「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島からの山歩き紹介ブログです。

    蔵王古道 ~大鳥居⇔すみかわスノーパーク~




    11月は歩くのにいい季節だなーと個人的には思っているが、前回の歩きから休みと天気のそりが合わずにはや3週間。

    ・・・んー、なかなか思い通り、計画通りにはいかないもんだ。

    こういうのも『自然』との駆け引きと思って楽しめるぐらいの器を身につけなくては・・・。

    次の休みにデカいどんぶりでも買ってくるか・・・・・、その器じゃねーよ。






    5年前の今頃、蔵王古道を刈田岳、熊野岳に歩いたっけ。

    再び行ってみた。



    遠刈田温泉から大鳥居を抜けエコーラインをすみかわスノーパーク入口へ。

    ここから先のエコーラインはもう冬季閉鎖となっていた。

    思いの外、雪が多く、それに反して暖かい。

    こりゃ足元ぐちゃぐちゃになるかもなーと思ってしまったから、ここからの歩きはキャンセル。

    蔵王古道のどこか途中区間だけでも歩けりゃいいやと考えながらエコーラインを下る。

    ここから歩くか?、もうちょい下か?、なんてしてたら、・・・大鳥居。






    001_20231124163221c6c.jpg


    もう考える余地無し。

    かたわらの広場に駐車して準備して大鳥居(標高約380m)を出発!






    002_202311241632228f8.jpg

    車道(エコーライン)を約500m歩き、左手にこの看板を見つけ山道へ。


     ※蔵王古道と車道がクロスする箇所にはこの看板有り。






    003_20231124163223f6d.jpg

    横断箇所も多いので注意しましょう。






    004_20231124163225561.jpg

    しっかりした道。






    005_202311241632271cc.jpg

    車道を歩く区間もあるので注意しましょう。






    006_202311241632286a4.jpg

    萩平付近






    007_20231124163229198.jpg

    もみじ~♪






    008_20231124163232011.jpg

    官林境付近






    009_20231124163232ca1.jpg

    青根温泉分岐跡


    昔の人がここからどうやって谷を下り青根温泉へ向かったのか想像できない。






    010_202311241632340dd.jpg

    片側が切れ落ちてる区間。






    011_20231124163235d56.jpg

    案内か?落書きか?






    012_20231124163237d5d.jpg

    今回歩いた中で一番の険しさ、『弘法坂』。






    013_20231124163239847.jpg

    熊野岳!


    滝見台付近






    014_20231124163241f5b.jpg

    前烏帽子岳&後烏帽子岳






    015_20231124163241608.jpg

    涙石付近





    016_2023112416324362c.jpg

    不動尊(不動滝展望台)の駐車場に出る。






    017_202311241632451e6.jpg

    不動滝






    018_20231124163246540.jpg

    落差54mとのこと。






    019_202311241632470be.jpg

    ボスキャラ


    こいつをやっつけると・・・・・、






    020_2023112416324948e.jpg

    階段があらわれた!






    021_20231124163437bec.jpg

    やがて峩々分岐(標高880m)。






    022_20231124163438b0c.jpg

    ゴツゴツしてくる。






    023_2023112416343925c.jpg

    後烏帽子岳と雲湧谷








    024_20231124163440a80.jpg

    雲湧谷(澄川)






    025_20231124163442f0f.jpg

    木々が細く低くなる。






    026_2023112416344344c.jpg

    登りは左、下りは迂回路で歩く。






    027_20231124163445fd8.jpg

    落葉の下が深く歩きにくさを感じ、迂回路に納得。






    028_202311241634478ee.jpg

    一天明月碑(昭和6年の慰霊碑)






    029_20231124163448f45.jpg

    次に車道を横断した辺りから雪道に。






    030_202311241634499ea.jpg

    熊の足跡






    031_202311241634518af.jpg

    立派なアイゼンをお持ちのようで・・・。






    032_2023112416345277d.jpg

    ここから先は5年前に歩いているので左へ。






    033_20231124163454221.jpg

    今回の終点(標高1,100m)。

    折り返す。






    034_202311241634550fb.jpg

    雁戸山






    035_20231124163457f0e.jpg

    古道らしい歌でも口ずさみながら戻りますか。






    036_20231124163458d40.jpg

    ♪~ぎんのりゅうのせにーのーってー・・・・・






    037_20231124163500568.jpg

    それ『古道』じゃなくて『コトー』な・・・。






    038_2023112416350269d.jpg

    一度でいいから、こいつに猿が座ってるのを見てみたい。






    039_202311241635035cd.jpg

    冬から、






    040_20231124163504320.jpg

    秋へ。






    041_202311241636046ca.jpg

    萩平付近






    042_20231124163605fca.jpg

    見事な彩りに足が止まる。






    043_20231124163607ffe.jpg

    倒木に腰を下ろす。






    044_20231124163608b03.jpg

    季節外れの南風。

    ミチバチが寄ってくるも動きは鈍い。

    どこか様子がおかしい・・・。

    見回したら近くにあった。






    045_20231124163610d0a.jpg

    破壊されたミツバチの巣。

    立木の根元にあったらしいが、木は倒され根こそぎ壊されている。

    ・・・熊の仕業か。

    この時期に家を失ったミツバチは冬を越せないだろう。






    046_20231124163612df7.jpg






    047_202311241636135fd.jpg






    048_20231124163614c06.jpg






    049_2023112416361646b.jpg






    050_20231124163617b9d.jpg

    ・・・夢から覚める。






    051_20231124163619b56.jpg

    上から来ると、ここの入口が分かりづらいかも。






    052_2023112416362009d.jpg

    がさごそ歩き、






    053_20231124163622021.jpg

    すたすた歩き、






    054_20231124163623b3d.jpg

    橋を渡って無事終了。



    いつもは車で上り下りするエコーラインも、古道を歩くといろんな発見があって「へー」とか「なるほどー」とか思えるのと同時に、今まで見逃してた勿体無ささえ感じた。

    自分の足で登ると、蔵王の景色もきっと違って見えますよ。






    行ってみた日 2023.11.23





    蔵王古道の詳細は下記のサイトへ

    宮城県側:蔵王古道の会 https://zaokodo.com/

    山形県側:東沢古道保存会 https://zaokodo.jp/zao/





    この日の行程

    大鳥居⇒(43分)⇒萩平⇒(22分)⇒青根分岐⇒(35分)⇒不動尊(不動滝展望台:休憩8分)⇒(11分)⇒峩々分岐⇒(13分)⇒雲湧谷⇒(34分)⇒すみかわスノーパーク入口⇒(21分)⇒雲湧谷⇒(10分)⇒峩々分岐⇒(11分)⇒不動尊⇒(30分)⇒青根分岐⇒(20分)⇒萩平(休憩20分)⇒(33分)⇒大鳥居

    以上5時間11分(休憩28分含む)の行程でした。 歩行距離 約13.8km



    蔵王古道
    地理院地図(電子国土Web)より



    国土地理院のサイト⇒地理院地図(電子国土Web)標準地図(25000)すみかわスノーパーク入口




    関連記事

    コメント一覧 4

    HITOIKI  

    蔵王温泉から遠刈田温泉

    蔵王温泉までバスで行って、刈田峠避難小屋に一泊して、遠刈田温泉に下る山旅に行きたいと思っていて、刈田からのルートをどうしようかと迷っていたので参考になりました。蔵王古道を歩くと言い訳ですえ。それなら、山形側の蔵王古道も歩いてみたい。それだと、サンゴローに泊まる2泊が良さそうです。来シーズンが楽しみです。

    2023/11/28 (Tue) 21:51 | EDIT | REPLY |   

    暇人  

    お疲れ様です。

    久しぶりなので、まとめてコメント(偉そうに)させてもらいます。
    まず、二回目の名号峰のルートは良いですね。
    確か、NHKデビューした時の放送では同じルートだと思いましたよ。
    良いな!!!
    蔵王古道も紅葉が素晴らしいですね。
    追い風さんのカメラテクニックも日差しの陰影も上手なんですよね。
    今年は紅葉に行かれなかったので、以前を思い出し懐かしく思います。
    雲湧谷って知らなかったですけど、すみかわスノーパークにくもわくテラスとかありましたけど、雲湧谷からの名称だったんですね。
    冬季はこのスキー場からエコーラインが閉鎖されるので、ここのゲート脇から登ったことは数回ありますが、遥か下の鳥居からの登りも魅力的ですね。
    雪の状態次第ですが、近々に挑戦したいです。
    もっと早くこのルートを紹介してもらったら、もっと嬉しかったです!
    前回のコメントで水難の相と言われましたが、実は宮城県では下水道課にずっと在籍してました。新設下水道の検査や震災で歪んだ下水道の点検・改修等々に従事してましたから水からは逃げられないのかもしれないですね。

    先日、スタッドレスタイヤに交換し今度の土曜は仙台まで行きます。
    仙台の山の店に注文したテントを受け取りに行きながら、雪山見物ドライブの予定です。
    何故、仙台の店なのか。
    実は個人的に信頼出来る店員さんに長年お世話になり、東北の山々の知識をご教授されたので親しくなったからなんです。
    今年5月には、その店員さんが横浜の店舗に研修で来た時も鎌倉アルプスを一緒に歩いたり、晩飯を食べに行ったりのお付き合いをしてます。
    テントは担いで登ると言うより、麓で前夜テン泊して翌日登るつもりです。
    何しろ、こちらは休日の高速が常に大渋滞ですから前日ユックリ出かけて山を楽しみたいとの思惑です。

    追伸
    その店員さんの紹介ですが、蔵王町遠刈田の喫茶店の御主人は蔵王の樹氷に詳しく、雪の蔵王で偶然お会いして勉強させてもらいました。
    後日、喫茶店にお邪魔して美味しいコーヒーを頂きましたが数年前に蔵王町町会議員に当選されたそうです。
    持つべきものは山の仲間ですね。
    そんな訳で、これから暖冬予想とは言え雪深くなりますので追い風さんも注意して山歩きを楽しんで下さい。
    またの報告を首を長くして待っております。

    2023/11/29 (Wed) 11:21 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: 蔵王温泉から遠刈田温泉

    HITOIKIさん、こんばんは。
    急遽予定変更の行き当たりばったりの歩きで失礼いたしました。
    今思えば、遠刈田温泉の刈田嶺神社里宮を参拝し、そこから歩き始めれば良かったなと後悔してます。
    道はよく整備されており、とても歩きやすい道でした。

    ちょっとだけ補足を。
    今回のルートに水場無し。峩々分岐と不動尊Pにトイレ(冬季閉鎖)有り。トイレに蛇口は有りますが飲料不可だったと思います。
    それから、冷泉堂跡と萩平にスズメバチ注意!の看板有り。
    観光的にはシーズンオフなので車やバイクの音は気になりませんでしたが、夏は少々賑やかかも知れません。

    バスや小屋泊を取り入れると色んなプランが可能で、考えるだけでも楽しそうですね。
    私は冬場、暇になるのでいろいろ考えて楽しもうと思います。
    そして山形県側の古道、いつかは歩いてみたいです。
    HITOIKIさんが歩いてからになりそうですが・・・。
    ありがとうございました。

    2023/11/29 (Wed) 17:18 | EDIT | REPLY |   

    追い風  

    Re: お疲れ様です。

    暇人さん、お久しぶりです、こんばんは。
    こちらいつもですが、文章能力がゼロに近いので散文的な箇条書きをお許しください。

    今回もNHKさんには会えませんでした、残念!

    カメラテクニックなんてありませんよー。自然の景色や色付きが凄いだけですよー。

    くもわくテラスってあるんですか?調べたら雲湧谷から目と鼻の先にあるんですね、勉強になりました。今度誰かに自慢します。

    この日もスキー場から刈田岳、熊野岳を目指す方が多くいらっしゃいました。
    私が歩いた区間ではどなたともお会いしませんでしたが・・・。

    東北復興に下水道工事でご尽力感謝申し上げます。
    お陰様で我家のトイレも詰まることなく毎日スイスイ流れております。

    山屋の店員さんにしても、喫茶店のマスターにしても、暇人さんの周りには素敵な方が多いですねー。きっと暇人さんの人徳ですねー。羨ましいです。私によって来るのは熊や蜂ばかりで・・・。昔、北海道旅行に行った際には、馬の後ろに鹿が出てきました。それって「馬鹿」ってことですか・・・。動物にも見放されています。
    そんな私でも、こうして暇人さんとお話しできるのはとてもありがたいことです。
    次回の地元の選挙に出馬してみようかなー・・・・・、ないない。

    東北は寒くなりましたので暖かい格好でお出で下さい。
    ありがとうございました。

    2023/11/29 (Wed) 17:51 | EDIT | REPLY |   

    コメントフォーム