「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島からの山歩き紹介ブログです。

    不忘山から屏風岳 ~霧氷の稜線~


    暦の上ではもう冬。

    黙ってこたつで寝ときゃいいのに、無意味な冬への抵抗を今年も。

    南蔵王へ行ってみた。

    どーせ寒いんだから、止めときゃいいのに・・・・・。








    毎度毎度の白石スキー場大駐車場から(標高約835m)

     ※トイレは駐車場から約200mの無料休憩所(登山者カード記入所)に有り



    準備して出発!






    001_20211115103744396.jpg


    毎度毎度のゲレンデ歩き。






    002_20211115103745f77.jpg


    毎度毎度の青麻山。






    003_2021111510374788b.jpg

    毎度毎度の・・・・・、この先、毎度毎度は割愛。






    004_202111151037487af.jpg

    葉が落ちて明るい登山道。






    005_20211115103750822.jpg

    アザレア平より不忘山。






    006_20211115103751470.jpg

    実は・・・調子が悪い。

    「ふぁーあーあ」アクビ連発で怠い、足も重い・・・。






    007_20211115103753c39.jpg

    弘法清水通過






    008_20211115103754705.jpg

    一歩一歩堅実に






    009_20211115103756ce0.jpg

    水溜石は薄っすら氷






    010_2021111510375739e.jpg

    白く光るダケカンバ(岳樺)

    光ってるとこ切ったらお姫様が出るかもねー。



    おっ、調子が戻った。

    あんたの体調バロメーターって・・・、理解不能。






    011_20211115103908c77.jpg

    紅梅白梅・・・じゃなくて、霧氷のナナカマド(七竈)。






    012_20211115103909a4b.jpg

    そちこちから霧氷の散る儚い音が聞こえる。






    013_202111151039103c3.jpg

    歯ブラシとカエル岩



    風が冷たく、ちょいと重ね着、手袋も。






    014_202111151039128f9.jpg

    不忘の碑






    015_20211115103914f51.jpg

    碑に星条旗を思う。






    016_202111151039157be.jpg

    屏風は意外にもまだ青。






    017_20211115103917b6d.jpg

    奥に安達太良(左)、吾妻の山並。






    018_20211115103918ac4.jpg

    もう直ぐ山頂。






    019_202111151039200b1.jpg

    で、不忘山山頂(標高1,705.0m)(^^)v






    020_202111151039212b8.jpg

    飯豊連峰



    置賜盆地には今日も雲海。






    021_20211115104005afb.jpg

    南屏風へ向かってみる。






    022_202111151040065ad.jpg

    足下こんなで緊張。






    023_202111151040086cc.jpg

    寒さを忘れる景色・・・・・いや、寒いよ。






    024_20211115104009973.jpg

    岩に霧氷が付くと、何故、菊の模様に?






    025_20211115104011740.jpg

    とんがり不忘山・・・なんか美味そうに見えた。






    026_2021111510401235e.jpg

    ロープも凍る。






    027_2021111510401458a.jpg

    何度も振り返るから、進まねー。






    028_20211115104015a3b.jpg

    前に集中!






    029_20211115104017a11.jpg

    南屏風の山頂が見えてきた。






    030_202111151040192dd.jpg

    びっしり!






    031_20211115104102d25.jpg

    歩いて来た稜線







    032_20211115104103dc3.jpg

    南屏風岳(標高1,810m)






    033_20211115104105884.jpg

    朝日連峰



    先週の長井葉山はどれだろ?






    034_20211115104106cab.jpg

    月山






    035_20211115104108b58.jpg

    熊野岳&刈田岳






    036_202111151041095d2.jpg

    屏風岳(北屏風)へ






    037_20211115104111888.jpg

    月山






    038_202111151041129c5.jpg

    枯れてもなお立ち続ける。






    039_202111151041140f3.jpg

    屏風感ゼロ・・・

    でも、個人的にはこれが好き。






    040_202111151041157b6.jpg

    大朝日岳






    041_202111151041568a4.jpg

    水引入道入口

    まずは真っ直ぐ屏風岳へ。






    042_202111151041573ef.jpg

    樹氷っぽい






    043_202111151041592d1.jpg

    稜線の東側は青。






    044_20211115104200766.jpg

    屏風岳山頂(最高点は1,825m、三角点は1,816.8m)(^^)v



    休~憩~






    045_20211115104202ad8.jpg

    奥に船形連峰、真っ白な栗駒山も確認。






    046_20211115104204099.jpg

    食うもん食って温まったんで帰りますか。





    047_20211115104205468.jpg

    下山は水引入道経由で。






    048_20211115104206cd1.jpg

    モンスター感






    049_2021111510420853d.jpg

    南屏風岳






    050_20211115104209306.jpg

    分岐から水引入道へ






    051_202111151043123d2.jpg

    不忘山






    052_20211115104313c7d.jpg

    タダでさえ急な下りが、この日はぬかるんで非常に悪い状態でした。

    何度もスリップし、ザックのお尻が泥だらけ~。






    053_202111151043151e5.jpg

    水引平からギロッ!

    泥の付いた靴を見て、急坂を睨みつけときました。






    054_20211115104316e87.jpg

    池が凍ってるなら、道も凍ってて欲しかったよ。






    055_2021111510431818c.jpg

    水引入道へ登り返す。






    056_20211115104319261.jpg

    後烏帽子岳

    先日はお世話になりました。






    057_202111151043215ce.jpg

    屏風岳






    058_202111151043239e6.jpg

    水引入道山頂(標高1,656m)






    059_202111151043245db.jpg

    強めの冷たい風に即下山。






    060_20211115104923411.jpg

    ゴジラ岩






    061_20211115105001e53.jpg

    大日向分岐をジャンボリーコースへ






    062_20211115105002857.jpg

    長い長~いジャンボリーコース、・・・飽きるかも。



    実は、屏風岳から登山1年目の方と御一緒させてもらい、ずーっと会話しながらの歩きでした。

    お陰様で、飽きることも無く、疲れも軽減され、とても心地良い歩きとなりました。

    ただ、登山1年目の方に引っ張ってもらったこのおっさんは、我ながら情けない。

    あまりにもしっかりとした足取りの方だったので・・・(言い訳)






    063_202111151050043dd.jpg

    脱出!



    ここから更にお二方を加え、賑やかに戻る。






    064_202111151050057e0.jpg

    神嶺林道をスキー場へ



    4人共、同じコースを歩き、同じ景色を眺め、同じ苦労をして降りて来た。

    一体感のようなものが生まれてたのか、和やかな雰囲気で楽しい時が流れた。






    065_20211115105007dba.jpg

    楽しい時間はあっという間。

    互いに礼を言い合って別れ、下山完了となった。




    稜線で味わった厳しい寒さも冷たい風も、人の温かみを知るための修行だったのか、と思えた南蔵王の歩きだった。






    行ってみた日 2021.11.14





    この日の行程

    白石スキー場⇒(27分)⇒白女高山小屋跡⇒(63分)⇒弘法清水⇒(50分)⇒不忘の碑(休憩5分)⇒(13分)⇒不忘山(休憩15分)⇒(36分)⇒南屏風岳(休憩6分)⇒(35分)⇒屏風岳(休憩26分)⇒(57分)⇒水引入道⇒(84分)⇒ジャンボリーコース入口(休憩15分)⇒(24分)⇒白石スキー場

    以上7時間36分(休憩1時間7分含む)の行程でした。 歩行距離 約13.9km



    南蔵王
    地理院地図(電子国土Web)より



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)屏風岳





    <感謝録>

    ●要所要所でお会いして、屏風山頂から行動をともにして頂いた宮城県内の方
     素晴らしい景色を共有出来て光栄です。泥んこの下りも共有しましたけどねー。退屈なジャンボリーコースも楽しい話のお陰であっと言う間。ホント引っ張って頂いて感謝です。ありがとうございました。

    ●神嶺林道を御一緒して頂いた宮城県内のお二方
     一人であれば退屈な林道歩きが、前記の方と計4人での賑やかな歩きで良い思い出となりました。ありがとうございました。
     




    関連記事

    コメント一覧 2

    修  

    暖房効いた部屋で・・・

    この寒いのに&山は厳冬なのに凄いですねぇ。
    不忘山、、こう何度もだと、まさか白石女子校山小屋に思い出でもあるんですかねぇ?
    不忘山頂より南屏風山頂のほうが風強いんでしょうか?、この海老の尻尾。
    私事ですが23歳の11月1日に月山で雪と風とガスで危うく死にそうになったことを思い出しましたぁ。
    あれ以来私の山歩は11月1日以降禁止なので、追い風さんの寒い山歩と温かい洒落を暖房ヌクヌク部屋で楽しんでます。
    13.9Km7時間36分とは仙人です。

    2021/11/16 (Tue) 17:03 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: 暖房効いた部屋で・・・

    こんばんはー、毎度毎度不忘山ばかりでスイマセン。
    特に思い入れが有る様な無い様な・・・。
    白石女子校山小屋には特に何も無いです。きっぱり。
    あそこで熊に遭ったことはありますが、白石女子高卒だったのかなー。
    今度会ったら聞いてみますー。
    西風の強さは不忘も南屏風も同じだと思うんですが、不忘の方が陽当たり良好で南風や東風の影響もあるんですかねー。

    23歳・・・、もしかしてそれはホワイトアウトってやつですか?私はまだ体験したことが無いので怖さを知りません。
    ただ、その状況は起こりうる季節なのは間違いないので、このお話を忘れずに歩きたいと思います。

    あっ、修さん文章間違えてますよ。
    「寒い山歩と温かい洒落」じゃなくて、「緩い山歩と寒~い洒落」じゃないですか?

    ますます寒くなりますが、無理せず身の丈にあった歩きを心掛けるつもりです。
    これからもヌクヌクのお部屋からご指摘、ご指導頂けたら嬉しいです。
    どうか風邪等ひきませぬように。
    ありがとうございました。

    2021/11/16 (Tue) 18:35 | EDIT | REPLY |   

    コメントフォーム