706261520334fc.jpg

    辺りはエゾハルゼミ(蝦夷春蝉)が「ギーギーヒャーヒャー!」と賑やかで、こちらも大歓迎ムード。

    「あなた達はトンボみたいに蚊やブヨを捕らないんですか?」

    返事は無い・・・・・ムシだけに
    (;゜0゜)






    013_20170626151954924.jpg 014_20170626152010128.jpg

    サラサドウダン(更紗満点星)






    015_20170626152027977.jpg 016_20170626152034480.jpg 017_201706261520468cd.jpg

    平坦な道が終わると岩の多い登りに。

    花々も多くなる~♪

    ササバギンラン(笹葉銀欄)






    018_2017062615202637e.jpg 019_201706261520370d7.jpg

    タニウツギ(谷空木)/ナナカマド(七竈)






    020_201706261520477c2.jpg 021_201706261522187c3.jpg

    ハクサンチドリ(白山千鳥)/ヒロバヘビノボラズ(広葉蛇上らず)

    ヒロバヘビノボラズの枝はトゲだらけ~。だからアイツも上らないだろうと、この名前らしい。






    022_201706261522292d5.jpg 023_20170626152243d72.jpg

    ミネザクラ(峰桜)の実/ベニサラサドウダン(紅更紗満天星)






    024_201706261523200d0.jpg 025_201706261523172bf.jpg

    道はガレ場に入り、前回引き返した「山頂まで1km地点」。






    026_201706261523226eb.jpg 027_20170626152327f2f.jpg

    隣の稜線が見え、その先を辿(たど)ると不忘山頂(左の画像右端)が見えた。

    見えてからが結構遠い・・・・・。






    028_201706261523199c9.jpg 029_20170626152329581.jpg

    言われなくても頑張ってるつもりだけど、歩みは亀以下・・・。

    (右の画像の岩が、自分の目には亀っぽく映った)






    030_20170626152335457.jpg

    振り返ると霞の向こうに蛤山。






    031_2017062615251296e.jpg 032_201706261526123ea.jpg

    イワベンケイ(岩弁慶)/不忘山は目の前。






    033_20170626152547463.jpg 034_20170626152600ac0.jpg

    不忘の碑

    ここで白石スキー場からの道と合わせる。






    035_20170626152601d69.jpg

    にらみ合う魚と蛙(カエル岩)。

    背後に見える川原子ダムの水をめぐる争いが未だに続く。(自分の勝手な想像です)






    036_201706261526193e9.jpg 037_20170626152545074.jpg

    ハクサンイチゲ(白山一花)/ミヤマキンバイ(深山金梅)






    038_2017062615261758c.jpg 039_201706261526231e7.jpg

    ハクサンイチゲ(白山一花)

    かなり終盤の様でしたが見られて良かった良かった。






    040_20170626152623243.jpg

    「屏風」の眺め






    041_2017062615274887f.jpg 042_2017062615282916b.jpg

    不忘山頂(標高1,705m)
    \(^o^)/

    コースタイム通りの約3時間で着いた~。

    で、この日は南屏風岳まで行くつもりだったから、神社に手を合わせてからそちらへ向かう。






    043_20170626152901fba.jpg

    南屏風へ続く道を眺めて・・・・・、ん?風に違和感有り。

    ここまでどこか蒸し暑さを感じる空気に覆われてたのに、谷からは冷たい風が吹き上げる。

    下界では30℃近い予想最高気温なのに、風が冷た過ぎる。

    「こりゃ、曇るなー、場合に寄っちゃ雷も・・・」なんて頭に浮かんじゃったから、不忘山頂へ戻り待機(休憩)にします。






    044_20170626152815584.jpg 045_201706261528383d7.jpg

    タカネバラ(高嶺薔薇)/コメバツガザクラ(米葉栂桜)かな?






    046_20170626152838c0c.jpg 047_20170626152827efc.jpg 048_20170626152856838.jpg

    ユキワリコザクラ(雪割小桜)は終盤。

    風が冷たい谷沿いのハクサンイチゲは今が盛り。

    ミヤマキンバイの隣で早めのランチ。



    暫くして登山口で挨拶を交わした方が登頂。

    ここまで歩いて来た登山道を互いに振り返って楽しいひと時。






    049_20170626152859e9f.jpg 050_20170626152854405.jpg

    歩いて来た道を見てたら谷からガスが上がってきて、やがて真っ白に。

    振り返ると西の谷からも一気にガスが押し寄せる。

    それでも上空に青い部分も有り、時折陽も射すのでちょっと粘ってみる・・・。






    051_20170626153028273.jpg

    ・・・・・が、南屏風への道が消えてゆく(見えなくる)。

    上空も真っ白になり、この更に上で雲が発達してたら怖いなーってことで南屏風は諦めて下山開始。



    まだ昼前だったこともあり、登って来られる方も多い。

    この日は女性グループが特に目立って華やかな雰囲気。

    「美人」が登ると山が嫉妬してガスる的なことが言われるけど・・・・・、すれ違った女性グループを振り返る。

    ・・・・・微妙な間(ま)・・・・・

    ・・・・・「な、な、なるほどー」(^_^;)、納得して歩く。






    052_201706261531022d1.jpg 053_201706261531315b8.jpg

    同じ道を「ザザーッ」っと滑らないように戻る。

    この後、大仕事をこなさなきゃならんので怪我は出来ない。






    「エイ!ヤー!トー!」

    「バキッ!グフッ!ジャキーン!ボフッ!グワッキーーーン!」






    054_20170626153107097.jpg

    見事ヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治!

    気分はスサノオノミコト~(須佐之男命)!!

    これで麓の村にも平和が戻って、めでたしめでたし。



    あんたの言ってた大仕事ってこれのことですか?

    まだオロチの目が×になってませんけど大丈夫ですか?

    あんたの頭の中身も大丈夫ですか?






    055_20170626153109ddb.jpg 056_20170626153146884.jpg 057_20170626153141e63.jpg

    登山口に戻る頃には陽射しも戻って暑~。

    下山後、鎌先温泉(最上屋旅館入浴のみ¥500)の湯(この日は熱めでした)で汗を流したつもりが、更に汗だくになって無事帰宅。



    硯石からの道は急な登りもあるけれど、それを越えた先の花々&眺めが抜群!

    達成感があって又歩きたくなる道でした。






    行ってみた日 2017.6.24






    硯石登山口⇒(2時間35分)⇒不忘の碑⇒(15分)⇒不忘山(休憩1時間25分)⇒(10分)⇒不忘の碑⇒(1時間20分)⇒硯石登山口

    以上5時間45分(休憩1時間25分含む)の行程でした。



    不忘山
    地理院地図(電子国土Web)より



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)不忘山









    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント一覧 0

    コメントフォーム