「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島からの山歩き紹介ブログです。

    姥湯から秋の弥兵衛平へ ~平らかに~



    実は、今年になってまだ「初めての山」へ登っていない。更には「初めての道」さえも歩いていない。「こんな年だから仕方ないか・・・」と言ってしまえばそれまでかも知れんけど、自身が全く成長して無いようでちょっと寂しい気もする。

    年に一度くらいは初めての道を・・・・・。

    と言う訳で姥湯から弥兵衛平への道を歩きに行ってみた。





    国道13号、東栗子トンネルを抜け、山形県境の橋を渡り、左折して板谷の集落へ。

    板谷からはくねくね道をどんどこどんどこ姥湯へ向かう。


    ※板谷から姥湯への道は舗装されてますが、狭くて暗くて私のようなどんくさい運転者は難儀する道です。対向車は勿論、野生動物にも注意して運転しましょう。時速20km以下で、昼間でもライトを点けて走行して頂けると有難いです。

    ※ところどころで工事もしてました。





    001_20201005163624b55.jpg

    姥湯まで500m地点に駐車(標高約1,230m)。





    002_20201005163625053.jpg

    左には兵子新道の登山口。

    結果的にはこの梯子を降りて華々しくゴール・・・・・とはいかず、ヘロヘロになってゴールした。





    003_20201005163627edc.jpg

    重そーな雲の下、準備して出発!





    004_202010051636284fb.jpg

    姥湯へ向かって下りて行く。





    005_2020100516363040a.jpg

    「一旦CM入りまーす」





    006_2020100516363126a.jpg

    吊橋を渡った先、右手に登山口(標高約1,210m)。





    007_20201005163633f25.jpg

    まずは薬師森へ。






    008_20201005163634eeb.jpg

    九十九折りの坂道を行くと木段に。





    009_20201005163636c41.jpg

    景色が開け、兵子やニセ烏帽子山が見えてきて、「薬師森に着いた~♪」と思ったら・・・・・、





    010_20201005163637e3e.jpg

    まだだった・・・。





    011_2020100516371498b.jpg

    気を取り直し登り、峠の標柱へ。

    ここを右に入り薬師森山頂。





    012_202010051637154dc.jpg

    で、薬師森!(標高1,537m)


    ※山頂部は広いので、来た道を見失わないよう気をつけましょう。





    013_20201005163717ad6.jpg

    吾妻主稜線(家形山~烏帽子山)





    014_20201005163718735.jpg

    東大巓とピーク1723峰(手前)





    015_20201005163720c81.jpg

    右に久蔵森。奥のラインが弥兵衛平。


    この谷底まで下りて登り返しですか・・・・・。

    帰りたくなる。





    016_2020100516372184c.jpg

    祠(薬師様?)に挨拶し、本線へ戻る。





    017_202010051637236e3.jpg

    明月荘方面へ下りる。





    018_2020100516372477e.jpg

    下りた先の小沢を渡り、ダケカンバ(岳樺)の森を行く。





    019_20201005163726bd7.jpg

    梯子を合図にもうひと下り。





    020_2020100516372743b.jpg

    滑川温泉の道と合わせ左へ。(姥湯分岐、標高約1,370m)





    021_2020100516375778a.jpg

    分岐から3分ほどで渡渉。





    022_20201005163759c0d.jpg

    道は流出しかけの箇所もあるので気をつけましょう。






    023_20201005163800b75.jpg

    色付き始め~♪





    024_20201005163802a47.jpg

    潜滝(もぐりたき)の下流を渡渉。


    ※潜滝は上部が見える程度です。滝へ近づくには大きな岩(段差)を越えて行かなてはならないようです。

    ※滑り易いので注意しましょう。





    025_20201005163803a5c.jpg

    無事に渡渉して少し登るとこの景色。

    ピーク1723峰。





    026_20201005163805eb1.jpg

    暫く高度が上がらず焦り始めた頃合いに、トラロープの急登。

    直ぐに終わるけど・・・。





    027_202010051638064d6.jpg

    ほんのりと黄色。





    028_20201005163808b9d.jpg

    木段で高度を上げる。





    029_20201005163809743.jpg

    少しづつ賑わう色葉。





    030_20201005163811a5d.jpg

    秋色の中をもうひと登り。





    031_20201005163845621.jpg

    次第に傾斜は緩み木道へ。





    032_20201005163846674.jpg

    金明水(標高約1,770m)でホッと一息。


    明月荘から往復すると20分ぐらいかなー。





    033_20201005163848f9b.jpg

    柔らかな色合い。




    034_20201005163849851.jpg

    振り返ると、久蔵森と同じ高さまで来てた。

    なんか嬉しい。





    035_20201005163851f83.jpg

    吾妻主稜線(家形山~昭元山)





    036_20201005163852717.jpg

    東大巓





    037_202010051638549bd.jpg

    「あっ!明月荘」(弥兵衛平小屋、標高約1,830m)





    038_2020100516385585a.jpg

    ちょいと立ち寄り。

    荷物をデポして散策しょうと思ったけど、小心者なので結局背負ったままで・・・。





    039_20201005163857dd4.jpg

    湿原散策へ。





    040_202010051638586ac.jpg

    青空が欲しかった。


    当初、天気が良ければ弥兵衛平での~んびりして、来た道を戻る予定だった。

    が、ちょっとやそっとじゃ晴れそうにない曇り空で叶わず。

    なもんで縦走路~兵子新道に切り替えた。





    041_2020100516393770e.jpg

    曇りでも、弥兵衛平の広さと美しさは変わらない。





    042_20201005163938b6c.jpg

    西吾妻山~中大巓





    043_20201005163940c7c.jpg

    引きで





    044_20201005163941556.jpg

    東大巓





    045_20201005163943bff.jpg

    広さ体感!





    046_20201005163944aa7.jpg

    明星湖





    047_20201005163946a15.jpg

    「はぁ~」


    しばし見惚れる。





    048_202010051639479fa.jpg

    また、見惚れる。





    049_202010051639499d6.jpg

    気づけば、西吾妻が大きな雲に呑み込まれてく。

    ・・・・・、なんか荒れる予感。





    050_20201005163951745.jpg

    東大巓へ





    051_20201005164035243.jpg

    派手さは無いけど良い彩り。





    052_2020100516403673f.jpg

    控えめな紅葉たち。





    053_2020100516403853e.jpg

    ありがとー!弥兵衛平ー!





    054_20201005164039d1b.jpg

    弥兵衛平分岐

    ここから吾妻縦走路へ(⇐東大巓、⇒西吾妻山)





    055_202010051640410dd.jpg

    東大巓山頂(標高1,982.1m)


    西吾妻山頂に引けを取らない眺め ( ̄▽ ̄;)





    056_20201005164042082.jpg

    でもね、こっちには三角点がある!





    057_20201005164044f5f.jpg

    吾妻の面々と向かい合って休憩に。





    058_20201005164045635.jpg

    中吾妻の峰々

    さっき西吾妻を呑み込んだ雲がこちらにも・・・。





    059_202010051640476cb.jpg

    草紅葉の先に久蔵森の頭(右)


    西風が強く冷たくなり、パラッと雨が交じるも、幸いにして、これ以上天候が崩れることは無かった。





    060_20201005164048167.jpg

    一度、満開の時期に来てみたい。



    休憩を終え、再スタート!





    061_20201005164148ee7.jpg

    昭元山へ





    062_20201005164150685.jpg

    大倉新道分岐の湿原(写真は谷地平方面)





    063_20201005164151fc7.jpg

    刈払いに感謝して歩く。





    064_20201005164153c38.jpg

    もし藪ならば、こんな景色も見られない。





    065_20201005164154dad.jpg

    もし藪ならばこんな景色も気づかない。

    改めて感謝!





    066_20201005164156ef1.jpg

    昭元山までやたら遠く感じる。





    067_2020100516415726c.jpg

    ゴロ石が出てくるとようやく昭元山の登り。





    068_20201005164159138.jpg

    で、昭元山!(標高1,892.9m)





    069_20201005164200ae5.jpg

    次の烏帽子山。

    この高さのまま移動したい・・・。





    070_20201005164202f3e.jpg

    下りると当然、高くなる。

    「あーあ・・・・・。」





    071_20201005164247052.jpg

    大きな岩がゴロゴロしてて結構大変な登り。


    ※岩の隙間に物を落とさないよう注意して下さい。





    072_20201005164249cc3.jpg

    昭元山、右に東大巓。


    この時、一瞬だけ陽射し。本日これっきりの陽射しだった。





    073_20201005164250d92.jpg

    中吾妻山~継森





    074_20201005164251814.jpg

    谷地平





    075_20201005164253360.jpg

    ラインの真ん中辺りが明月荘。右の崖下辺りが金明水。





    076_2020100516425418f.jpg

    東大巓





    077_20201005164256b1f.jpg

    烏帽子山山頂(標高1,879m)を後にする。





    078_202010051642579b8.jpg

    Before(2020.7.24)

    「全く見えなかった道が・・・・・」





    079_20201005164259987.jpg

    After(2020.10.3)

    「なんという事でしょう!」





    080_20201005164300dbc.jpg

    Before(2020.7.24)

    「あんなにうるさかった笹が・・・・・」





    081_202010051643526fe.jpg

    After(2020.10.3)

    「匠の優しさと技が光ります。」


    ・・・・・どっかで聞いたセリフだ。






    082_2020100516435316f.jpg

    次はニセ烏帽子山(右手前)へ





    083_202010051643548a2.jpg

    その次の兵子。


    ホントはここの斜面が色付いてるのを想像して来たけど・・・。





    084_20201005164356ff1.jpg

    まっ、身近がこんだけ色づいてるから満足、満足。






    085_2020100516435733a.jpg

    ニセ烏帽子山山頂(標高1,836m)





    086_20201005164359c13.jpg

    東吾妻山がよく見える山頂です。

    いつもこの誉め言葉しか見つからない・・・。







    087_20201005164400775.jpg

    兵子新道入口

    ※ここの標柱に「姥湯1.5km」の表示がありますが、実際は姥湯まで約3.0km。兵子新道登山口(駐車した場所)まで約2.5kmです。





    088_20201005164402166.jpg

    兵子(標高1,832m)


    石を一個外したら、全部崩れるかも((((;゚Д゚)))))))





    089_20201005164403d8b.jpg

    家形山と一切経山





    090_20201005164405599.jpg

    右に写る薬師森を越え、左隅の弥兵衛平まで歩き、





    091_202010051645001c0.jpg

    弥兵衛平から、写る峰々を越え、ここ兵子までやって来た。

    長かった。

    その割にはたった2枚の写真に納まるのが虚しい・・・。





    092_20201005164501322.jpg

    磐梯山のかくれんぼにちょっとだけ付き合ってから、





    093_20201005164503d99.jpg

    下山開始。





    094_202010051645040dc.jpg

    ここまで来て怪我はしたくないので、いつも以上に慎重に下りる。





    095_20201005164506098.jpg

    人っぽい樹。

    寒そうなので・・・・・。





    096_20201005164507931.jpg

    ダサくて恥ずかしさでポカポカになる、新発想のヒートテック。(非売品)





    097_20201005164509b73.jpg

    大日岳へ少しだけ登り返す。





    098_20201005164510e2d.jpg

    振り返って兵子。





    099_20201005164512e7d.jpg

    大日岳(標高1,621.4m)通過





    100_202010051645139d1.jpg

    大日岳~登山口間は急坂が続く。

    特に疲労時の下りは危険です。油断せず慎重に!





    101_20201005164545a0e.jpg

    個人的にはここが一番苦手。


    「ふうー」、無事通過。





    102_202010051645471e2.jpg

    なんとなーく、今日の行程を見守っていてくれてた感のある高倉山。





    103_20201005164549e2d.jpg

    梯子を降りて終~了。



    久々にクッタクタとなった弥兵衛平への歩きでした。






    行ってみた日 2020.10.3






    この日の行程

    兵子新道登山口⇒(8分)⇒薬師森(姥湯)登山口⇒(52分)⇒薬師森(休憩7分)⇒(32分)⇒姥湯分岐⇒(17分)⇒潜滝標柱⇒(79分)⇒金明水(休憩13分)⇒(13分)⇒明月荘⇒(24分)⇒明星湖(休憩10分)⇒(15分)⇒明月荘分岐⇒(18分)⇒弥兵衛平分岐⇒(8分)⇒東大巓(休憩36分)⇒(12分)⇒大倉新道入口⇒(37分)⇒昭元山(休憩5分)⇒(35分)⇒烏帽子山(休憩4分)⇒(25分)⇒ニセ烏帽子山⇒(19分)⇒兵子(休憩14分)⇒(32分)⇒大日岳⇒(47分)⇒兵子新道登山口

    以上9時間22分(休憩1時間29分含む)の行程でした。 歩行距離 約15.0km




    弥兵衛平
    地理院地図(電子国土Web)より


    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)明月荘




     <感謝録>

    ●弥兵衛平で会った、ソロの男性(この日の第一山人)
     立ち話にお付き合い下さりありがとうございました。 





    関連記事

    コメント一覧 0

    コメントフォーム