「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    ボーっと過ごす安達太良山 ~連休前の静けさ~


    毎度スッカラカンの頭の中がここんとこバタバタしてて、気持ちが山へ向かずにひと月が経過。

    先週辺りからようやく山のことを考えるスペースが出来てきた。新年度も始まった事だし、「挨拶のつもりで安達太良山へでも行ってみるか」ってなって、行ってみた。




    001_2018042317355094e.jpg 002_20180423173551653.jpg

    いつもの定位置に車を止め、奥岳登山口(標高約950m)からスタート。




    003_20180423173553b05.jpg 004_20180423173554ed6.jpg 005_20180423173556613.jpg

    背中からの陽射しが暑いから風を感じて歩きたいなーと思い、五葉松平コースへ。

    狙い通りゲレンデに入ると「ビューーーッ!」っと強めの風が気持ちいい・・・・・けど思いっきり向い風で早くも疲労。

    登山道に入り風は止む。道は残雪があったり無かったり、踏抜きに気をつけたり、「ズボッ・・・・・」踏抜いたり。




    006_201804231735570cb.jpg

    春の息吹を感じて歩く。




    007_20180423173559eb8.jpg

    ポコポコポコポコ安達太良の皆さんが顔を出す。




    008_201804231736004f1.jpg

    薬師岳に着きスタート地点を見下ろす。

    ロープウェイの運行時間より先にここへ着くと、なんか嬉しい。



    ※ロープウェイの詳細はこちらへ⇒あだたら高原リゾートのサイト




    009_20180423173602d1e.jpg

    安達太良山

    「今行くから待ってろよ!」てなことを言いますが、ようがあるなら出掛けて頂いても構いませんけどねー、別に。




    010_20180423173603296.jpg 011_2018042317365162b.jpg 012_20180423173652d20.jpg

    薬師岳~安達太良山頂手前はまだまだ雪が残ってたけど、解けるとこれからが大変そう。




    013_20180423173654474.jpg

    雪原

    真っ白な時に来てみたい。




    014_201804231736550b2.jpg

    この日下界(福島市など)では気温30℃を超えたらしい。



    ※斜面の角度が30°と気温30℃をかけたつもりですが、何か?




    015_2018042317365776e.jpg

    もうすぐ山頂!




    016_20180423173658321.jpg

    着いた~!

    「ビューーーーーーーー!」風、強ぉっ!&冷たっ!



    ※安達太良山頂 標高1,699.7m



    017_2018042317370043b.jpg 018_20180423173701c0c.jpg

    「今年もよろしくお願いします」的な挨拶をして、下で休憩。

    ちょっとの間だけだったけど、誰も居なくて山頂貸切、静かな時が流れた。




    019_20180423173703e33.jpg

    和尚山




    020_20180423173704df8.jpg

    峰の辻から牛の背へ向かう登り人。




    021_201804231738184b7.jpg

    休憩後、鉄山へ向け歩く。




    022_20180423173819a89.jpg 023_201804231738218ca.jpg

    この日、朝の時間帯は西風が強く、牛の背~矢筈森でバチバチバチっと砂の洗礼。

    もー顔はジョリジョリ砂だらけ。タダでさえ面の皮が厚いのに更に5mm程増した感じ。

    矢筈森まで来たら、「ゴォーーーーー」っと馬の背の風の音が凄かった。

    体を斜めに傾けて歩き、どーにか馬の背を通過・・・・・とっても疲れる。




    024_201804231738222b6.jpg

    鉄山の下まで来ると風は治まる。が、急登!




    025_201804231738248e5.jpg

    よいしょ、こらしょ、と登って磐梯山を眺める。




    026_20180423173825cb0.jpg

    振り返って、歩いて来た道を眺める。

    鉄山はこれが楽しい~♪




    027_20180423173827de5.jpg 028_20180423173828da6.jpg

    鉄山山頂!(標高1,709.4m)




    029_20180423173830ddf.jpg

    吾妻の峰々を眺めつつ、鉄山避難小屋へ向かう。




    030_20180423173831367.jpg

    こちら側から見た沼ノ平は丸っこくて柔らかい印象。

    ※写真右奥に磐梯山。




    031_201804231739377df.jpg

    西向地蔵さんにもご挨拶。




    032_2018042317393966e.jpg 033_2018042317394071f.jpg

    で、この後、箕輪山まで行くつもりだったけど、「目覚めの熊さんに遭いそうだなー」なんて思ってしまい、パス。

    避難小屋で休憩しようと中に入るも、なんかヒンヤリとしててそれもパス。

    折角ここまで来たから石楠花の塔まで行ってみる。



    034_201804231739421c6.jpg

    石楠花の塔はこの日も磐梯山を見つめてた。



    ※石楠花の塔は、1958年(昭和33年)12月に箕輪山中で発生した自衛隊機墜落事故の慰霊碑です。聞いた話では、お亡くなりになられた隊員さんは操縦かんを握りしめたままの姿で発見されたとか・・・・・。




    035_2018042317394367c.jpg

    ここまで足を運ぶと吾妻連峰が近く感じられる。

    写真左から、西大巓(にしだいてん)、西吾妻山、中吾妻山、東吾妻山。




    036_20180423173945c02.jpg

    ぼんやりと飯豊連峰。




    037_20180423173946998.jpg

    沼ノ平方向。左が安達太良山。




    038_20180423173948846.jpg

    どんな時も上空の銀翼を見守っている。




    039_201804231739496b0.jpg 040_20180423173951a77.jpg

    鉄山山頂まで戻り、眼下にくろがね小屋を見ながら休憩。




    041_2018042317410174c.jpg

    沼ノ平

    風はだいぶ弱くなってた。




    042_201804231741028d3.jpg

    安達太良山

    鉄山から眺めると、矢筈森と重なり険しく見える。



    食うもん食って飲むもん飲んで満足満足。

    しっぽを引っ張りスイッチoff・・・・・。





    ~1時間経過~





    ~2時間経過~





    特に何をするわけでもなく、ただただボーっと過ごす。



    長時間居た事で新たな発見があった。

    それは、山頂からサファリパークやえびすサーキットが見えたこと。

    今まで全然気づかなかった。




    043_20180423174104421.jpg 044_20180423174105541.jpg

    とは言っても、写真を拡大してこのレベルだから、肉眼ではさっぱり見えませんけどねー(左がサファリパーク、右がえびすサーキット)。

    高性能の双眼鏡でもあれば、ライオンやトラ、それにドリフトターンなんかがみられるかもです。



    はっ!休憩してから2時間半が経過してた。

    「帰ろ・・・・・」



    午前中とは打って変わって生暖かい弱風の中を戻る。




    045_20180423174107e39.jpg

    矢筈森から振り返って、鉄山。




    046_20180423174108a82.jpg

    船明神山





    牛の背から峰の辻へ向かう。




    047_201804231741109ff.jpg

    矢筈森




    048_20180423174112495.jpg

    峰の辻




    049_20180423174113689.jpg

    いつもなら、くろがね小屋経由で下山するが、この日はボーっとし過ぎた為なのかアホな事を思いつく。

    ストックを立て、倒れた方角へ降りよう的な。

    「パタッ」、足元が右(東)に傾斜してるんだから勿論右に倒れる。




    050_2018042317411448e.jpg

    よって、滅多に歩かない勢至平コースを行くことになる。




    051_20180423174302356.jpg 052_2018042317430372d.jpg

    最初は順調も、バチバチと小枝の攻撃を受ける。




    053_2018042317430540a.jpg 054_20180423174306f02.jpg

    やがて道にはチョロチョロと雪解け水。

    徐々に水量は増し「サラサラ」から「ザーザー」へ。

    時には「蟻の戸渡り」的な残雪を、踏抜かないようビビりビビり通過。

    「ドサッ!」(;゚Д゚)




    055_20180423174308c7a.jpg 056_20180423174309fb1.jpg

    片方だけ重く冷たくなった靴&靴下で勢至平の分岐へやっとの思いで脱出。

    精神的ダメージ大 (ToT)(ToT)(ToT)




    057_201804231743113ad.jpg 058_201804231743120f4.jpg

    勢至平の道/八の字


    八の字からはいつも通り馬車道へ。




    059_20180423174314ec5.jpg 060_201804231743157f3.jpg

    途中、ショウジョウバカマ(猩々袴)に濡れた左足を見せ愚痴ってから、西日に照らされ登山口へ戻った。



    まぁ色々あったけど、今年もゆっくりのんびり遊ばせて頂こうと思った安達太良の歩きでした。





    行ってみた日 2018.4.22





    この日の行程

    奥岳登山口⇒(1時間10分)⇒薬師岳⇒(1時間10分)⇒安達太良山(休憩30分)⇒(35分)⇒鉄山(休憩10分)⇒(25分)⇒石楠花の塔(休憩5分)⇒(15分)⇒鉄山(休憩2時間30分)⇒(30分)⇒峰の辻⇒(45分)⇒勢至平分岐⇒(1時間)⇒奥岳登山口

    以上9時間5分(休憩3時間15分含む)の行程でした。


    安達太良山
    地理院地図(電子国土Web)より



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)安達太良山





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント一覧 2

    -hiro-  

    楽しそう☆

    こんばんは!お久しぶりです!

    じっくりのんびり安達太良を過ごせたようですね~!
    すごく楽しそうな雰囲気も伝わってきましたよ(笑)2時間の休憩とかもビックリ!
    サファリパークとかも見れるんですね~!知らなかった~( *´艸`)

    2018/04/25 (Wed) 21:57 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: 楽しそう☆

    -hiro-さん、お久しぶりです~♪
    おかげ様で?ゆっくり出来ましたーって言うか、ただ眠くて動けなかったってのが正直なところ、アハハ・・・・・。
    サファリパークパークはあの辺かなー、てな具合で写真を撮って、それを拡大してようやくわかる程度です。でも、動物らしきものが写ってて、後は想像の世界で、シマウマ?ライオン?何だろー?ってな感じです。

    山々も青々としていい季節になってまいりました。
    今シーズンも-hiro-さんのレコを拝見して行ったつもりでぐっすり眠り・・・・・、いや、参考にさせて頂いて登り楽しみたいと思います。ありがとうございましたー!

    2018/04/26 (Thu) 05:37 | EDIT | REPLY |   

    コメントフォーム