「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    県都に浮かぶ信夫山 ~2018幸先の良い出会い~


    山から離れて一ヶ月。真冬の寒さにも慣れ、そろそろ歩きたいなーと思えるようになってきた。

    とは言っても、雪山へ挑戦するような根性は備えておらず、ゆるーく歩きたい。

    てな訳で、福島盆地にぽっかりと浮かぶ信夫山へ行ってみた。




    001_20180121172943681.jpg 002_2018012117300894c.jpg

    まずは福島市の市街地から、信夫山中腹のガイドセンターへ(右写真中上)。

    入館して信夫山のマップやらパンフを頂戴して直ぐに出ようと思ったら、興味を引く資料があってフムフム、フムフム・・・・・。

    さらに、こちらのたわいのない質問に館員の方が親切丁寧に答えてくださるもんだから、調子にのってヘラヘラ、ヘラヘラ・・・・・。

    20分ほど費やしてようやく「行って来ます。」(^^;)




    003_20180121172928e61.jpg

    ガイドセンター屋上からの眺め(福島市街地と安達太良連峰)



    信夫山ガイドセンター>(⇐詳しくはこちらのサイトでご確認下さい。)

     開館時間 10:00~17:00(季節により変更有)・水曜定休・入館無料

     駐車場、トイレ有



    信夫山に関する注意事項を少々。

    ※福島市街地から信夫山へ向かう際、一方通行の道にお気をつけ下さい。

    ※信夫山内の車道は狭いです。お住まいの方々の生活道路でもあり、歩行者も多いので20km/h以下での走行&譲り合いの精神で運転をお願いします。

    ※各所にトイレは有りますが、冬期は閉鎖中のものが多いのでお気をつけ下さい。

    ※中腹の一周道路は北側部分(羽黒神社下~冒険の森北口)が冬季閉鎖でした。

    ※信夫山と言う峰は無く、幾つかの峰を総称して「信夫山」と呼ぶそうです。





    ガイドセンターから少し上へ移動して第二展望台の駐車場へ。




    004_201801211730425ea.jpg

    第二展望台




    005_20180121172942ed2.jpg

    福島競馬場が見える。

    昔と比べると立派になったねー。微力ながら協力させて頂いてます。

    いつか何倍にもして返してね・・・・・。




    006_20180121173031208.jpg 007_20180121173005e1c.jpg

    動物(造り物)の戯れる公園からスタート。

    最初に見つけた道標。「行き止り」って・・・・・幸先が悪い。




    008_20180121173032814.jpg 009_20180121173049b63.jpg

    熊野山へ直で登る段取りだったけど、「行き止り」じゃ仕方ない。

    一周道路(冒険の森北口)へ下りて、立石経由に変更。




    010_20180121173036c33.jpg 012_20180121173239707.jpg

    信夫山の北の端、古峯神社。

    道路から少し下りた岩屋に祀られてました。




    013_2018012117321508f.jpg

    第三展望デッキから吾妻連峰の眺め

    朝のうちはスパッ!と晴れて真っ白な山並みがハッキリ見えてたけど・・・。




    014_20180121173213d69.jpg

    吾妻小富士(左)と一切経山

    気温の上昇と共に霞んできた。




    015_20180121173225d15.jpg 016_201801211732475b3.jpg

    古峯神社の鳥居まで戻り立石へ。

    急登を行くと、大きな岩の下に出た。これが立石らしい。




    017_20180121173318fb3.jpg

    立石の上からも吾妻の眺めが抜群!

    左の黒い山が後に向かう羽山。




    018_20180121173315f06.jpg 019_20180121173318cd7.jpg 020_20180121173256d89.jpg

    電柱を辿って行くと熊野山(金華山)山頂(標高268m)

    市街地の山らしく電波塔的なものが多い。

    この後、舗装路に出て西進する。




    021_20180121173303dfc.jpg 022_20180121173615398.jpg 023_201801211735505b8.jpg

    羽黒神社に到着。

    神社裏手にある石碑は知る人ぞ知るパワースポット。

    丸い箇所に額を当てると頭が良くなる(冴える)らしい。

    今さら頭が良くなっても、変な気苦労が増えると嫌なので止めとこ・・・・・、と言いつつもそっと当ててみた。

    三、四日経ってもな~んの変化も無い・・・・・。




    024_201801211736096c5.jpg

    日本一の大わらじ

    「でかっ!」っと言うよりは「長っ!」

    例年2月10日に新しい大わらじが奉納されます(信夫三山暁まいり)。




    025_20180121173648f9c.jpg 026_2018012117365074c.jpg

    羽黒神社から下りて行くと御神坂。

    両側に社と民家が並ぶ。

    こちらにあるお宅の一軒一軒は各々で別々の神様(社)をお祀りしてて、六供(ろっく)集落と呼ばれてるそうです。




    027_20180121173626ff5.jpg 028_20180121173647987.jpg

    その一つ、最近人気の猫稲荷様。

    にょんにょにょんにょと・・・・・、イヤ、にゃんにゃにゃんにゃとお参りを。

    前の池にはモリアオガエルがいるそうな。




    029_201801211736543e1.jpg 030_201801211737084f2.jpg

    大鳥居をくぐりぬけ、薬師の峯(寺山)へ登り返し。




    031_201801211736477a8.jpg

    登った先には薬師堂。




    032_20180121173851723.jpg 033_20180121173820ecd.jpg

    右手には鐘撞堂(薬王寺鐘楼)。

    「ご自由にお撞きください」とあったので撞き方を一読してから、「せーのっ!」


    ゴォーーーーン!ォンォンォンォンォン・・・・・・・


    凄い響きにびっくりするも、余韻が残る間ずっと手を合わせる。

    なんか心がスーっとした。




    034_20180121173854675.jpg

    薬師堂の左の道を行き、右へ登ると薬師の峯展望デッキ。

    福島盆地北側の風景が広がる。




    035_201801211739092d4.jpg

    先程までいた羽黒山。

    右端に小さく写るのが信夫山ガイドセンター。




    036_20180121173840468.jpg 037_20180121173928802.jpg

    西に下り、車道を少し歩いて「羽山駈け道」を登る。

    昔の山伏はこの辺りを駈け回って修行したらしい。




    038_20180121173914e9b.jpg

    登った先には湯殿神社。

    神社裏手が羽山山頂(標高275m=信夫山最高地点)です。




    039_2018012117391349a.jpg

    羽山山頂も眺めは抜群!

    右奥が半田山。




    041_20180121173927737.jpg 042_201801211741228a1.jpg

    ちょっとだけ南蔵王、ちょっとだけ大わらじも見える。




    043_2018012117410734d.jpg

    更に西へ向かうと、パッと開けて烏ヶ崎。

    福島市内とともに、安達太良、吾妻の峰々が・・・・・、曇って見えない。




    044_20180121174103c64.jpg

    福島市街地

    阿武隈川(中奥)や弁天山(左)が見える。




    045_20180121174121cd8.jpg

    県立図書館(左)、美術館。

    図書館の屋根に大きく「静かに!」、美術館の屋根にも大きく「ルパンからの犯行予告」でも書いときゃ、信夫山を訪れる観光客がちょっとばかり増えるかもねー。




    046_20180121174208abd.jpg 047_2018012117412812f.jpg

    忙しく行ったり来たりする新幹線を、のんびり眺めながら休憩。



    隣で休憩してたおっちゃんと世間話。

    お話しを伺うと川俣町の方で、「川俣と言えば先日(2018.1.13)、花塚山から北限の富士を4Kカメラで撮影したのをNHKニュースでやってましたよねー」って話をしたら、「あれ案内したの私です」って言われた。

    最初、状況が読み込めずに?????

    ん!お顔を拝見したら、あのインタビューに答えてた方だった。

    と言う事は、花塚山からの「北限の富士」を初めて撮影された御三方の御一人!

    スマホの画像を見せてくれながら撮影の様子や花塚山のことを話してくれた。

    こちら感動とびっくりで、少々上の空状態でしたけど・・・・・。

    今年最初の山歩きで凄い人に出会った。良い一年になりそうだなー。

    「ありがとーございましたー」(^^)/~~~




    048_20180121174206368.jpg 049_20180121174206bb6.jpg

    帰りはしばらく舗装路を歩き、羽黒神社の旧参道を登り再び大鳥居へ。




    050_20180121174142781.jpg

    小さな畑にオオイヌノフグリが咲き始めてた。

    「春が近いね~♪」




    051_201801211741470c9.jpg

    柚子の香りがほのかに漂う道を歩き、本日の歩きを終えましたとさ。



    今まで、車では訪れたことのあった信夫山。初めて歩いてみたら、「あんなものやこんなもの」いろんな発見があり、もっともっと知りたくなった。

    こんなに楽しい山だったとは・・・・・。

    又、来よっと!





    行ってみた日 2018.1.20





    この日の行程

    第二展望台⇒古峯神社⇒熊野山⇒羽黒山⇒薬師の峯⇒羽山⇒烏ヶ崎⇒第二展望台

    ぐるっと周って2時間50分(休憩30分含む)の行程でした。




    信夫山
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)信夫山

    <感謝録>

    ●信夫山ガイドセンターの方

     いろいろと教えて頂きありがとうございました。お陰様で楽しく歩けました。又、お世話になりますー。

    ●烏ヶ崎で会った川俣町の男性

     お会いできて光栄です。楽しく有意義な時間となりました。すごーく天気の良い日に花塚山へ行ってみます。ありがとうございましたー。






    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント一覧 0

    コメントフォーム