「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島からの山歩き紹介ブログです。

    とりあえず鎌沼 ~規制明けの浄土平~


    噴火警戒レベルの影響で通行止めが続いていた磐梯吾妻スカイライン。6月最後にきて、ようやく規制が解除された。


    梅雨空広がる中ではあったけど、行くだけ行ってみた。


    高湯温泉辺りから霧の中を走行。不動沢でトイレ休憩を挟み浄土平へ。

    次第に霧は晴れ、雲の上へ。が、更にその上にも雲。

    しかしながら東の空にわずかに青い部分。広がりを期待して浄土平(標高約1,575m)到着。



    ※ 浄土平のトイレを含めた各施設、登山道の通行規制、天候による磐梯吾妻スカイラインの通行規制等、流動的な事柄が多いので、各方面の最新情報を頭に詰め込んでからお出掛け下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。





    001_20190630150056755.jpg

    「シューシュー」言ってる大穴火口を見上げながら準備して出発!

    まずは浄土平散策へ。





    002_201906301500586b9.jpg

    吾妻小富士

    早朝(7:00頃)にも関わらず火口を歩く人の姿も。





    003_20190630150059cf6.jpg

    木道に顔出すイソツツジ(磯躑躅)。

    「おはよ。」





    004_20190630150101069.jpg

    ワタスゲ(綿菅)ポイントへ。


    白いのが少ない・・・・・、もう今年は旬を過ぎたのかも。





    005_20190630150102a9d.jpg 006_20190630150104cdf.jpg

    そもそも、雨上がりなのでワタスゲ日和では無かった。



    午前中だけ天気が持ちそうとの予報から姥ケ原へ向かう。

    ただ、この時点で空の青い部分は既に消えていた。






    007_2019063015010589a.jpg

    マルバシモツケ(丸葉下野)





    008_20190630150107aeb.jpg

    酸ガ平への登山道は通行止め(2019.6.29現在)。





    009_201906301501083ca.jpg 010_201906301501105f9.jpg

    ゴザンタチバナ(御前橘)



    葉っぱ6枚=花有り、4枚=花無しの規定を打ち破る四つ葉のクローバー的なイレギュラーを探してしまうも、未だ見たことは無い・・・・・。

    そんなもんあるのかなー?





    011_201906301557556e1.jpg 012_20190630155757237.jpg

    ツマトリソウ(褄取草)/マイヅルソウ(舞鶴草)





    013_20190630155758783.jpg

    マルバシモツケ(丸葉下野)の葉っぱは水玉製造工場。





    014_20190630155800432.jpg 015_2019063015580160f.jpg

    登山道は約1年もの間「ほったらかし」を余儀なくされて若干荒れ気味。





    016_20190630155803be2.jpg 017_20190630155804dbe.jpg

    アカモノ(赤物)/オオバスノキ(大葉酢の木)?・・・自信無し





    018_20190630155806434.jpg

    イワカガミ(岩鏡)





    019_201906301558073ef.jpg

    もうすぐ姥ケ原。





    020_20190630155809efc.jpg

    姥ケ原の分岐。





    021_20190630155855e0b.jpg

    チングルマ(稚児車)は早くも綿毛に・・・・・。





    022_20190630155857232.jpg

    咲いてるのもあった!





    023_20190630155858464.jpg

    鎌沼への木道はフラワ~ロ~ド~♪





    024_2019063015590011a.jpg 026_20190630155901f67.jpg

    027_20190630155903318.jpg

    終盤ではあったけど、彩りと雰囲気は楽しめた。





    028_201906301559041e5.jpg

    花に夢中の間、鎌沼は霧の中・・・・・。





    029_20190630155906f13.jpg
    コバイケイソウ(小梅蕙草)





    030_20190630155907838.jpg 031_20190630155909f15.jpg

    葉は沢山あるのに蕾を付けたものは極々わずか。





    032_20190630160157cfc.jpg 033_20190630160159046.jpg

    石楠花(シャクナゲ)、アズマ(東)?ハクサン(白山)?

    この新葉?の色の違いは何だろーか???





    034_20190630160200773.jpg

    お先真っ白・・・・・。





    035_20190630160202b50.jpg

    水辺のチングルマ(稚児車)





    036_20190630160204ea7.jpg

    鎌沼の先、酸ガ平へは通行止め(2019.6.29現在)。

    せめて景色だけでもと思ったけど、この霧じゃ・・・残念!

    ここでUターン。





    037_20190630160205fa7.jpg

    ちょとっだけ霧が晴れてきた。





    038_2019063016020764b.jpg 039_20190630160208545.jpg

    わずかに陽射しも、そしてトンボも。



    鎌沼西畔のベンチまで戻り休~憩。





    040_20190630160209fd4.jpg

    我が名に「カモ(加茂、鴨など)」と言う字が入って無いから、安心して食べる。



    コーヒー飲んで、もう一杯何か別なのは無いかとザックの非常ポッケをガサゴソガサゴソ・・・・・。

    以前これをやったら、ポッケから何故か松ぼっくりが出てきた。未だに入れてた理由が分からない。



    で、引き続きガサゴソガサゴソ・・・・・ん?何か有った。





    041_20190630160211e22.jpg

    「テレレテッテッテ~♪ 森永のあまざけ~♪」

    丁度うすら寒かったから、なかなかのタイミングで出て来たなーと感心して、「ゴクゴク、ズズー。」

    ごちそーさまでしたー。





    042_20190630160301411.jpg

    もうちょいで前大巓が見えそうだったけど、結局見れず終い。



    体は温まったので帰りますか。





    043_20190630160302acb.jpg 044_20190630160304ef3.jpg

    コケモモ(苔桃)/ミツバオウレン(三葉黄蓮)





    045_20190630160305fef.jpg 046_20190630160307dda.jpg

    チングルマ(稚児車)/ミヤマリンドウ(深山竜胆)





    047_20190630160308d92.jpg

    姥ケ原をウロウロしてから帰る筈が、辺りは重い霧に。

    このままじゃ3日ぐらいウロウロする羽目になりそうだから、素直に下山。





    048_20190630160310724.jpg

    平穏な浄土平と鎌沼にホッとした週末の歩きなのでした。






    行ってみた日 2019.6.29





    この日の行程

    浄土平(散策15分)⇒(50分)⇒姥ケ原分岐⇒(40分)⇒鎌沼北畔⇒(15分)⇒鎌沼西畔(休憩35分)⇒(10分)⇒姥ケ原分岐⇒(30分)⇒浄土平

    以上3時間15分(休憩35分含む)の行程でした。 歩行距離 約6.1km




    鎌沼
    地理院地図(電子国土Web)より



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)鎌沼







    関連記事

    コメント一覧 2

    仕事人  

    早速ですか?

    私のリクエストに応えてもらったような気がするのは、手前味噌でしょうか?
    魔女の瞳の近所まで、お疲れ様でした。
    自分も先日は雨の止みどころを狙って、大黒天から刈田岳まで空身で歩きました。
    たまには歩かないと身体の重さに足が追いつかない状態になりますからね。
    刈田岳の頂上は神官さんが一人でヒマそうにしてる以外は人の気配がなかったです。

    今日は何となく晴れたので午後から休みを頂いて、ニッコウキスゲに会いに雄国沼に行こうと思ったんですが、午後からじゃ無理だって気が付きまして、栗駒山の麓の世界谷地へ行って来ましたよ。ご存知ですか?
    雄国沼のミニサイズのようなところですが、すでに時期を終えたニッコウキスゲを眺めて、一人悦に浸りました。これで明日からの勉強にも身が入る気がします。
    (首都圏に居ると、ニッコウキスゲの最短距離の有名場所は八ヶ岳の先の霧ヶ峰ですが、シーズン中は片道だけで半日は掛かるし、見学コースは大渋滞で大騒ぎです)

    九州の大雨に合われた方々には申し訳ないですが、山が近いところに仮住まいがあるって、今までの人生で最高に幸せ気分です。
    また、楽しい投稿を楽しみしてます。
    が、投稿をするための無理な山歩きはダメですよ。

    2019/07/03 (Wed) 21:15 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: 早速ですか?

    仕事人さん、こんばんはっ!
    残念ながらリクエストにお応えした訳では無いっすー。がっかりさせてすいません。
    私も週に一度くらいは動かないと体が鈍りますし、ブログも書かないと言葉が訛りますし、少しの時間でも山へ行ってしまいます。決して無理はしてないつもりですが、知らずにしてるのかなー?無理を。
    ご心配下さりありがとうございます。

    大黒天からの刈田岳、たしか急勾配の記憶がありますから良いトレーニングだったのでは。
    神社さんでは最近の御朱印ブームの関係上、なかなか御社を空けられないのですかねー?

    栗駒山の世界谷地、自称失言、イヤ湿原&原っぱ好きな私なので、名前(だけ)は存じておりました(かろうじて・・・)。
    キスゲが咲くんですね。たくさん咲くのも素敵ですが、少しだけひっそり咲くのも有難味がありますよね。

    話に水をさして恐縮ですが、浄土平ではキスゲを見つけると駆除するらしいです。
    もともと浄土平に無い植物は外来種扱いなんだそうです。自然を守るって難しいですね。

    キスゲを見過ぎて、試験に黄色信号が灯らないようお気をつけ下さい。

    2019/07/03 (Wed) 23:47 | EDIT | REPLY |   

    コメントフォーム