「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    春待月の日山(天王山) ~枯葉と競争~


    昨年は登り納めに行ってみた日山(天王山)。

    今年は年末ギリギリまで登っていたいと思いつつも、「そろそろ納めの季節だなー」なんて思いながら、再び行ってみた。



    まずは二本松市の南東部(旧岩代町東新殿)、国道349号線沿いの道の駅「さくらの郷」へ。




    001_20170423103618e3c.jpg 235.jpg

    さくらの郷周辺にはその名の通り、「合戦場のしだれ桜」をはじめとした桜の名所が数多くありますし、「杉沢の大スギ」の様なパワースポットもありますので、お立ち寄り頂ければ幸いに存じます。

    合戦場のしだれ桜⇒(2012)、(2013)、(2015)、(2017

    杉沢の大スギ⇒(2012



    (^_^;)ネタが無いので、観光案内を織り交ぜてから日山へ。

    さくらの郷から国道349号を南へ300m進み、左折して国道459号(浪江方面)へ入る。

    途中、日帰り湯の名目津温泉入口をチェックしながら進むこと道の駅から約8kmで、右側に日山(パークゴルフ場、キャンプ場)の入口。

    その道を行くと、約2.5kmで田沢登山口のあるパークゴルフ駐車場に到着。



    ※道路はところどころ凍結箇所有り。スリップ注意!

    ※駐車場にトイレ有り。冬期は蛇口から水が出ません。




    001_201712191538248fe.jpg

    管理棟の左にある案内板の裏が登山口(標高約640m)。

    案内板の上に、山頂から見える富士山の写真が載ってます。

    日頃の行いとか、運とか、天候とか、条件が揃えば、約300km先の富士山が見えるそうです。

    今回で4度目の日山だけど、最初の条件がクリヤー出来ないから自分にゃ無理無理。




    002_2017121915384035a.jpg 003_20171219153827116.jpg

    準備してしゅっぱーつ!

    ウサギや小鳥の足跡を見つけては目を細め、緩やかな道を行く。




    004_20171219153927ddc.jpg 005_201712191539022fe.jpg

    上空はゴーゴーと強い西風も、陽射しがあって然程(さほど)寒さを感じずに水神様到着。

    ここからちょっとキツイ登り開始。




    006_20171219153839d13.jpg 007_20171219153922c76.jpg 008_201712191539133ab.jpg

    高度を上げるに連れて雪の量もアップ(5~15cm)。

    背後からピューッと吹く風に乗って、枯葉が軽やかに追い越して行く。

    少し先で止まった枯葉を追い越すも、又ピューッと追い越される。

    枯葉に遊ばれてる間に・・・・・、




    009_20171219153911ad0.jpg

    日山山頂(標高1,057m)!




    010_2017121915392949e.jpg 011_20171219154125823.jpg

    三角点(標高1,054.2m)は葛尾側の少し奥まったところにあります。




    012_2017121915412096e.jpg 013_20171219154119760.jpg 014_201712191541252e5.jpg

    山頂には神社が3社。鳥居も三者三様。ん、この場合三社三様か?

    ネタ的には三者三振スリーアウトチェンジ!・・・・・次の回頑張ろー。




    015_2017121915413513c.jpg

    山頂の様子。

    富士山のお姿は、とても見えそうに無いので展望台には上がらず。

    で、さっそく茂原登山口方面へ下山開始。




    016_20171219154127c0d.jpg 017_20171219154154f93.jpg

    旭神社の鳥居から胎内くぐりの岩へのルート。

    急斜面を行くと岩穴発見!




    018_20171219154200062.jpg 019_2017121915420613a.jpg

    透き通った氷柱を壊さない様に胎内岩をそーっと通過。




    020_20171219154157814.jpg 021_20171219154412631.jpg

    少し移動して岩清水。凍ってないから温かいのかな?

    本線に合流して緩やかな道を行く。

    ※茂原口への道は猪の痕跡が多数有ります。遭遇には注意しましょう。




    022_20171219154430473.jpg

    天王平

    どーしてここだけ気が生えないんだろーか?




    023_20171219154433493.jpg 024_20171219154442151.jpg

    とぼとぼ歩いて「移」への分岐。




    025_2017121915434099b.jpg 026_2017121915435758c.jpg 027_20171219154413452.jpg

    ヤドリギ(寄生木=宿り木)が目立つ季節になったなー。




    028_20171219154442e30.jpg

    放牧地に出て麓山(羽山)の眺め。




    029_20171219154443842.jpg

    麓山の右の彼方に雪山が。

    栗子山かと思ったら、七ツ森という山らしい。




    030_20171219154447e30.jpg

    眺めの良い休憩所から。

    ありゃまーこりゃまーひやまー・・・、あんたは何が言いたいんですか?



    安達太良、吾妻は雲の中でしたー。




    031_20171219154622464.jpg 032_201712191546178bc.jpg

    滑って転んだら止まれそうに無い斜面を降りて行く。




    033_20171219154619f6d.jpg

    茂原登山口(標高約680m)に出たー。




    034_20171219154629fa2.jpg

    駐車地点まで舗装路歩き。

    「ピューーー」、風に乗った枯葉にまたまた追い越される。

    世の中の風に乗れなくとも、遅かろうが、休もうが、歩みを止めなければいつかは目的地へ辿り着ける。そんな理由で山歩きが好きになったのかもねー。




    035_201712191546057e2.jpg

    去り行く枯葉に温もりを感じた日山の歩きでしたー。





    行ってみた日 2017.12.16





    この日の行程

    田沢登山口⇒(30分)⇒水神様⇒(40分)⇒日山山頂(散策10分)⇒(30分)⇒移分岐⇒(20分)⇒茂原登山口⇒(15分)⇒田沢登山口

    以上2時間25分の行程でした。


    日山
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)日山(天王山)





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント一覧 2

    にゃ  

    奇しくも1週間前に日山にて同じコース
    を歩いてました(笑)
    ついでに宿り木、多分同じものを
    カメラにおさめてますねー。
    こんなん他に撮るやつおらん〜!って
    自分突っ込みしながら…ここにもおりましたわ。

    2017/12/29 (Fri) 12:37 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: タイトルなし

    ありゃりゃ、1週間ずれてましたか。お目にかかるチャンスを逃して残念ですー。
    しかも同じ宿り木に目が止まるとは。
    「お主もなかなかやるの~、越後屋」・・・・・なんで時代劇?
    来年の今頃、ヘソからニョキニョキと宿り木が生えないよう、お互い気をつけましょう。
    良いお年を~!

    2017/12/29 (Fri) 18:18 | EDIT | REPLY |   

    コメントフォーム