「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島からの山歩き紹介ブログです。

    気ままに歩く霊山 ~みんなの山~


    紅葉で賑わう霊山(りょうぜん)へ、なんとなーく行ってみた。



    3年振りの「霊山湧水の里(キャンプ場)」から。

    ※湧水の里へは「こどもの村」下から林道大霊山線、又は霊山神社から県道31号線で。

    ※湧水の里入口(標高約410m)に駐車場と簡易トイレ有り。





    001_20181029214119430.jpg 002_20181029214120d75.jpg 003_20181029214122609.jpg

    ゲート(チェーン)が開いてたので園内に入り「上」の第一駐車場へ。

    準備して出発!

    ※事務所に寄るも管理人さん不在で、下山時に事後申告しました。





    004_20181029214123407.jpg 005_20181029214125311.jpg

    園内の登りが結構きつい。階段を半分ほど上り、一息入れて靴紐を結び直す。

    「ツー、タタン、タタン、タタン、タタン・・・」小気味の良い音が遠ざかる。

    音の方を振り向いたら、一番下に見覚えのあるストックが着地した。

    「ほげーーー!」出鼻をくじかれた(ToT)





    006_20181029214126835.jpg 007_201810292141287e0.jpg 008_20181029214129a83.jpg

    東屋内を通過して山道へ。

    直ぐ分岐になるけど、どっち行っても上で合流。

    その先、霊山名物?足場パイプ造りの橋らを進んで行くと、「紫明峰入口」の分岐。

    この分岐辺りはやたらと道が多く、地図に載ってないのもあるので道標とにらめっこして慎重に行きましょう。

    紫明峰ルートは午後からの方が日が照って良いのかな?と思い、今日はそっちを後回し。まずは巻道的なルートで日枝神社跡へ向かってみる。





    009_201810292141314fb.jpg 010_20181029214132ce1.jpg

    大霊山線からの道と合わせ進み、天狗岩を仰ぐ。
    こちら側から見ると・・・・・、ゴリラ感は無い。

    朝の光がぽや~んと射して気持ちがいい。





    011_2018102921423892d.jpg

    日枝神社跡(標高約730m)

    「パンッパンッ!」柏手打ったら、「バサバサバサッ!」鳥がいっぱい飛んでった。ハト?カラス?





    012_2018102921423922f.jpg 013_20181029214241bdc.jpg

    霊山最高点の東物見岩へ向かう。

    周遊コース(ファミリーコース)に入りパラパラと人影。

    この日(10/28)は紅彩館側(南)の登山口で紅葉まつり(11/3~4も開催予定)が行われてるらしいし、天気も良いし、紅葉も見頃だろうしでかなりの人出が予想される。

    自分なりに休憩場所と時間を考えながら歩いてく。





    014_20181029214242219.jpg

    東物見岩(標高825m=霊山最高点)からの眺め

    奥に薄っすらと太平洋、更にその奥には牡鹿半島が横たわる。
    右端のトンガリは鹿狼山。





    015_201810292142441ef.jpg 016_20181029214245c9b.jpg

    学問岩/三角点(標高804.6m)





    017_20181029214247994.jpg

    天の釣舟からの眺め

    目の前の岩にピョンと跳び乗ればもうちょっと良い景色かと・・・。





    018_20181029214248e07.jpg

    蟻の戸渡から東物見岩の眺め。





    019_20181029214250bb7.jpg

    同じく蟻の戸渡から古霊山の眺め。





    020_201810292142519bc.jpg

    猿跳岩付近の眺め

    一度でいいからここで猿が見てみたい。





    021_20181029214329bce.jpg 022_20181029214331112.jpg

    無線中継所跡(霊山マイクロウェーブ無人中継所跡)

    説明板に近寄れないから、写真撮ってそいつを拡大してから読んで下さいね。

    「日本初」だそうです。





    023_201810292143323de.jpg 024_20181029214334a19.jpg

    五百羅漢岩へ移動して休~憩。

    沸騰前にガス欠・・・・・、なもんで「温(ぬる)っ!」





    025_20181029214335948.jpg

    五百羅漢岩から南方向の眺め





    026_2018102921433797c.jpg

    東方向

    こちら側の色付きがキレイでした。





    027_201810292143384ee.jpg

    西方向

    後方の安達太良には雲がかかる。





    028_201810292143401bd.jpg 029_2018102921434143f.jpg

    弁天岩/日暮岩

    どちらにも人が居るの分かりますか?



    五百羅漢岩の上はちょっと危険(自己責任で)だけど、景色やいろんな岩が眺められて楽しい。

    高速道路の騒音がちょっと気になるけど、この日はお子さんの「ヤッホー!」や女性の笑い声も響いてて、爽やかな雰囲気の中の休憩でした。





    030_2018102921434303b.jpg 031_20181029214420685.jpg

    弘法の突貫岩で「明るい未来?」を見つけてから弁天岩へ。





    032_2018102921442106d.jpg

    弁天岩からの眺め





    033_20181029214423cda.jpg

    同じく弁天岩から錦霞渓の眺め





    034_20181029214424e3f.jpg 035_201810292144262ce.jpg

    日暮岩/五百羅漢岩

    どちらにも人が居ます・・・・・さっきもやったか。





    036_201810292144277b6.jpg 037_201810292144294be.jpg

    「紅」に足止め/大山祗神社跡





    038_2018102921443061c.jpg 039_201810292144323ec.jpg 040_20181029214433218.jpg

    これから色付く葉もまだまだ。

    行列のあった日暮岩はパスして国司沢へ。





    041_20181029214515413.jpg

    国司沢の向こうに雲のとれた安達太良連峰(左)と吾妻連峰(右)



    周遊ルート上からでも国司沢の眺めがバッチリだった記憶があるけど、最近、前の木が育ち過ぎた?のか以前より迫力に欠ける気がするのは自分だけか?





    042_20181030063733ca1.jpg

    いろ葉を見上げながら甲岩へ。





    043_20181029214518264.jpg

    甲岩からの眺め



    ここでも休憩を企んでたけど先客多数の為、天狗の相撲場へ移動。





    044_20181029214519ee1.jpg

    で、天狗の相撲場からの眺め。

    こっから見る国司沢は大迫力!・・・・・ちょっと怖いけど。






    045_20181029214521638.jpg

    「霊山と言えば」的な写真を撮ったつもりが・・・ちょっと斜め(^^;)

    安達太良が雪化粧したらキレイだろーなー。





    046_20181029214522a76.jpg

    親不知子不知から覗き込んでみる。

    紅葉がキレイだけどこれ以上は無理。





    047_20181029214524afc.jpg

    同じく親不知子不知から安達太良&吾妻。





    048_201810292145258ad.jpg

    護摩壇下の色付き。





    049_20181029214527eef.jpg 050_20181029214528428.jpg

    護摩壇から国司館跡へ向かう辺りが「わー!きれー!」





    051_20181029214609b5d.jpg 052_2018102921461181b.jpg

    国司館跡/霊山城跡

    どちらも昼時で大賑わいでした。

    いつもこんぐらい賑やかだとイノシシも居なくなるんだけどなー。





    053_20181029214612d56.jpg

    西物見岩から紫明峰の眺め。後方に南蔵王。





    054_20181029214613ade.jpg

    釣瓶落岩の上にどこぞのご主人様。





    055_2018102921461556d.jpg 058_20181029214616dcb.jpg

    釣瓶落岩の下からの眺め/釣瓶落岩から階段を下りる。



    岩の上に行くも、さっきのご主人みたいな直立不動ポースは無理。

    自分にゃへっぴり腰が似合うんだよ。

    「あー怖かった。」





    059_20181029214618486.jpg

    釣瓶落とし岩の北隣の岩から紫明峰の眺め。





    060_2018102921461906e.jpg 061_20181029214621b7a.jpg

    霊山寺跡へ移動して休憩。

    こちらまで来ると人は疎らで、落葉松の針葉降る音が聞こえるほど静か。





    062_20181029214623236.jpg 063_201810292149060d7.jpg

    寺跡は木碑の所と看板(説明板)の後ろを登った先に当時の礎(いしずえ)が残るのみ。





    064_2018102921490848b.jpg 065_20181029214910104.jpg

    秋の輝き



    休憩後、日枝神社跡まで戻り紫明峰ルートへ入る。





    066_20181029214911bd7.jpg

    天狗岩(左)と稚児岩(右)



    「天狗」と書いて「ゴリラ」と読むのか???と思わせる形。





    067_20181029214912832.jpg

    見つめる先には生まれ故郷が・・・・・。





    068_20181029214914538.jpg

    稚児岩の北側辺りから霊山の眺め





    069_2018102921491594c.jpg 070_20181029214917b08.jpg

    071_20181029214918579.jpg 072_2018102921492078e.jpg

    秋を満喫しながら歩いてく。





    073_20181029215024202.jpg 074_201810292150251a9.jpg

    紫明峰ルートはこんなところを通るから楽しかったり、怖かったり。


    ※紫明峰ルートは険しい所もあるので、「登山」の装備で行って下さい。





    075_20181029215027247.jpg 076_20181029215028e4d.jpg

    不動岩付近



    個人的にはこの辺りの岩&樹々の景色がお気に入りです。





    077_201810292150309e9.jpg 078_201810292150312cf.jpg

    ステンドグラス風の紅葉/高層ビルのような岩壁





    079_201810292150339a9.jpg

    八方観



    あの上で有名な坊さんが八宝菜を食ったからこの名前に・・・(大嘘です)。





    080_20181029215034269.jpg 081_2018102921503609c.jpg

    賞仙洞を潜り抜ける。/振り返ると。


    ※この穴が賞仙洞では無いかも?間違ってたらゴメンナサイです。





    082_20181029215037a37.jpg 083_20181029215108a3b.jpg

    急な階段。この先鎖場で更に注意!/剥がれ落ちそうな大岩にも注意!

    後者は注意のしようが無いけど・・・・・。






    084_2018102921511036e.jpg 085_20181029215111c5c.jpg

    紫明峰ルートが終わり湧水の里へ。





    086_20181029215113df2.jpg 087_20181029215114ccb.jpg

    湧水の里の紅葉もなかなかです。

    園内(急坂ですが)を散策するだけでも楽しめるレベルかと思ってます。



    ※管理人さんに駐車の事後報告の会話より管理人さんの一言

     「次回は一人じゃなしに、いっぱい連れて来てねー。」

    (^_^;)

    だからみんな行ってね、霊山へ!

    可能ならば、湧水の里へも!





    088_20181029215116d5e.jpg

    紅葉前線が里山へ下りて来たなーと実感した霊山の歩きでした。






    行ってみた日 2018.10.28





    この日の行程

    湧水の里⇒日枝神社跡⇒東物見岩(休憩10分)⇒無線中継所跡⇒五百羅漢岩(休憩60分)⇒大山祗神社跡⇒国司沢⇒護摩壇⇒霊山城跡⇒霊山寺跡(休憩25分)⇒紫明峰ルート⇒湧水の里

    以上6時間25分(休憩1時間35分含む)の行程でした。 歩行距離 約10.6km
    ※今回は詳細な移動時間無しです。すいません。

    霊山1
    地理院地図(電子国土Web)より

    霊山2
    地理院地図(電子国土Web)より




    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)霊山




    <感謝録>

    ●東物見岩で会った仙台の男性
    ●五百羅漢岩で会った仙台の男性、縫ぐるみを背負った女性、休憩された男女ペア

    皆様、短い時間ではありましたがお話下さり楽しいひとときを過ごせました。ありがとうございます。







    関連記事

    コメント一覧 4

    ロプ  

    おやおや

    追い風さん こんばんは。
    またまた驚かされました。小生は先週が都合が悪く山登りが出来なかったので今週末に霊山に行くように変更したんですよ。しかも概ね似たルートです(笑)
    リハビリを兼ねての山行なのでゆっくり景色を楽しもうと思っています。追い風さんの山行記録がそのまんま参考になるので有難いです(感謝)
    追い風さんの写真はどの山行記録も綺麗で素晴らしいので小生には真似が出来ないのが残念です(涙)しかもコメントも面白くて解り易い。
    これからも楽しみにしています。
    近いうちに山で再会出来るかもしれませんね!

    2018/10/31 (Wed) 22:54 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: おやおや

    ロプさん、一日遅れの「こんばんは」ですいません。
    しかも先に歩いてしまいすいません。
    今週にしてれば逢えたのかも?と悔やんでおります。
    今週末の霊山は混雑が予想されますので、ちょっとだけ覚悟して来て下さい。

    それからお褒めの言葉頂戴しましてありがとうございます。
    こちら図に乗るタイプで、更にはブヒブヒと木にも登ってしまいます。
    ロプさんのレコのほうが面白いですし要所をおさえてて参考になりますよ、絶対に。
    この度は遠い道のりを霊山へお越し頂けるだけで感激です。
    ありがとうございますー、お気をつけてー。

    2018/11/01 (Thu) 18:34 | EDIT | REPLY |   

    みんく  

    霊山 行きました!

    こんばんは。
    障子ヶ岳でご一緒した時に、お勧め頂いた湧水の里からのコース、日曜に歩いてきました。
    紅葉がまだ華やかで、お天気にも恵まれて、霊山の魅力、存分に味わえた気がします。
    行く前にこのレポートを何度か拝見していったのですが、三角点はわからずじまいでした。
    湧水の里の管理人さんに、ご挨拶して、同じように会話してみたいなんて思いましたが、残念。 笑顔で「はい、どうも~」と言われただけでした。(笑)
    追い風さんって、人と親しくなってしまう雰囲気を持った方ですよね。

    2018/11/06 (Tue) 22:56 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: 霊山 行きました!

    みんくさん、その節は大変お世話になりました。
    紅葉まだ残ってたようで良かったですー。
    三角点は「天の釣舟」入口の北の岩場にひっそりとありました。
    最高地点じゃないから人気が無い三角点なんです。説明不足で失礼しました。
    湧水の里の管理人さんと私が話出来たのは多分・・・・・私が訛ってるからです。
    おら、ちっとも訛ってねーど思ってんだげんちょ、どごさ行ってもしゃべってっと「あんた福島の人だね」って言われんだぞい。
    きっと管理人さんは、みんくさんのキレイな言葉に恥ずかしくてお話し出来なかったのだと思いますよ。

    この度はコメント頂き、更には霊山まで足をお運び下さりありがとうございました。
    三角点探しに又来てねー(^^)/~~~

    2018/11/07 (Wed) 18:44 | EDIT | REPLY |   

    コメントフォーム