「行ってみたい‼」と思わせ隊

    福島の観光案内で始めたつもりが・・・、現在は山歩きのブログです。

    北海道<2011夏-43> ~霧多布岬(1)~



     右手に霧多布(きりたっぷ)湿原、左手に砂浜を見ながら進む。この砂浜、なぎさのドライブウェーと呼ばれていて、砂浜の上を車で走れるそうです。能登半島の千里浜が有名ですが、北海道にもありました。しかしながら走行してる車輌も無く、これといった看板らしいものも見かけなかったので、今回は挑戦しませんでした。

     しばらくすると左手に橋が見えてきます。左折してその橋を渡ると浜中町(霧多布)の中心街です。ここって島なんですね。昔は陸続き(砂洲)だったそうですが、津波で海が繋がり、陸続きではなくなったようです。その中心街を通り抜けると、道は高台に出て開けます。まずは霧多布岬展望台のほうへ行ってみた。


     広い駐車場があり、売店、トイレがあります。ちょっと歩いた先には展望台があります。




    北海道 031

     草花が咲く草原の中を歩いて行きます。思わず鼻歌を歌いたくなるような景色が広がっています。


     展望台からの眺めも良いですが、その先にある霧多布岬の看板のところの方がもっと良いと思います。ただし、断崖の上なのでちょっと怖いです。




    北海道 039

     岬は霧多布の地名の通り、霧に包まれて幻想的です。真ん中にチョンと出た突起が灯台です。




    北海道 048

     反対側に目を移すと霧は無く、青い空と青い海が広がっています。こちら側には海に下るように遊歩道が続いています。歩いていくと、眼下に奇岩を見ることが出来ます。一周約10分でした。




    北海道 056

     戻ってくると、霧多布岬は霧が晴れて見通せるようになっていたので、急いでそちらに向かいました。


     ~つづく~



    詳しくはこちらへ⇒浜中町観光協会


    北海道の道の情報は北の道ナビ






    大きな地図で見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    Comments 0

    Leave a reply