「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    ぽっかり里山、信夫山 ~ちょいと険しい道のり~


    約1年前の話(2018.1.20)。福島盆地にぽっかり浮かぶ信夫山の西のピーク、烏ヶ崎で川俣町の男性(花塚山から「北限の富士」の撮影に成功した人)とお会いした。



    そん時その方に烏ヶ崎への直登ルートを教えてもらったっけなー、てのを急に思い出したので行ってみた。





    001_20190219171058ecb.jpg 002_2019021917110035e.jpg

    今回も第二展望台近くの駐車場(標高約210m)から。

    ※ここのトイレは冬季閉鎖中、護国神社周辺のトイレは使用可能でした。

    ※信夫山内の道路は狭いので運転には十分注意して下さい。



    準備して出発。まずはユズ(柚子)実る道を羽黒神社方面へ。





    003_201902191711013e8.jpg 004_201902191711034bc.jpg 005_2019021917110446e.jpg

    羽黒神社は後程にさせていただいて、御神坂を下り大鳥居を抜ける。





    006_2019021917110661c.jpg 007_201902191711071f3.jpg

    春の日和に鼻歌~♪奏でながら薬王寺へ。



    「カーン!」・・・・・歌い切る前に鐘1つで不合格。おまけにこのネタ自体も不合格・・・・・( ̄▽ ̄;)





    008_2019021917110958f.jpg

    薬師の峯展望デッキ(標高約220m)から福島市北部を眺めてたら、

    「ピューーーッ!」

    「あっ!」、一瞬だった。

    冷たい西風に持ってかれた。

    「何を?」

    「温もりを・・・・・」



    うー、休憩しようとしたけど寒いから歩く。





    009_20190219171110d55.jpg 010_20190219171112437.jpg

    羽山駆け道を月山神社の駐車場まで進み、南(座禅石方面)へ下りて行く。





    011_20190219171702974.jpg 012_20190219171704b39.jpg

    この岩の上で弘法大師様が座禅を組んだから「座禅石」なんだそーです。

    誰かが座禅したまま岩になってしまったのか?って思える形に見えなくもない。



    岩でゴツゴツした急な坂道を下りて行く。





    013_20190219171705779.jpg 014_20190219171707dfc.jpg 015_20190219171708e86.jpg

    車道に出て右へ(左は護国神社方面)歩いてく。

    気配を感じ見上げると石仏が一尊。

    こちら様が三十三観音石仏群だろうか?

    上へ移動して確かめてみるか、って思ったけど、33全部見つけるまで帰れなくなるからやめといた。





    016_20190219171710348.jpg

    一盃森の先に吾妻小富士。





    017_20190219171711c8c.jpg 018_201902191717139b4.jpg 019_201902191717148dd.jpg

    車道を緩く下りて行くと住宅が並び、右手にコンクリート舗装の道があります(左の写真)。この道を登っても後に歩く烏ヶ崎への道に合わせます。

    極楽寺の山門下から振り返り、烏ヶ崎。





    020_201902191717167a1.jpg 021_20190219171754ab1.jpg 022_20190219171755ae5.jpg

    山門の下からちょい歩くと右へ上る道(標高約85m)。

    その道をちょい行くと階段。

    その階段をちょい上がると、ちょいとした広場へ出て、左にちょい歩くと烏ヶ崎への道。

    「ちょい!ちょい!ちょーい!、何度もちょいちょい言ってんじゃねーよ!」って自分に突っ込みを入れてみる。

    そんな私はおっちょこちょい・・・・・。





    023_20190219171757337.jpg 024_20190219171758f4a.jpg 025_20190219171800979.jpg

    信夫山らしからぬ山道をちょい(←またですか?)と登ると平坦になり、曲松踏切からの道と合流。





    026_20190219171801d17.jpg 027_201902191718033e8.jpg

    「烏ヶ崎まで約半分」のところで、先程紹介したコンクリート舗装の道と合流。

    で、ここから烏ヶ崎までの道が距離は短いけど、なかなか険しいのです。

    急斜面で岩有り根有り、更には松葉でズルッっとこけたりしますので、注意して歩きましょう。特に降りは慎重に・・・。





    028_20190219171804981.jpg

    パッと開けて、風がピューピュー烏ヶ崎の展望デッキ(標高約260m)。





    029_201902191718069de.jpg

    福島市街地





    030_20190219171807318.jpg

    吾妻、安達太良は雲の中で残念。



    寒いし誰も居ないし帰ろーとしたら、湯殿山神社の方からジャージ姿の高校生(男子)が2人。

    話が続くか不安はあれど、話し掛けてみた。



    聞けば、ずっと見上げてた信夫山からはどんな景色が見られるのか?気になって、部活前の自主練的な要素も絡め、初めて信夫山に登って来たんだそうな。

    片っぽの子が思い立って、もう片っぽの子を誘って来たんだって。

    こういうのって友達と思ってた奴にあっさり断られることでショックを受けるパターンもあるんだよねー。

    そんなニュアンスも含めて「こういうのって大事にしなよ」って言ったら、誘われた方が「ほらー、大事にしろよ」っておどけてた。

    この二人、あと数ヶ月で部活は引退なんだそうです。

    それ聞いて切なくなったけど、「今」を大事に過ごす爽やかな高校生達にスーっとしたおっさんなのでありました。

    最後に「風邪ひくなよー」って声掛けて(^^)/~~~


    「風邪ひくなよー」ってあんた、ドリフの全員集合じゃないんだから・・・・・「ババン バ バン バン バン~♪」





    031_20190219171834425.jpg

    湯殿山神社の裏手、大日岩(信夫山最高点=標高275m)へ






    032_201902191718361a1.jpg

    大日岩からの眺め。





    033_201902191718371bf.jpg 034_20190219171839960.jpg

    新幹線/羽黒山





    035_20190219171840a39.jpg 036_20190219171842621.jpg

    薬王寺から羽黒神社へ





    037_2019021917184323f.jpg 038_20190219171845aaf.jpg

    新しい大わらじが奉納された羽黒神社に参拝。

    右の写真は、円のところに頭を当てると頭痛や悩みが消えたり頭が冴えると伝わる石碑。

    「ゴキッ!」・・・・・頭は静かに当てましょう。





    039_2019021917184692f.jpg 040_20190219171848225.jpg 041_201902191719156fc.jpg

    電波塔が並ぶ道を歩き熊野山(標高268m)へ。

    その先、立石山へ下りて行く。





    042_20190219171917671.jpg

    立石山から見た羽黒山(左)と羽山(右、烏ヶ崎や湯殿山神社のある山)。





    043_20190219171918e88.jpg 044_20190219171919639.jpg

    新幹線/貨物列車


    立石山は行き交う列車や車がおもちゃの様に見え、子供染みた自分にはおあつらえ向きの場所。





    045_20190219171921117.jpg 046_20190219171923125.jpg 047_20190219171924c65.jpg

    立石を後にして下り、古峯神社の鳥居の前で一週道路に出た。





    048_201902191719260eb.jpg 049_20190219171927086.jpg 050_20190219171929a0a.jpg

    駐車地点へ戻って・・・・・、その前に山神神社(虎取とあるから飯舘村の山神様=山津見神社と関係があるのかな?)へ立ち寄ってみた。

    鳥居を抜け次第に急となる斜面を登ってく。

    見上げた岩場に朽ちた建屋が見え、倒木に難儀しながら「上」に到着。


    ※岩場の中央に祠が祀られてますが、最近では訪れる人が少ないのか荒れてます。建屋も道も良い状態とは言えないので、安全上近づかないほうが無難です。


    参拝後、来た道は戻りたくないなーと思い上へ登ってみた。





    051_20190219171957c72.jpg 052_20190219171959e4d.jpg

    そーしたら、少し前に歩いた立石山の電波塔へ出た。

    又、同じ道を下り一周道路へ出て、駐車地点の第二展望台駐車場へ戻る。





    053_20190219172000e52.jpg 054_20190219172002dca.jpg

    風は冷たかったけど、陽射しがだいぶ春らしくなったなーってなことを感じながら歩いた信夫山でした。






    行ってみた日 2019.2.17






    この日の行程

    第二展望台⇒御神坂⇒薬師の峯⇒座禅石⇒極楽寺⇒烏ヶ崎⇒薬師の峯⇒羽黒神社⇒熊野山⇒立石山⇒山神神社⇒立石山⇒一週道路⇒第二展望台 歩行距離約6.6km
    上記、グルっと回ってニャンコの目でした(=^・^=)・・・・・違ーう!グルっと周って2時間55分(休憩20分含む)の行程でした。


    信夫山
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)信夫山



    <感謝録>

    ●烏ヶ崎で会った高校生お二人
     こんなおっさんと話してくれてありがとう。おかげでちょっとだけ若い頃に戻れた気がしました。可能ならば、今日友人と一緒に登って見た景色をずっと忘れずに、これからの人生を歩んで下さい。
     








    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント一覧 0

    コメントフォーム